2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« スーパーラップ・シリーズ第3戦予選 | トップページ | rFactor »

スーパーラップ第3戦決勝の走行方法

スーパーラップシリーズ第3戦の予選1日目は私だけが走行しました。
予選は4月8日までなので、良かったら参加してくださいね。
今日は決勝について説明をしようと思います。

この大会の決勝では1周だけしかアタックできないルールですが、
第3戦に限りNASCARの予選ルールを用いるつもりです。
つまりアタックは2周、アウトラップとインラップを含めて4周走ります。

まず走行を始めるとバックストレートから始まりますが、
最初の周はピットレーンを通過します。
ピットレーンを通過したらアウトラップに入り
次のコントロールラインでグリーンフラッグ、
1周目のアタックを行います。
そして次のコントロールラインでホワイトフラッグが振られて、
2周目のアタックを行い、再びコントロールラインが戻ってくるとチェッカーが振られます。
チェッカー後はピットに戻ってコースから出ます(EXIT)。

1周目:アウトラップ
2周目:グリーンフラッグ(アタック1)
3周目:ホワイトフラッグ(アタック2)
4周目:チェッカーフラッグ(インラップ)

という感じですね。
わかりやすく動画も用意してみました。

リプレイ動画(13.6MB)

ここではフォーミュラGTで走行していますが、私も大会参加者でもあるので、
走行の練習にならないように本来の車以外で走っています。

動画のタイムを見てみると、
1周目:35.937
2周目:28.305
3周目:27.731
4周目:--.---

で、4周目はインラップなので当然タイムも関係ありません。
1周目もアウトラップなので、もし2,3周目でミスして、
1周目のタイムを上回れなくても、1周目のタイムは記録は無効です。
2周目と3周目のタイムのみ有効で、この動画では3周目のタイムが早かったので、
3周目のタイムが記録となります。

というわけで今回は2周、アタックが出来ますが、
通常は3周目のタイムが有効記録になるでしょうね。
それと、2周走行が出来ると言っても、オーバーステアの強さから、
ターン3が一番危険だと思うので、たとえば2周目のターン3でスピンした場合、
3周目のタイムにも影響してくるだろうから要注意ですね。
(スピンして加速が鈍ったからといって逆走して助走する行為は当然禁止です)

第3戦は予選が始まったばかりですが、予選トップタイム、
決勝でどれだけタイムが出るか、楽しみにしています!

« スーパーラップ・シリーズ第3戦予選 | トップページ | rFactor »

タイムアタック大会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« スーパーラップ・シリーズ第3戦予選 | トップページ | rFactor »