2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« GTFC選手権、第2戦、第3戦 | トップページ | スーパーラップ第2戦予選結果発表 »

スーパーラップ・シリーズ第2戦予選

第2戦の予選は今日を含めてあと1日となりました。
ここまでの記録を改めてみてみようと思います。
順位と記録は今日の23時時点でのものです。

P1、green-riff(IB) MR-S 2:03.877
現時点では(ハンディが効いているようで)私がトップにいます(苦笑)
大きなミスもなく自分ではほぼ完璧のアタックだと思っています。
大きく失敗したのがヘアピンでした。
区間ベストはセクター2のみですが、
他の区間でもトップとコンマ1秒と違わないタイムを出しています。
すでに制限時間をフルに使って予選を終了しています。

P2、yothuoさん(IA) インプレッサ 2:04.173
実はこの車がBスペックでの比較でトップだったのですが、
4WDであることと全高が高い車なので、未知数でした。
リプレイを見ると、実はyothuoさんだけ最終コーナーを通常ラインで走行していました。
これは最短距離ではないのでコンマ1秒か、それ以上ロスしてしまうと思うのですが、
セクター2まで私の記録を上回っている事からして、
最短ラインを走れば4秒切って来るんじゃないかと思います。

P3、FlameRotaryさん(S) RX7 2:04.581
名前の通りのRE雨宮 RX7を使用しての挑戦。
リプレイを見るとどこでタイムを落としているのか、私には分かりませんでしたが、
パワー5%ダウン、ウェイト10%アップのハンディが重く響いているのかもしれません。
ヘアピンでクリップにつけていませんでしたが、
それだけでコンマ2秒も3秒も落ちているとは思えないですし。
ただ、ロガーで私の走りと比べると、いくつかのコーナーで私よりもブレーキが早い分、
少しずつタイムが落ちているのかもしれません。

P4、A-speさん(IA) セリカ 2:04.674
他の人の区間タイムを比較すると、セクター2,3は大して差がなかったのですが、
セクター1でコンマ6秒以上の遅れが出ていました。
1コーナーからS字を通過するまでで、少し慎重になっている感も。
セクター1を大幅にタイムアップできれば、決勝で上位に入る可能性もありそうです。

P5、syanaさん(S) セリカ 2:04.701
リプレイを見ていたらこのタイムは信じられなかったのですが、
区間タイムで比較するとセクター2,3は上位タイム、
セクター1がコンマ8秒近くの遅れが出ていました。
ラインはとても綺麗に見えたので、ブレーキタイミングや
ギアあたりでロスしているのかもしれませんね。
Sライセンスなのでハンディがセクター1で響いているのかもしれません。

ちなみに、昨日今日と鈴鹿ではスーパーGTのテストデイだったようですが、
その時のGT300クラスのトップタイムはカーナンバー13の2:04.067。
このタイムアタック大会と僅差というのもおもしろい結果ですね。

ところで今回のルールでは白線でコースオフの判断をする事になっていますが、
コースのイン側へ車のアウト側がダートに入り、
車のイン側は縁石を通るようなラインが出来なくなっています。
中にはそういった走行を普段している人も多いかもしれませんが、
私は以前からも書いているようにリアル感を求める傾向にあります
実際には縁石に乗ってもそれを超えるような走りはまず無いですよね?
鈴鹿でもそうですが、特にゲームと実際との走るラインが違うコースがサルト。
ネットで実際のルマンの走行をオンボードカメラでの映像で見ましたが、
縁石に乗るか乗らないかのラインでした。
でもこのゲームでは、GT4オンラインでローブが参戦したタイムアタックで、
ローブが見せた走りは、縁石を超えたアスファルト部分までを使用したライン。
現実ではまずしないラインを、ゲームでするのはあまり好きではないんです。
(とはいっても、TA大会では禁止されない限りそういう走りをしないと勝てませんが)
だから私が開催している大会で、タイムを競う場合は現実的ではあっても、
ゲームでの走行としてはやりづらく感じる人も多いと思いますが、ご了承ください。

« GTFC選手権、第2戦、第3戦 | トップページ | スーパーラップ第2戦予選結果発表 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

何となく見ていたら鈴鹿TAじゃないですか!!本場鈴鹿乗りが参戦しないでどうするんですか(爆)ッて言いつつ、今日が予選締め切り(汗)
無謀な最終日10分アタックに挑みましょうか?!ヒーローはいつも土壇場でやってくる的な?(^^:)

コースオフの判定は、白線よりアウト側のタイヤがコース側にいれば良いんですかね?まぁ、現実の鈴鹿を知るものとしては、縁石跨ぐのは数箇所だけですが(汗)

まぁ、予選不参加でも決勝走行は出来るんですけどね^^;
予選=フリー走行、決勝=スーパーラップ
というかんじなので。

コースオフ判定はそれでOKです。
一応大会HPのURLを載せておきますね。
ROUND 2 がルールで、仕様車種や設定方法が、
QF では現在の途中経過、リプレイダウンロードが出来ます。

是非是非チャレンジしてみてください。
(正しいライン?も見てみたいし☆)

一応走っては見ましたが、シルビアで2`11`033が限界でした(^^:)メモリーの容量が足りなくてリプレーを保存できなかったので、リプレーはアップ出来ませんでした。自己確認したところシケインがキワキワだったので、参考記録としてお伝えしておきます。
冷静に考えるとGTFPで真剣に走るの初めてです(汗)

もしかしてTOCAのような感覚で走ったとか・・・
ハンディ無し状態のBスペックで12秒台が出るので。
やはりGT4では思い切って攻めないとタイムが出ませんからね(苦笑)

ただ、シルビアは最も性能が低い車ですから、
たぶん圧倒的に不利な設定だった気がしてきました(汗)

どうもです。
全開区間の多いセクター2でどうしても他車に遅れをとってしまいます。もともとスプーンカーブもそれほど得意ではないですけどね。

それにしても、なかなかいい勝負ができて面白い大会です。
リアルの面で見れば白線内走行は当然ですよね・・。
片輪ダートに入れたりするのは、できるだけ速いラインをとりたいっていうのもありますけど、ドライビングの誤差を修正しやすかったり、誤差の許容範囲が広くなったりすることもあるのでするんです。
でも、こういう大会が嫌いと言っている訳じゃないですよ。むしろこういう大会こそ本来だと思います。
リアルを忘れがちな自分にとっては、こういうのもまた大切だと思って走行しています。

接近した争いになるのは良い事ですよね。
速い人にとっては勝てる確率が減る分、辛い部分もあるかもしれませんが、
遅い人は最初から勝てないと諦めて投げやりになる事にならずに、
ハンディはあっても良い勝負になれば楽しめると思うのです。

ラインに関しては・・・私の性格上のものですね(苦笑)
そういえば以前開催したスペシャルGTでもリアル追求で
実際のスーパーGT並のルールになってしまいましたし(汗)
でもツーリストトロフィーはそれくらいコースオフは厳格に失格になるんですけどね。
(GTTAでの判定問題があっての変更点でしょうね)
決勝も白線での判断で行いますが、コースオフ=失格にはしないつもりです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« GTFC選手権、第2戦、第3戦 | トップページ | スーパーラップ第2戦予選結果発表 »