2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« 購入~ | トップページ | 購入~ Part2 »

リアル風走行

今日は久しぶりにGT4ネタです。
現在こことHPで行っている大会での走行を、現実の走行と比較してみようと思います。

まずはブログで行っているラリー大会から。
つい最近まで知らなかったのですが、
本来ラリーでジャンプする時はアクセルから足を離すんですね。
早速今回からチャレンジすることにしました!
アクセル表示に注目してください。

リプレイ動画(6.2MB)

どうでしょうか(笑)
着地時にアクセルを踏むタイミングがまだ慣れませんが、
なかなか形になっていると思います♪
なお、走行については下手なのでご了承を~

次はHPで行っている大会から。
第5戦の舞台はルマン・サルトサーキットで、LMカーで走ります。
今回のルールでは縁石を超えるとコースオフとしていますが、
イン側のアスファルトを禁止するためのルールでもあります。
次の動画は私の走行動画。

バードビュー(?)視点の動画(17.8MB)
TV視点の動画(18.0MB)

走りが上手い下手は別にしてラインに注目してください。
ほとんどのコーナーで縁石に乗っていないのが分かるはず。
(T1直後アウト側、T2直前シケインイン側、T6少し前でアウトに膨らんだ所はミス)
これが本来の走行だと思うのです。
ちなみに下のURLは2006年のルマンスタート時。

2006LeMans(YouTube)

最終コーナーなどでは踏みますが、セクター1で踏む縁石はありません。
しかしGT4オンラインではこのようなコースオフルールはなく、
コース脇のアスファルトまでなら失格にはなりませんでした。
さらにはローブや山内氏までも。
今後はきちんと対策(ペナルティ加算や記録無効)を取って欲しいですね。
またゲーム内に走行デモンストレーションみたいなのを用意して、
声入りで「ここは縁石を踏まないようにしましょう」とかあると良さそうです。

ちなみに次の動画もご覧ください。
ディープフォレストを2周走ってみました。
DS2コントローラでモータースポーツエリーゼを使用していますが、
こういった条件での走行は1年以上行っていないので走りは下手です。

リプレイ動画(15.1MB)

まず1周目、GT4オンラインでもこういった走りの人がいたんですよねー
コース脇に載せたり細かいコーナーでカットしたり、最終コーナーでも・・・
これらは本来なら当然ペナルティを受け手もおかしくない走行方法です。
2周目は心がけの良い走り、スムーズで見ていて楽しくなります。
ライン以外でもブレーキやアクセルの感覚が1周目と違いますが、
TocaRD2やGTR2を意識したペダルワークをしてみました。
あのくらい早くからブレーキをしないとタイヤがロックするんですよ(汗)

サルトやディープフォレストのカットなど、
ゲームのシステム上で出来るのなら「やるな」と強制は出来ません。
ルール上出来ることで賞品がかかっていれば当然の行為ですからね。
だから制作者がカットしたら3秒ラップタイムに加算、
のようなシステムが妥当かもしれませんね。
カットできないようにウォールやら見えない壁を置かれると、
ゲーム的な印象になって景観も悪くなるので。
ペナルティタイムも、ゲーム上、たとえばフリーランならON,OFFが可能、
でも公式大会ではOFFに出来ない、もしくは非公式記録になってしまう、
(ライセンス下位は非公式記録、上位はペナルティ)みたいなのが良いと思うのです。
そうすればカットして遊ぶ楽しみも残しつつ、
タイム競争では厳格なルールが適用できますからね。
モナコのトンネル直後のシケインの壁も、あそこで道をふさがれたら進めないから、
壁を撤去してペナルティとしてくれれば良いのですが・・・

というわけで、今回はゲーム走りとリアル走りについてでした。
といか、ペナルティになる走りのことがほとんどでしたね(苦笑)
微妙に内容が違ってしまいましたが気にしないでください☆
ジャンプやサルトの縁石のことは普通意識する必要はないと思います。
スーパーラップシリーズでもルール上縁石に乗ってもOKですからね。
しかし現実的なことを考えて走るのもまた面白いのではないでしょうか?

