2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« オリジナルコース10 | トップページ | a moment »

先週末(11/18)のレース

先週末は多くのレースが開催されました。
今日はその中の3つの大会結果を載せようと思います。
・フォーミュラ・ニッポン最終戦 鈴鹿
・WRC第15戦 ラリー・アイルランド
・V8スーパーカーズ第13戦 サイモンス・プレインズ

まずはフォーミュラ・ニッポンから。
ここまでの成績はトレルイエが45P、小暮と松田が41Pで、
チャンピオンはこの3人に絞られています。
それと今回はトニー・カナーンがスポット参戦しました。
<予選>
1 小暮 卓史
2 L.デュバル
3 本山 哲
4 ブノワ・トレルイエ
11 松田 次生
18 トニー・カナーン
19 高木 虎之介

予選で小暮がポールポジションを獲得、
トレルイエは4番手に付けましたが松田は苦しみました。
注目のカナーンは18番手、トラの前でした。

決勝は小暮が良いスタートを切り、トレルイエも2位につけました。
しかし33周目にトレルイエがデュバルと接触しリタイア、
さらに小暮が1度も譲ることなくトップチェッカーを受けましたが、
なんと小暮のマシンが規定に違反していたらしく失格!
優勝は本山となり、松田は4位(5P)でチャンピオンとなりました!
<決勝>
1 本山 哲
2 アンドレ・ロッテラー
3 J.P.デ・オリベイラ
4 松田 次生
5 荒 聖治
6 トニー・カナーン
7 片岡 龍也
8 高木 虎之介
DNF ブノワ・トレルイエ
失格 小暮 卓史

<ドライバーズポイント>
1 46P 松田 次生
2 45P ブノワ・トレルイエ
3 41P 小暮 卓史
4 38P 本山 哲
5 37P アンドレ・ロッテラー
6 31P ロイック・デュバル

<チームポイント>
1 91P mobilecast IMPUL
2 72P PIAA NAKAJIMA
3 50P Arabian Oasis IMPUL
4 48P DHG TOM'S
5 27P BOSS・INGING
6 20P DoCoMo DANDELION

今シーズンは松田次生がチャンピオンに輝き、
IMPULはTEAM IMPULとしては5年連続だそうです!
応援していた高木はポイント獲得できたから良かったかな^^;
来年はもっと好成績を期待したいです。

来シーズンは2レース制になるとか、新しい試みもあるそうですね。
以前は地上波でのレース番組がありましたが今はない分興味も薄れてます。
せっかくの国内最高峰レースなので、盛り上がると良いですよねー


次はWRC、初開催のラリー・アイルランドです。
グロンホルムとローブの激しい争いを見せていますが、
レグ1のSS4、グロンホルムがまたもリタイア!
ローブが安定した速さを見せて優勝となりました!
<結果>
1 S.ローブ  シトロエン
2 D.ソルド  シトロエン
3 JM.ラトバラ フォード
4 M.ヒルボネン フォード
5 P.ソルベルグ スバル
6 G.ウィルクス フォード

<ドライバーズポイント>
1 110P S.ローブ
2 104P M.グロンホルム
3 89P  M.ヒルボネン

グロンホルムがまさかの2戦連続リタイア、
前戦リタイアのローブは今回勝利し一気に逆転!
さらに6ポイントの差を付けたことでチャンピオンに大きく近づきました!
最終戦はイギリス、ラリー・ウェールズは11月30日~12月2日に行われます!


最後にV8スーパーカーズ、第13戦の舞台はタスマニア島にある
サイモンス・プレインズというサーキットで行われました。
<予選>
P No. Drive  Vehicle
1 16  Garth Tander  Holden Commodore VE
2 5  Mark Winterbottom  Ford Falcon BF
3 88  Jamie Whincup  Ford Falcon BF
4 33  Lee Holdsworth  Holden Commodore VE
5 888  Craig Lowndes  Ford Falcon BF
6 6  Steven Richards  Ford Falcon BF
やはりランキング上位が入ってきました。
私の注目はゼッケン88のウィンカップですが、決勝は・・・
今回は3レース、それぞれ50周で競われました。

<レース1>
P No. Drive  Vehicle
1 16  Garth Tander  Holden Commodore VE
2 88  Jamie Whincup  Ford Falcon BF
3 5  Mark Winterbottom  Ford Falcon BF
4 6  Steven Richards  Ford Falcon BF
5 888  Craig Lowndes  Ford Falcon BF
6 1   Rick Kelly  Holden Commodore VE
このレース前までポイントランクトップのタンダーがポールトゥウィン!
ウィンカップは1つ順位を上げ2位でフィニッシュしました!

<レース2>
P No. Drive  Vehicle
1 88  Jamie Whincup  Ford Falcon BF
2 6  Steven Richards  Ford Falcon BF
3 5  Mark Winterbottom  Ford Falcon BF
4 2  Mark Skaife  Holden Commodore VE
5 1  Rick Kelly  Holden Commodore VE
6 888  Craig Lowndes  Ford Falcon BF
タンダーが10位完走と落ちてしまい、ウィンカップが優勝!
フォード・パフォーマンス・レーシングが2-3位フィニッシュ。

<レース3>
P No. Drive  Vehicle
1 88  Jamie Whincup  Ford Falcon BF
2 6  Steven Richards  Ford Falcon BF
3 3  Jason Richards  Holden Commodore VE
4 2  Mark Skaife  Holden Commodore VE
5 888  Craig Lowndes  Ford Falcon BF
6 4  James Courtney  Ford Falcon BF
ウィンカップが2連勝を飾りました!
3位にはJ.リチャーズが浮上、ウィンターボトムは7位、
タンダーはリタイアとなりました。

<ドライバーズポイント>
1 569P Jamie Whincup
2 562P Garth Tander
3 548P Craig Lowndes
4 521P Rick Kelly
5 381P Mark Winterbottom
6 366P Steven Richards
今回68Pを手にしたウィンカップが再びトップに立ちました!
タンダーは2レース目から精彩を欠いたのか、トラブルが起きたのか・・・

残るは最終戦ダンロップ・グランド・ファイナル!
舞台はフィリップアイランドで11月30日~12月2日に、3レース制で行われます。
最大獲得ポイントは72P(のはず)なので、
4位までにチャンピオンの可能性がありますね。
今季最終戦での逆転がいくつも起きているので誰が勝か分かりません。
でもウィンカップを応援しているので、彼の勝利を願ってます☆

« オリジナルコース10 | トップページ | a moment »

モータースポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« オリジナルコース10 | トップページ | a moment »