2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« とうとう・・・ | トップページ | GPL »

決定戦?! その16

サーキット決定戦、今回は本戦の第4予選その2(全3回)です。
今回も映像へのURLを載せて比較していきますね。

今回は最終予選のグループCとDです。

<グループC>
マレーシア代表  セパン国際サーキット
google maps
F1(アロンソ@ルノー)
http://www.youtube.com/watch?v=-AI9U4n21Es

スペイン代表  カタルニア・サーキット
google maps
F1(シューマッハ)
http://www.youtube.com/watch?v=rwJDtmUwurs

アメリカ代表  カロライナ・モータースポーツ・パーク
google maps
F2000?
http://www.youtube.com/watch?v=M5dkpgxC5PI

イタリア代表  モンツァ・サーキット
google maps
FIA GT選手権(ポルシェ)
http://www.youtube.com/watch?v=D--pb-L9XiI

比較的新しいのはセパンとカロライナですね。
セパンはティルケ事務所がデザインを手がけたコースで、
低速コーナーや高速コーナー、長い直線などバリエーションに富んでいます。

カタルニアは長い直線が特徴的ですね。
1つが大きいコーナーが多く、全体的に高速のコース。

カロライナはマイナーなのですが、デザインが気に入りました。
5コーナーからは右コーナーが連続し、
左コーナーがわずか4つなのに右コーナーが11もあるのも特徴ですね。

モンツァは80年以上もの歴史のあるコースだけあって風格があります。
オーバルを含めたレイアウトも、現在のレイアウトもユニークで、
F1では唯一の超高速コースになってしまいましたね。
(数年前までホッケンハイムも超高速レイアウトでしたが)

このグループの通過はこのようになりました。
通過 カロライナ、モンツァ
脱落 セパン、カタルニア
お気に入りの度合いが大きく響きました^^;
セパンはそれほど好きだとは言えないし、
カタルニアはバランスの取れているコースですが、
ありきたりというか、いまいちインパクトが無い感じなのです。
マイナーなカロライナがF1コースを押し出すのはどうかと思うし、
施設面ではカロライナは全く及ばないのですけどね。
でも、走って楽しく感じそうなのはカロライナの方なのです^^;

<グループD>
イギリス代表  ベッドフォード
google maps
ロータス エリーゼ
http://www.youtube.com/watch?v=D52zhm7Dv34

フィンランド代表  アーベニスト
マツダ ロードスター
http://www.youtube.com/watch?v=Pf6zCF0FfEk

メキシコ代表  ファンディドラ・パーク(モンテレー)
google maps
CART2003
http://www.youtube.com/watch?v=OrWLmZTwEYk

オランダ代表  ザンドボールド
google maps
DTM(シュナイダー)
http://www.youtube.com/watch?v=nXsbE2uCs8s
WTCC(ハイライト)
http://www.youtube.com/watch?v=ugGzMjXg_Cg

まずベッドフォード、ここはテストコースですが、
小規模のレースは行われているような感じですね。
ミーティングのようなものは行われているようですし。
テストコースだけにスラロームテストのレイアウトもありますが、
映像のGTレイアウトはとても素晴らしいと感じます。

アーベニストもマイナーですが、非常に変わったコースです。
8の字レイアウトということもそうなのですが、起伏の激しさが大きく、
標高差はバサーストやスパ、ニュル以下なのですが、
3km未満のコースとしては異常なくらいの勾配がありました。
下りはさほど感じませんが、立体交差をくぐった直後の左コーナーが
峠のコーナーそのものといえる勾配だったりと、初めて走るとビックリします。
ちなみに、グーグルマップではアーベニストは低解像度なので載せませんでした。

モンテレーは現在はA1GPのメキシコGPが行われているようです。
CARTを観て知ったのですが、工場が公園内にあるみたいですね^^;
中盤の連続シケイン区間がユニークですが、それ以外でも意外と難しいコースです。
というのも公園なので普段ほとんど使用されず、非常に滑りやすいコースで、
CARTの映像はそういうシーンを集めてありますが、
イエローコーションが何度も起きるくらい、頻繁にコースオフしていました。
抜きにくいコースですが、とても変わったコースだと思います。

ザンドボールドはDTMやWTCCなど国際レースでも使用されているコースです。
レイアウトの見た目以上に高速走行で、ラインの幅も狭く難しいですね。
ランオフエリアも特徴的で、敷地を広げられないために
ランオフエリアの幅が狭い代わりに勾配を付けているのは面白いです。

さて、この4コースでの結果は・・・
通過 モンテレー、アーベニスト
脱落 ベッドフォード、ザンドボールド
ベッドフォードは好きなレイアウトですが、テストコースというのが響きました。
もう1つの脱落は迷ったあげくザンドボールドにしました。
モンテレーはレイアウトがとても気に入っているので通過としたとして、
アーベニストとザンドボールドがどちらかとなりましたが、
もし決勝で他のコースと比べることになった時、ザンドボールドよりも
アーベニストの方が上に行く可能性が高かったので決めました。

次回はいよいよ予選最後、ようやくトップ10が出そろうことになります!

« とうとう・・・ | トップページ | GPL »

サーキット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« とうとう・・・ | トップページ | GPL »