« 購入~ | トップページ | 購入~ Part2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この手の話題には発言を避けてきましたが・・・
そろそろ意見が出尽くしたカンジなので、戯れ言としてつぶやいてみますw


リアル風な走行ラインや操作は、こだわりをもってプレイする本人にとっては、ある意味ではタイムよりランキングより重要なファクターですよね♪
じぶんがGTシリーズにのめり込んだ当初、友達との対戦で「レースの勝ち負けよりも、直後のリプレイでどれだけカッコいいか!!それが大事w」って言ってました☆
実際、壁当てやショートカットで通過した場合、カメラが捉えてくれてないことが多いですよねw

キッカケはそんな単純なことでした☆


こだわりって点で言うと、シフトダウンをブレーキ代わりに使うコトもありません^^;
エンジンが壊れるし、何よりもそんな無理なシフト操作、クルマが受け付けませんよ♪

それも個人的なこだわりですよね^^

だけどブレーキを踏みながらアクセルも踏んでる・・・
音がいいんです♪
(挙動が安定したのは副産物w)
これも『こだわり』なんですネぇ・・・


つまり、リアルっぽさへの『こだわり』と、ゲームならではの『こだわり』が同居してます☆

それらが満たされたとき、それは究極の自己満足なんで

あぁぁ・・・
ケータイから一生懸命タイプしたのに(汗
ケータイの制限で半分ぐらい切れちゃいました(><;


なので続きを簡単にw


それらが満たされたとき、それは究極の自己満足なんですね☆

でもこの『こだわり』がゲームをプレイする動機だし、楽しむポイントだと思います☆
ロープ選手のショートカットも、少しでもタイムアップできる部分を見つけてトライした姿で、プロならではの『こだわり』なんだと思いますw

もちろん他にも『最速』『ランキング』『勝ち負け』『爽快感』など、各プレイヤーごとの『こだわり』があるはずです^^


いっそ『相手の土俵で戦う度量』をもって臨むことがいちばん難しく、かつ、男前な姿勢かもしれません☆

あるいは『あなたはそぉなんですネ』ってカンジで認めてあげる・・・いや、たやすいことじゃありませんネ(汗


何が言いたいのか分からなくなってしまいましたが・・・
じぶんは、皆さんに遊んでいただけるよぉにガンバるしかないってコトとがひとつ(*^-^)b
あとはネットのネガティブな側面・・・偏ったコミュニティーが支配してしまわないコトを願ってやみませんw


乱文、失礼しました
m(u_u)m

こじぃさんが仰るように、何にこだわって楽しむか、というのが人それぞれですからねー。ただオンラインとなって不特定多数の方と走る時は、やっぱりある程度のルールは必要ですし、マナーも必要なのは言うまでもないですよね。私もTAで最速目指して走る事が多いので、そういう意識がオンラインではかえって問題になる事もあるとおもいますし、気をつけなければいけません・・。

ラリーカーでもジャンプの時はアクセルオフするんですねー。私は昔モトクロス(2輪)を少しやっていましたが、確かにジャンプする時はアクセルを戻しますね。ただそれは飛び出しの際の車体挙動を調整するという意味でした。フロントタイヤが飛び出した直後のアクセルを戻すタイミングで、車体が前のめりになるか後ろ下がりになるかが変わってきます。全開のまま飛ぶとウイリー状態みたいになって怖いですし、減速しすぎると今度は前のめりになってフロントから着地してしまい死んでしまいます(笑)。
前のめり状態で飛んでしまったときに、空中でアクセルを開けるとフロントタイヤが持ち上がってきます。逆に後ろ下がりになりすぎた時は、空中でリアブレーキを踏むとフロントが下がってきます。

スーパークロスなどのライダーは、3連ジャンプなどの滞空時間が大きいジャンプの時は結構そういう操作をして空中姿勢を調整していますねー。私はもちろんそんなデカいジャンプなんて飛べませんので、飛んでしまった後の調整は殆ど不可能でしたが(笑)。

お二人とも、ご意見ありがとうございます。


記事後半にも書きましたが、これらは「こうすべき」と言うわけではありません。
ただ制作者は、出来る限り現実に近づけようとしている(?)のなら、
現実的ではない走行には、危険やデメリットになるようにすることで、
自然と現実的な走りが一般に受け入れたらいいな~って思ってます。

私も確固たるこだわりというのかな、ありますからねー
GTFCなんかが良い例じゃないかな(変わったことに楽しみを見いだしたり)
でもマナーよく走るこだわりなら問題ないのですが、
速さのこだわりを持って、ショートカットで速さを出したり、
壁にぶつけたり、ルール上可能であっても、
それが一般的な走りとして浸透したら、と思うと・・・
GT4オンラインでも「GTからレーサーを」みたいなことを言ってましたが、
カット等が一般認識された状態で実際のコースを走ったらってことも思いますし。
(その辺GTR2なんかは現実的なのですが)
そういった走りは仲間内だけで楽しむだけなら良いんですけどね。
でも現在のシステム上は・・・仕方がないのかな~

