2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« GTHD | トップページ | スーパーラップ・シリーズ第2戦予選 »

GTFC選手権、第2戦、第3戦

1日からGTFC選手権第2戦と第3戦がスタートしました。
第1戦も参加可能、1戦が40分程度で出来るようにしてあるので、
是非参加してくださいねm(_ _)m

今回の競技の解説をしたいと思います。

第2戦はFSW(富士スピードウェイ2005F)を使用してのタイムアタック!
タイムを競う点では普通のタイムアタックと同じですが、
1つだけ変わった条件があるんです。
それは、「全ての縁石を通過しなければならない」という条件。
斜めでも真っ直ぐでもOKですが、とにかくコース上の縁石全てを横切る。
(当然コースオフもショートカットも自由、接触も自由)

このたった1つの条件が加わっただけで、通常のレコードラインを走る事は出来ない。
しかもわざとコースオフをしないといけない(車が完全に通過しなければならないから)。

それでも条件に対応するラインを見つければ、ただのタイムアタックになりかねませんね。
そこで、特別ポイントに関わる条件もいくつかあるのですが、
たとえば縁石を通過する順序がかなり変わっていると20ポイント。
これは最速を目指した順序では当然ノーポイント扱い。
どうすればポイントが入るかは、私の独断と偏見になります(苦笑)

他にもバックで通過したり、わざわざゆっくり(10km/h)で通過したりすると
10ポイント以上のポイント等々、どれだけ変わった走行が出来たかで
大きくポイントが変わります。

第3戦は周回数アタック。
ビギナーコースをシングルレースの制限時間10分で何周走れるか。
特に制限もなく、どんな走行方法でも自由、コースオフも接触もショートカットもOK!
車種も全てがOKなのでフォーミュラGTでも、フィアット500でもOK。
走行方法に制限がないのでBスペックでもOKなのです。
ただし、ここでも特別ポイントが大きく惑わします。

フォーミュラGTで走れば1分間に3周、10分で30周は走れると思いますが、
なんと特別ポイントに30ポイント手に入る条件が2つもあります。
それは「10周以上ランオフエリアのみを走り続けること」、
「1度もアスファルトに出ないで10周以上走行、その間敵車に接触しないこと」
とくに後者を行えば間違いなく周回数を犠牲にしなければなりません(逆走はカウントされない)。
ただし成功すれば30ポイント入るので大きいですよね?
記録を優先にするか、特別ポイントを優先するか・・・

GTFC選手権はポイントを競う大会。
両方見て貰えれば分かりますが、ただ良い記録を出せば勝てるわけではなく、
記録を犠牲にしても変わった事をした方がポイントが手に入る大会。
なぜこうしたかは、ただ記録に挑戦するだけではなく、
変わった事を挑戦して楽しんでもらおうというのがコンセプトがあるからです。

気楽に、肩の力を抜いて、失敗してもいいから人とは違った走りをして
楽しんで貰えればと思います。

« GTHD | トップページ | スーパーラップ・シリーズ第2戦予選 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« GTHD | トップページ | スーパーラップ・シリーズ第2戦予選 »