2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« 決定戦?! その4 | トップページ | モトGP2007 第15戦日本GP 予選 »

Tire pressure

1つだけですが、タイヤテストをしてみました。

今回テストをしたのはタイヤ・プレッシャー(空気圧)です。
実際の車のセッティングについて何も知らないので、
セッティング関連のHP(少ない!)で調べました。

どうやらレースカーの場合、220kPa位が良いそうですねー
車種によっても異なるとは思いますけどね。

そして、数字が低いほど空気圧が低く、パンクしやすくて、
高いとパンパン、跳ねやすいのだとか・・・
熱は低いと左右から、高いと真ん中から暖まるのだとか。

それを踏まえて、まずは設定できる最低値の120kPaでコースイン。
ちなみにコースは鈴鹿、ミディアムタイヤ、
スタート時のタイヤ温度は20度、路面温度は23.6度です。

少しずつタイヤに熱が入り、空気圧も上がってくると、
アウトラップを終えて1周した時のデータがこのようになりました。

前輪・左・・・外側:75℃、中心:68℃、内側:80℃、空気圧:143kPa
前輪・右・・・外側:81℃、中心:70℃、内側:86℃、空気圧:145kPa
後輪・左・・・外側:93℃、中心:81℃、内側:99℃、空気圧:148kPa
後輪・右・・・外側:92℃、中心:79℃、内側:97℃、空気圧:148kPa

空気圧の説明が書いてあるHP通りの、タイヤの左右から熱が入りました。

次に空気圧を225kPaに設定して走行、路面温度は25.6度まで上昇しています。
こちらも1周目終了時(アウトラップ含めれば2周目ですね)の温度をチェック。

前輪・左・・・外側:62℃、中心:70℃、内側:66℃、空気圧:263kPa
前輪・右・・・外側:70℃、中心:77℃、内側:74℃、空気圧:270kPa
後輪・左・・・外側:73℃、中心:88℃、内側:79℃、空気圧:271kPa
後輪・右・・・外側:73℃、中心:87℃、内側:78℃、空気圧:271kPa

こちらも説明通りに、空気圧が低いとは逆で中心から熱くなりました。

走りにムラがあるし、もっと熱が加わるまで走ればもっと差が出ると思いますが、
このタイヤの熱の上がり方や空気圧の上昇も現実っぽい感じですね!
空気圧の上昇に差がありますが、アウトラップの走りが違うので、
比較すべきではないかもしれません(でも高い方が上がりやすいみたい)。

それで空気圧の設定についてですが・・・分かりません(苦笑)
要するに四輪全てを同じように熱が加わるようにするのがベストなのでしょう。
コンパウンドによっても違うし、メーカーによっても変わってくる、
車種やコース、さらにセッティングや路面温度でも変わってくるのだから、
ベストな空気圧を探すのは走ってみないと分からないでしょうね。
あと予選のように数周しか走らない場合は上がりやすくしたり、
10周、20周と走る場合は少し低めに設定するのも良いのかもしれませんね。

まだまだセッティングは分からないことばかりなので、
いろいろとテストを重ねていこうと思います♪

« 決定戦?! その4 | トップページ | モトGP2007 第15戦日本GP 予選 »

[game]GTR2」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 決定戦?! その4 | トップページ | モトGP2007 第15戦日本GP 予選 »