やはりショートカットにはペナルティか非公式記録にすべきかな。
ツーリストトロフィでは僅かなコースオフで無効になるのですが、
それをGTで取り入れて、でも抹消ではなく参考記録(非公式)にするとかがいいのかも。

TTYさんから聞きましたがジャンプ時はアクセルオフだそうで、
これも今後無駄にアクセルを回したらエンジン故障につながれば、
みんな注意するようになったりして(万人向けのゲームでそこまでしないかな)
二輪でのジャンプは怖いですよねー

私にもこだわりがありますが、その前に下手なのでコントロール出来ない事がほとんどです・・。
さらにその以前にGT4オンラインの頃にはダートばかり走っていたので、
ロードで知っているコースといえば、鈴鹿とラグナのみ。
これでどれだけ皆様に迷惑掛けたか、一緒に走った事のある方なら
分かって頂けるかもしれません。
今後GT5が出てオンラインがあるとしても、どれだけ迷惑を掛けるか分かりません。
悲しい現実です。
でも皆さんと一緒に走りたいんです。
その為には壁接触とショートカットは気をつけてコースを覚えていく事が大事だと思いました。

ジャンプ時のアクセルオフは私が彦に教えてもらった事です♪
ちなみに彦はショートカットが大嫌いです。
なので、GTHDCでショートカットしてしまったペナルティとして
1回でもクラッシュしたら、その日のTAは中止にするそうです。
これもこだわりなのでしょうね。

そもそも、俺がGT4オンラインでBFRって集まりを作ってやってたのも、基本はそう言うことなんですけどね~
タイム狙いで何でもありの走りをするんなら、そう言う人たちのグループで走ってください。こっちは車壊したら請求来る気持ちで走ってるんで…って感じでしたから(^^:)
でも、実際はみんなで走ってると、全員走り方が違って、ブレーキングポイントもまちまち、ライン取りも違ってくるわけで、その中で何が何でも自分のやり方を強引に押し付けると、結局1周目1コーナーで多重クラッシュ…みたいなパターンになってしまうんですよ。そこで自分の順位も下がるし、オンラインなら実際に相手に良いようにも悪いようにも`評価`されてしまう訳ですから、「あいつ強引だから一緒に走りたくない」って思われてしまうと、もうゲームに参加する資格さえ失ってしまう危険があるんです。それって実際のレースでも「君、危険だからクビね」って言われてる事と同じですからね(^^:)程度が低いって事に気付いてもらいたいものです(汗)
話がそれましたが…
そうやって、現実的ルールの下でやっていれば無駄なアクシデントも起こらないし、それでもやっぱり事故は発生してしまうものですが、ちゃんとしたルールを守って、限界攻めた結果のアクシデントなら、お互い笑って許せることじゃないかと思うんです(^^:)コース上でスピンしてそのままコース上で向き変えてる人見たときは結構焦りましたよ(爆)そう言えば、未だに覚えているのが、鈴鹿2コーナー立ち上がりでスピンしたcozyさんが後続を避けるためにあえてイン側のダートで回っておられるのを見て「おっこいつプロや」と感動したことですよww

師匠☆ 私は程度が低いことは分かっていますよ。
師匠とオンラインで御一緒させていただいた時は迷惑にならないように
スタートから後方に下がって、自分のペースで走っていたと思います。
壁走りとショートカットはしていないと思いますが、
コース上でスピンしたのは私の事ですかね?
本当に申し訳ございませんでした。

近くに雷が落ちた制で投稿した時に切断した~(涙)
ということで改めて(「思い出せない!」とぼやきつつ)コメントを作成・・・

>TTYさん
コース習得はライセンス等で補うと良いかもしれませんね。
GT4ではいくつかがセーフティカー先導の競技がありましたが、
あれだとただ付いていくだけで競技を通過しかねず、
しかもラインは先導車を邪魔者扱いして行うと意味がない。
(先導車自体正しいラインだったかは覚えてませんが)
今後さらに良い方法で習得できるようになると良いですね。

遅いとか習熟してなくても、問題はマナーだと思うのです。
接触したらレース後に謝る、コースオフしたら後続に注意して戻る、
そういった考えを持った人であれば良いし、迷惑に思いませんが、
ぶつかったり復帰時も迷惑をかけたりして、
それでいて(定型文も使わず)謝罪しないと迷惑に感じます。
オンラインはコミュニケーションでもあるから、
まずはそこが注意するところだと思います。

