2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« F1選手権第14戦(決勝)予想大会 | トップページ | コリン・マクレー »

決定戦?! その2

サーキットの決定戦の続きです。
長文だし、まじめな企画ではないので気楽に読み流してくださいね~☆

今回はアジア、オセアニア、アフリカの代表戦。
まずはアジア代表から、アジアは前回日本代表を選び30コースとなっています。
忘れてもらわないように書いておきますが、あくまで独断と偏見によるもので、
名コースが選ばれるとは限りませんのであしからず。

<日本代表>
英田(岡崎国際)、オートポリス、セントラル、富士、
船橋、美祢、もてぎ、SUGO、鈴鹿、十勝、筑波

中国代表 上海、珠海
韓国代表 Sepoong
台湾代表 Yinglim
マカオ代表 ギア
インド代表 Coimbatore
インドネシア代表 Sentul
マレーシア代表 Johor Bahru、セパン
フィリピン代表 Batangas
シンガポール代表 Thompson Road
タイ代表 Nakorn Chaisri
バーレーン代表 サクヒール
グルジア代表 Tblisi
イスラエル代表 Barnea Beach
レバノン代表 Beirut Hariri
カタール代表 ドーハ(ロサイル)
トルコ代表 イスタンブール
アラブ首長国連邦(UAE)代表 ドバイ

アジアは近年F1やモトGPで使用されているので良いコースも多いです。
まずは5グループ6コースずつに分けての予選。
グループA 英田(岡崎国際)、美祢、上海、ギア、Sentul、Tblisi
グループB オートポリス、もてぎ、Sepoong、Johor Bahru、
      イスタンブール、Beirut Hariri
グループC セントラル、船橋、筑波、Nakorn Chaisri、サクヒール、ドバイ
グループD 富士、鈴鹿、珠海、Coimbatore、ドーハ(ロサイル)、Batangas
グループE SUGO、十勝、Yinglim、セパン、Thompson Road、Barnea Beach
アジア代表はそれぞれ4コース(合計20コース)となります。

それではグループAから。
国際的なコースが多く、グルジア代表とインドネシア代表が真っ先に脱落!
これで残った4コースが通過しました。
 続いてはグループB、気に入っているイスタンブールはすぐ通過しました。
そして、レバノン代表は脱落、韓国代表はありふれている感じで脱落、
残りの4コースが通過しています。
 次はグループC、レベルの高い争いになりましたが、最初の脱落はタイ代表、
そして船橋が脱落、残りの4コースが通過!
 グループD、4つが国際コースとあってすぐ通過、残るインド代表と
フィリピン代表が脱落となりました。
 グループE、地域代表が1コースのシンガポール、イスラエルが揃って脱落、
残る4コースが通過となりました。

アジア代表20コースが決定!
日本からは、英田(岡崎国際)、オートポリス、セントラル、富士、
美祢、もてぎ、SUGO、鈴鹿、十勝、筑波の10コース。
その他は、上海(中国)、珠海(中国)、Yinglim(台湾)、ギア(マカオ)、
Johor Bahru(マレーシア)、セパン(マレーシア)、ドバイ(UAE)、
イスタンブール(トルコ)、サクヒール(バーレーン)、ドーハ(カタール)
となり、日本を贔屓する気持ちが出てしまいました(苦笑)

次はアフリカ代表。
アフリカの国の数は決して少なくないのですが、
やはりモータースポーツはお金のかかるスポーツですからね。
多大な借金を抱えている国も多いのでコースがあるのは一部の国だけのようです。
エントリーは以下の通り。
アルジェリア代表 Staouéli
アンゴラ代表 Benguela
エジプト代表 Ghazala Bay
リビア代表 Mellaha Lake
モロッコ代表 Casablanca
モザンビーク代表 Lourenco Marques
セネガル代表 ダカール
南アフリカ代表 キャラミ
         Welkom
チュニジア代表 Carthage
ジンバブエ代表 Donnybrook

