2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« ラリー・レビュー2日目 | トップページ | ラリークロス・レースレビュー »

クラッチ練習

今日は予定を変更して、ちょっと変わった走行レポートです。

今回はクラッチの練習風景などなど^^
コースはスコットランドのノッホ・ラノッホという綺麗な景色の場所をもとにした
オリジナルコースで、車はAC289を使用、単独走行です。

ドライバー視点動画(21.5MB)

まずはエンジンをかけてスタート。
一気に加速させるのなら簡単なのですが、
ゆっくりと加速させるのはとてもシビア。
このビデオではクラッチをDS2の左スティックに設定させてるので、
アナログ操作をしてますが、実車同様の半クラッチの操作が必要なのです。

感覚としては、2~3000回転くらいに持っていって、
徐々にクラッチを離していく、そうすると車が少し動きたがるような感じに
(ちょっと後ろが下がり前が上がるような・・・そんな感じ)、
そこからさらに、回転数が下がりすぎないように注意しながら、
クラッチをほんの少しだけ離すと進んでいくのですが、
スティックを足で操作しようとしてるのだから難しい!
クラッチの操作している様子が画面に表示されないのが残念^^

何度もエンストしてましたが、3分28秒あたりでようやくスタート^^;
40km/h前後で走行を始めました~
中盤は長いストレートなので一気に140km/hくらいまで加速、
橋の出口付近で一旦停止、しようと思ったらエンストしてしまいました(汗)
再びエンジンをかけ、今度はフルスロットルでの加速、
さすがコブラ、加速時に蛇行してしまう!
でもカーブを曲がった直後にまたエンストしたし^^;
その後は速度を出してみました。
シケイン風のコーナーからはマシンを左右に振ってみたり♪
最後は速度を落として1周を走りきりました~

こうやってのんびりと走ってみるのも気持ち良いですね~
クラッチ操作を足で行うと、さらに実際の車を操作した感じになります☆
でもレースでは難しくて使用していません^^;
十分実車のスタート練習(クラッチ練習)に利用できますよ^^
国内でも3ペダルのステアリングコントローラが発売されて欲しいですね。
G25? でもそのお金があればWiiかPS3買ってるかも^^;

明日はラリークロスのレースを載せますね~

« ラリー・レビュー2日目 | トップページ | ラリークロス・レースレビュー »

[game]Toca Race Driver2」カテゴリの記事

コメント

夜遅く、突然のカキコミで申し訳ございません。
れっどです。こんばんは。

誠に勝手ながら、この度ブログを移転するコトにしました。
申し訳ございません。

詳しくは、

http://red-ray5.jugem.jp/

をご覧ください。

ちなみに、上記URLが移転先です。

移転先でもリンクを貼らせていただいてよろしいでしょうか?
お返事よろしくお願いいたします。

楽天ブログでお返事くださる場合、
既に記事にはコメントできないよう設定いたしましたので、
メールフォームからお返事いただけるとありがたいです。

リンクOKですよ^^ 修正しておきました~

足でキノコ操作ですかぁ~(^^:)それはなかなかテクニッいりますよ~

俺には、そんな芸当無理なんで手製のクラッチ作ってます(^^:)

難しいですよ~^^;
コントローラが固定されてないから、動かないように注意しないといけないし、
ほんの1ミリ、2ミリの操作を誤れば一瞬でエンストですからね^^;
DS2スティックに設定して手で操作すると今度はシフトダウンかアップが出来なくなるし・・・

自作コクピットのHPを参考にして、良い方法を考えようかな~^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ラリー・レビュー2日目 | トップページ | ラリークロス・レースレビュー »