>frdmf105さん
ラインが違うのはちょっと怖いけど、「人間と対戦している」感が好きです☆
自分とは違うところを見つけて走りを見直したり、
抜きやすいポイントを見つけたり、
たまに同じタイミングでブレーキングして気持ちよかったり。
「それは止まれないだろう」と思って後で聞くとミスだったと分かる場合もありますね。
常にそういう人もいて、わざとだと思う人もいましたが・・・
 そういえば私も避けるためにカットしたりコースオフさせて通過させたり、
特に仲がいい人には体制を直すまで待ってあげたこともあったかな。
そういう心があれば、どんなレースも楽しくなるものです♪

師匠のおっしゃってるシーンは、残念ながら記憶になかったりしますw
でもBFR創世記に、何度もふたりで走ってくださったことは思い出が多いですね☆
鈴鹿ヘアピンを毎周イン譲り合い!?で通過したり、1コナからS字ラストまで併走ww
前にもミラーにも師匠のクルマ見えないまま(汗
しかも接触なしなんて、鳥肌もんでした♪

ああいった面は、フェアな走りへの『こだわり』が成せた技だと確信してます☆


みどりさんに遊んでいただいたのは、フィナーレが近づいてきたころですよね☆
思い出深いのは、やむさん交えてのシリーズ戦♪
前半は微妙にくらいつけてたのですが・・・色気を出してみどりさんに激突(@@;
忘れられません(汗


もちろん(少なくともその時の意識は)アクシデントだったのですが・・・
今から思えば、まさに『カッコいい』から『ランキング』に『こだわり』がシフトしてたんだと思います(><


熱くなれるゲームですが、同時に、じぶんレベルのプレイヤーにとっては、じぶんを見失わせる怖さがあるなぁって思いながら皆さんの記事を拝見してました^^

インフィニオンのストックカーコースでの接触ですね~
もう忘れかけてましたよ(笑)

TTYさんのことじゃないっすよ!!TTYさんはいつもフェアに走っておられましたよ☆ただ、俺からすると「そんなに遠慮しなくても…^^:」って思ってしまうぐらい謙虚な走りでしたけど(汗)

そう言えば、cozyさんとは嫌って言うぐらい鈴鹿走りましたね~(^皿^)あの頃は平気で併走しっぱなしで走ってましたけど、良く考えたらサイドミラーもないし、そもそも横視界がほとんどないGT4でよくあそこまでやっもんです(汗)でも、お互いにフェアを意識するあまり途中から「お~これは観客からは歓声かも知れないけど、チームからは罵声が飛んでくるな…(爆)」って少し思いましたw

師匠☆ ホッとしました(^^;
誰のカキコでもオンラインでの出来事で嫌だった事は
全て私の事かな?って思ってしまうんですよ・・。
師匠と走ったところは鈴鹿の東?か西?でしたので、
私としては上出来な走りでした(^^)
自分で言うのはおかしいですけど、キレイな走りでしたよ☆
ただ1回だけ最終コーナーでスピンしちゃったんですけど・・・(^^;
師匠のお気遣いも、こじぃさんのお気遣いも覚えておりますよ。
21周としんどかったですが、私がんばりました。
とても楽しかった思い出です(^^)/

オンラインってやっぱり楽しそうですよね~。
でも、今のままじゃ、私は皆さんから冷ややかな目で見られるドライバーだな、と感じました。
コース内に少しでもタイヤが残っていればOKという世界で長い間やっていると、ちゃんとした走りを忘れます。
というか、やろうと思えばちゃんとできるけど、ちょっと焦ったときとかにカットしたり、コースオフしかけたりします。コースオフしかけたときにそれがコース脇に寄せて縁石を超えている状態になったり。どんなに気をつけていてもフッと集中力が切れたときにそういう走りになってしまいます。疲れてきたら、アクセルの加減とかも適当になってきますし。そういうときはどんどんペナルティを取っていただいたらよいのですけどね。むろん努力はしているつもりです。スーパーラップでも。ルールに従う、マナーを守る、それは当然ですので。
タイムアタックのトップランカーのリプレイって、大体ここで言われているようなよくない走りになっていると思います。限界がそこに存在してしまうことになるので。
でも、ライセンスによってペナルティを変えるのも、ライセンス分けが結構微妙でしたし、それほどの腕ではなかったのに上級ライセンスになっちゃった、なんて人も出てくるだろうし・・。中の下、ぐらいの層が厳しくなるかも?
微妙なところです。

