2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« Careless | トップページ | レース日記#031 »

先週末(6/24)のレース

先週末もメジャーなレースが開催されたので紹介しますね。
・スーパーGT 第4戦 セパン
・FIA-GT選手権 第4戦 モンツァ
・DTM 第5戦 ノリスリンク
・V8 スーパーカーズ 第6戦 ヒッデンバレー
・モトGP 第8戦 ドニントン

まずはスーパーGTから、今回は第4戦セパンで行われました。
予選はTAKATA童夢NSXがポール獲得、
しかし決勝ではスタートできなかったようでリタイアに終わりました。
優勝はWOODONE ADVAN CLARION Zでした!
以下RAYBRIG NSX、カルソニック インパル Z、ZENT CERLMO SC430の順。
応援しているのはZENTですが、まずまずの結果でした♪
ポイント争いはARTA NSX、RAYBRIG NSX、XANAVI NISMO Z、
ZENT CERLMO SC430の順で、今期はNSXが上位に入っているようですね。
ただ開幕戦や今回もですがトラブルが少なくない気もしますが・・
次戦は第5戦は7月27~29日にSUGOで行われます。

次はFIA-GT選手権 第4戦の舞台はイタリアのモンツァサーキットでした。
予選でポールを獲得したのはウェンドリンガー/シャープ組(アストンDBR9)、
2番手にラモス/モンタナーリ(マセラティ)、
3番手にジャンノカーロ/ピエール・グイディ(マセラティ)と続きました。
GT2クラスではフェラーリ430がトップ3を独占しています。
決勝もDBR9がマセラティから逃げポールトゥウィン!
2位はモンタナーリ/ラモス組(マセラティ)、
3位にヘーゼマンズ/デレトラズ組(コルベットC6R)、
4位に昨年覇者のビアッジ/バルテス組(マセラティ)となりました。
GT2は上位3チームフェラーリは変わりませんでした(3台の順位は変わった)
ポイント争いは接戦ですが、トーマス・ビアッジが現在トップに立っています。
チーム争いはヴィタフォン・レーシング(マセラティ)が差を広げています。
次戦第5戦はドイツ、オッシャースレーベン、7月8日に決勝が行われます。

続いてDTM、第5戦はノリスリンク、市街地コースですね。
予選はスペングラーがポールを獲得、2番手はハッキネン、
シュナイダー、パフェットの4番グリッドまでをメルセデスが占めました。
決勝もスペングラーが接戦を制して優勝!
2位にシュナイダー、3位にエクストロム(アウディ)が入りました。
ハッキネンは順位を落として9位フィニッシュ。
ポイント争いはシュナイダーがトップに立ちました。
前戦までトップのエクストロムは2位、3位はトムチェックとなっています。
次戦は7月15日にイタリアのムジェロで決勝が行われます。

次はオーストラリアのツーリングカーレース、
V8スーパーカーズの第6戦、ヒッデンバレーで行われました。
このコースでは土曜に第1レース、日曜に第2,3レースが行われます。
予選はToll HSV Dealerチーム(ホールデン)リック・ケリーがポール獲得。
トップ3をホールデン勢が占め、フォードは4~8番グリッドを埋めています。
第1レースでは予選3番手のM.スカイフェが優勝、
ポールスタートのR.ケリーは2位、予選2位のT.ケリーは4位、
3位はフォードのC.ロウンデスが入りました。
第2レースではC.ロウンデスがホールデンを振り切り優勝、
予選は8番手でしたが、第1レース3位、第2レース1位と好調のようです。
2位にR.ケリー、3位にG.タンダーのホールデン勢、
4位にJ.ウィンカップ(フォード)、5位はM.スカイフェ(ホールデン)の順。
第3レースもトップ3は全く同じ結果となっています。
 V8スーパーカーズのポイントシステムは少し変則的です。
1レースだけの大会もあれば3レースまである大会もあるので、
全てのポイントは1レースのみのポイントは3で割れるようになっていて、
1レースのみの場合72,60,51.45,39,36,33,30,27,24,21,18,15,12,9,6となっています。
2レースで行われる場合は2で割り、小数点切り捨て、3レースでは3で割ります。
なお今シーズン1レースのみの大会は第9,10戦のサンダウン500、バサースト1000、
2レースで行われるレースはクリプサル500(250×2)のみで、
それ以外は全て3レースで行われます。
 今回の結果でシリーズ争いは前年度覇者のR.ケリーが336Pでトップ、
2位にG.タンダーで297P、3位はT.ケリーで245P、
今回2勝したC.ロウンデスは17+24+24=65P獲得して6位につけています。
次戦は7月20~22日、クイーンズランドで行われます。

最後はモトGP、今回は第8戦ブリティッシュGP。
ドニントン・サーキットで行われました。
ポールをとったのはヤマハのコーリン、2番手にロッシとヤマハ勢の1-2。
3-4にはペドロサと久々に上位にきたヘイデン、
5番手にポイントリーダーのストーナーが付けました。
決勝はウェットコンディションでレースが開始、
ロッシは序盤順位を落としました。
エドワーズは2位を走行、ペドロサがトップを走っていましたが、
ストーナーが徐々に徐々に順位を上げて5周目に2位、16周目にトップに立つと、
そのまま後続を引き離してチェッカー、今期5勝目を上げました。
2位にエドワーズ、3位にバーミューレン、4位ロッシ、5位ホプキンスの順。
序盤トップを走っていたペドロサは8位、中野は14、玉田は15位、
ヘイデンはコースオフして17位に終わりました。
ポイント争いはストーナーが165Pで独走、2位ロッシとの差を26Pまで広げました。
次戦はオランダ、アッセンで今週末決勝が行われます。

というわけで5つのレース結果を紹介しました。
ほかにもIRL、チャンプカー、F3などでレースがありましたが、
数が多くなってしまうので今回は5つだけお送りしました~

« Careless | トップページ | レース日記#031 »

モータースポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Careless | トップページ | レース日記#031 »