2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« 結果レポート | トップページ | 先週末(7/29)のレース その2 »

先週末(7/29)のレース その1

さて、昨日のレース結果を載せますね。
文面が長くなったので今日と明日に分けることにしました。
・スーパーGT 第5戦SUGO
・鈴鹿8時間耐久ロードレース(鈴鹿8耐)
・DTM 第7戦 ザンドボールト
・FIA-GT選手権 第6戦スパ・フランコルシャン スパ24時間耐久レース  明日UP
・WTCC 第13、14戦スウェーデン アンダーストープ  明日UP

まずはスーパーGTから、予選はドライでしたが決勝はウェットとなりました。
 予選ポールはTAKATA童夢NSX、2番手にARTA NSX、3番手にEPSON NSXで、
NSXが1-3を獲得、SC勢トップは宝山TOM'S、我がZENTは8番手、
Zのトップは6番手に入ったYellowHatでした。
 決勝は雨による混乱もあったようでしたが、ARTA NSXが
TAKATA童夢NSXとの接戦を制してトップチェッカーを受けました。
3位にEPSON NSXで、NSXが表彰台を独占、4位にYellowHat YMS モバHO! TOMICA Z、
5位にはペナルティによってトップ争いから脱落した宝山TOM'S SC430が入りました。
ZENT CERLMO SC430は残念ながら11位・・・はぁ・・・
 ポイント争いは今回優勝した伊藤大介/ラルフ・ファーマン組が61Pでトップ、
2位にはドミニク・シュワガー/細川 慎弥組が37P、
3位は本山哲/リチャード・ライアン組で36P、4位に立川祐路/高木虎之介組で35P、
2位から7今では接戦ですが、トップだけが離れている状態ですね。
 第6戦は8月17-19日、鈴鹿での1000kmレースが行われます。

次は鈴鹿8時間耐久ロードレース、通称"鈴鹿8耐"ですね。
二輪は3年くらい前からモトGPを見ている程度なので
知っているライダーと言えばノリックこと阿部 典史、岡田 忠之、
そして現役MotoGPライダーのカルロス・チェカくらいでした(汗)
 予選は岡田忠之/チェカ組(ホンダCBR1000RR/33)がポールを獲得!
2番手に大崎誠之/中須賀克行組(ヤマハYZF-R1/21)、
3番手に加賀山就臣/秋吉耕佑組(スズキGSX-R1000/34)が付けました。
知っているライダーのもう1人であるノリック(ゼッケン81)は9位でした。
 決勝でホールショットを奪ったのはゼッケン34、
ノリックも3番手に浮上したようですが、予選ポールのゼッケン33はフライングで後退、
2時間経過時のトップはゼッケン34、2位のゼッケン778に1分以上離しました。
ゼッケン33は1時間経過時は9番手だったのが4番手まで浮上、
一時はヨシムラスズキ with JOMOの1-2でしたが、
4時間経過時にゼッケン12が4番手に後退、
変わって2番手に立ったのがゼッケン33、その後上位4台は順位を変えることなく、
加賀山就臣/秋吉耕佑組(スズキGSX-R1000/34)が1度もトップを譲ることなく優勝!
スズキの優勝は27年ぶりだそうです。
2位には岡田忠之/チェカ組(ホンダCBR1000RR/33)が入り、
3位は手島雄介/伊藤真一組(ホンダCBR1000RR/778)でホンダは2-3位、
4位は渡辺篤/酒井大作組(スズキGSX-R1000/12)、
ジェイミー・スタファー/阿部 典史組(ヤマハYZF-R1/81)は
長い間5位をキープしていましたが、終盤に順位を落とし9位フィニッシュ、
予選2位の大崎誠之/中須賀克行組(ヤマハYZF-R1/21)は
2時間を過ぎたあたりでリタイアしたようです。
 やはり知っているライダーが少ないと、知っているライダーしか応援できないですね。
チェカとノリックの2チームを応援していましたが、ノリックの所は残念でした。
でも地元のスズキが優勝したのは嬉しかったです☆

続いてはドイツ・ツーリングカー選手権(DTM)
第7戦の舞台はオランダのザンドボールト、
今までザンドポートと書いてましたが、ザンドボールトのほうが近いみたいですね。
どこかのサイトでは「ザンドフォールト」とかなってましたが。
 予選はティモ・シャイダーがポールを獲得、
2番手にはここまでポイントランクトップのエクストロム、
3番手にトムチェック、総合2位のシュナイダーは14番手、
ハッキネンは13番手、前回F1に参戦したウィンケルホックは12番手でした。
 決勝はトムチェックが勝利、2位にはプレマ、3位にエクストロム、
以下シャイダー、スペングラー、アブト、ハッキネンの順。
ポイント争いは6ポイントを獲得したエクストロムが38Pでトップをキープ、
今回優勝のトムチェックが30Pで2位に浮上、
シュナイダーはノーポイントで4位に後退、
変わって今回4ポイント獲得したスペングナーが26Pで3位にアップしました。
 次戦は9月2日にニュルブルクリンクで第8戦が行われます。

« 結果レポート | トップページ | 先週末(7/29)のレース その2 »

モータースポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 結果レポート | トップページ | 先週末(7/29)のレース その2 »