何か言いたいことがよく分からなくなってきました(汗
私はリアルに走っていないんですよね・・。
GTTA開幕戦のサルテの白線ルールは、批判されていたイメージがありましたが、結構支持者もいらっしゃったようですね。
とにかく努力していきます。
オンラインではいろいろ問題がありそうですね・・・。
もうなんかメチャクチャな文になってすみませんm(_ _)m

タイム向上のために縁石をまたいだりするのは普通のことかもしれませんね。
とくにこれはあくまでゲーム、タイムアタックとなればルールで出来る範囲なら何をしたって良いのかもしれません。
 賞品がかかっていて接触自由だとすれば、
接触しないで走るより接触すべきでしょう。
GTTAのシャモニーのように。
でもレースでは相手がいるのでそれは非難されてしまうでしょうね。
実際GT4オンラインでは悪質な人の名前が晒されていた所もありましたし、速いが為に嫌われる人もいたし。

今後もGT公式で行われるもので制限がなされない場合を考えれば、カットも仕方がないことだと思います。
ただ普段はきれいなラインを描いて走ると良いと思いますよ。
本来乗らない縁石を避けたりしても速いと格好いいですしね☆

青葉緑さん、改めまして本当にありがとうございました。
私が思っていた事、考えていた事、などなど具体的にまとめて下さった事に感謝いたします。
私は技術的に及ばない為に何を言おうが反感をかうばかりでした。
その上、いやみも混じっちゃって上手く伝える事も出来なくて。
その結果、「TTYさんって馬鹿じゃないの?何考えてるんだろう?出来もしないくせに!
しんじられない~!」って思われてるかもしれません。
でも、いつもそこでカバーしてくれたのは青葉緑さんでしたよね。ありがとうございます。
仕方ないです・・。言っている本人がコースを覚えていなかったり、
下手な上、コントロールできなかったり・・・

オンラインで青葉緑さんとオーバルを御一緒した事、覚えていますか?
あの時は青葉緑さんとサイドバイサイドでした。
私は接触を避ける為に左ボタンを押して、青葉緑さんばかり見てました。
あまり左ばかり見すぎて前に集中出来なくて右側フェンスにかすってクラッシュ!
青葉緑さんを巻き込まなくて良かったと思う瞬間でした。

GT4OLのプライベートレースではGT500部屋が多い中、
HIKOzyは大好きなサルトをルマンカーで走る部屋を建てていました。
そこの部屋に来た方々はショートカットした人は居ませんでした。
あ、1人見かけましたが独走でした(^^;
その時は「凄い~!追いつかないよw」って言ってましたね。
レギュなんてなかった部屋でしたが、白線レギュ支持者は結構いるんですよね~

ホント、私も頑張らないとです(^^)どこまで出来るか分からないですけど・・・
リアルではサーキット走るのに、ゲームでは何故出来ないのだろう。
そしてリアルではダート怖くて走れないのに何故ゲームではダートが好きなのだろうか?
未だにその答えは見つからないです(笑)。

いえいえ、私のこの記事だって、
中には反感を持っている人もいるかもしれないですし(笑)
記事の内容は私の考えに、他の人の意見を踏まえた内容を混ぜてます。
1つの考えに固執しないこと、でもモラルやマナーは大切に。

オンラインでのオーバルは正直忘れてました(汗)
運良く(?)昨年8月23日の記事に動画も消さずにあったので、
何とか記憶もよみがえりました☆
記事にも書いたけど、フルコース・コーションルールを作っておけばと後悔。
(大きく遅れた車が現れたらスロー走行すること、というように)

そういえばサルトはあまり走らなかったな~
特殊ルール(ブレーキの使用禁止レース)では走ったけど♪
彦さんとのレースはもてぎでのランオフエリアを使用したレースしか記憶にない(汗)
リアル志向の方だと知っていればあの競技はしなかったのですが、
どう思われていたかチョット不安です。

ゲームでのロードコース走行も楽しいですよ♪
慣れないコースは遅めの車(ルポカップとか)で走ってみるとか。
面白くないコースと思っても実は面白い場合もあると思うのです。
単独だと単純になっても、レースでは一転する場合もありますしね。

ふと変わった大会を思いつきました!
ヒントはフリースタイルスキーってところかな。
アイディアがまとまったらブログで開催しようと思います☆

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 購入~ | トップページ | 購入~ Part2 »