という11コース、南アフリカだけが2コースありますね。
白人が・・・一時代によってコースが増大したのでしょう。
アフリカ予選は2段階、最初のグループ分けはこのようになりました。
グループA Benguela、Casablanca、キャラミ、Carthage
グループB Ghazala Bay、Lourenco Marques、Welkom、Donnybrook
グループC Staouéli、Mellaha Lake、ダカール
ここから上位2コースが次のアフリカ代表最終予選に進出します。

ではグループA、
アンゴラ代表、モロッコ代表、南アフリカ代表、チュニジア代表です。
早くも南アフリカ代表の片方、キャラミが通過しました!
アンゴラは約4kmのコース、モロッコは700km越えのコース、
チュニジアは12kmのコースですが、まずはチュニジアが脱落、
もう1つの枠は・・・モロッコ代表に決定!

続いてはグループB、
エジプト代表、モザンビーク代表、南アフリカ代表、ジンバブエ代表。
なんとなく気持ちが悪いという理由(苦笑)でGhazala Bay、
Lourenco Marquesが脱落、南アフリカとジンバブエが次のラウンド進出。

グループCはアルジェリア代表、リビア代表、セネガル代表。
このグループは・・・気に入ったコースがありませんでした^^;
というわけで2コース脱落させて残りをアフリカ代表とします!
最後に通過したコースは・・・アルジェリア代表に決定!
これでアフリカ代表は以下の5コースに決定しました!
アルジェリア代表 Staouéli
モロッコ代表 Casablanca
南アフリカ代表 キャラミ
         Welkom
ジンバブエ代表 Donnybrook

今回最後はオセアニア代表、ここはオーストラリアとニュージーランドだけです。
オーストラリア代表(8)
 アルバートパーク、ダーリントンパーク(テストコース)、
 イースタンクリーク、マウントパノラマ(バサースト)、
 オーランパーク、サニーコーナー、
 サーファーズパラダイス、バルバガッロ
ニュージーランド代表(3)
 マンフィールド、プケコヘ、ルアプナ

オーストラリアはV8スーパーカーズで知っているコースが多く、
しかもオーストラリアは多くのコースがあり、その中で選ばれた8コース。
アデレードやフィリップアイランドすら代表漏れしていますからね。
ニュージーランドも3コースがエントリーしているので選ぶのには苦労しそうです。

まずはグループ分け、6と5に分けて、上位4コースを選出
グループA アルバートパーク、イースタンクリーク、オーランパーク、
      サーファーズパラダイス、マンフィールド、ルアプナ 
グループB ダーリントン、バサースト、サニーコーナー、バルバガッロ、プケコヘ

ではグループAから、やはりニュージーランドからチェック、
最初の脱落はマンフィールドに決定、もう1つの脱落は・・・・・・
迷いましたが、イースタンクリークを脱落としましました。
 次にグループB、代表選出時にかろうじて選ばれた、
全長100kmのサニーコーナーがここで脱落しました。

これで現在8コース、オセアニア代表枠は5つなので3コース減らします。
まず脱落したのはネームバリューで残っていたプケコヘ、次に脱落したのは
ダーリントンパーク、ドライビングスクールコースが不利に働きました。
残る1コースは・・・・・・バルバガッロとなりました。

ということでオセアニア代表はいかの5コースとなりました。
アルバートパーク(オーストラリア)、バサースト(オーストラリア)、
オーランパーク(オーストラリア)、サーファーズパラダイス(オーストラリア)、
ルアプナ(ニュージーランド)

今回はアジア代表、アフリカ代表、オセアニア代表を決定しました~
次回は中央・南アフリカ代表を決めたいと思います!

« F1選手権第14戦(決勝)予想大会 | トップページ | コリン・マクレー »

サーキット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« F1選手権第14戦(決勝)予想大会 | トップページ | コリン・マクレー »