2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« connection lost | トップページ | オリジナルコース10 »

WTCC最終戦マカオ

マカオでの最終戦は大波乱の展開となりました。

Wtcc19a

土曜日にも書きましたが、WTCCはプリオーとY.ミュラーの争いとなっています。
予選はメニューがポール、Y.ミュラーが2番手タイムを出しましたが、
プリオーは12番グリッドに沈みました。

レース1、

Wtcc19b

スタートを完璧に決めたY.ミュラーがトップに立つと、
終始メニューを抑えてトップをキープしました。
しかしあと2周を切った8周目、マシントラブルが発生し、次々抜かれてしまい・・・

Wtcc19c Wtcc19d

そしてラストラップで力尽き、まさかのリタイア!

Wtcc19e

優勝はメニューがポールトゥウィンを飾り、今季5勝目を挙げました!

Wtcc19f

<レース1>
1 A.Menu  Chevrolet Lacetti
2 G.Tarquini  SEAT Leon TDI
3 R.Huff  Chevrolet Lacetti
4 J.Gene  SEAT Leon TDI
5 J.Thompson  Alfa Romeo 156
6 T.Monteiro  SEAT Leon
7 N.Larini  Chevrolet Lacetti
8 A.Priaulx  BMW 320si
26 A.Farfus BMW 320si
27 Y.Muller  SEAT Leon TDI

チャンピオン争いをする2人がノーポイント、
プリオーは1ポイント獲得し、レース2のポールを獲得しました!

<ドライバーズポイント>
1 82P A.プリオー  BMW
2 81P Y.ミュラー  セアト
3 73P J.トンプソン  アルファロメオ
4 71P A.ファルフス  BMW
5 69P A.メニュ  シボレー

ポイントはこのようになっています。
トンプソンが3位に浮上で、上位3人までがチャンピオンの可能性がありますが、
テクニカルトラブルのミュラーはレース2に参加できず、
トンプソンは優勝し、プリオーがノーポイントである必要があります。
さらにプリオーはポールスタートなので、一気に流れが戻ってきました。

レース2、

Wtcc20a

プリオーは完璧なスタートを切ると、同じく良いスタートを切った
トンプソンがピタリと後ろに付いて狙ってきました。

Wtcc20b

しかしラリーニと争ったために差が広がり、プリオーは楽な展開に。
一度もトップを譲ることなくポールトゥウィン!
今季3勝目を挙げ、3年連続のワールドチャンピオン達成となりました!

Wtcc20c Wtcc20d

<レース2>
1 A.Priaulx  BMW 320si
2 N.Larini  Chevrolet Lacetti
3 J.Thompson  Alfa Romeo 156
4 T.Monteiro  SEAT Leon
5 T.Coronel    SEAT Leon
6 R.Rydell  SEAT Leon
7 F.Porteiro  BMW 320si
8 C.Turkington  BMW 320si
21 A.Menu  SEAT Leon TDI

<ドライバーズポイント>
1 92P Andy Priaulx(GBR) 3勝
2 81P Yvan Muller(FRA) 2勝
3 79P James Thompson(GBR) 2勝
4 71P Augusto Farfus(BRA) 2勝
5 71P Nicola Larini(ITA)
6 69P Alain Menu(SUI) 5勝
7 66P Jorg Muller(GER) 2勝
8 62P Gabriele Tarquini(ITA) 1勝
9 57P Robert Huff(GBR) 1勝
10 55P Jordi Gene(ESP) 1勝
11 38P Tiago Monteiro(POR)
12 32P Felix Porteiro(ESP) 1勝
13 29P Tom Coronel(NED)
14 15P Luca Rangoni(ITA)
15 14P Alessandro Zanardi(ITA)
16 13P Rickard Rydell(SWE) 1勝
17 6P Roberto Colciago(ITA)
18 3P Michel Jourdain(MEX)
19 3P Pierre-Yves Corthals(BEL)
20 1P Fredrik Ekblom(SWE)
20 1P Sergio Hernandez(ESP)

というわけでプリオーのハットトリック(3年連続チャンピオン)となりました!

Wtcc20e

昨年総合4位のYミュラーが総合2位、
昨年総合2位のJミュラーは総合7位に後退しましたね。
優勝者は昨年と同じく11人、F1だと今年2チーム4人しか優勝者はなく、
いかにマシンが重要かを感じさせますが、
WTCCでは多くのドライバーにチャンスがあるので良いですね。

<マニュファクチャラーズポイント>
1 255P BMW
2 249P セアト
3 218P シボレー
4 124P アルファロメオ

後半セアトが一気に差を縮めていきましたが、
最後にプリオーが勝利したことでBMWがチャンピオンを物にしました。
逆にセアトはレース1ではタルキーニが2位に入り、
この時点で2ポイント差となりましたが、あと一歩及びませんでした。
アルファロメオだけポイントが少ないのですが、台数が少ないのです^^;
なお、インディペンデント・トロフィーというタイトルもあるのですが、
その結果は公式HPをご覧下さい。

さて、来年のWTCCはなんと日本にやってきます!
来年のカレンダーはこちら。
Rd01-02 ブラジル、クリティバ
Rd03-04 スペイン、バレンシア
Rd05-06 フランス、ポー市街地
Rd07-08 チェコ共和国、ブルーノ
Rd09-10 ポルトガル、エストリル
Rd11-12 イギリス、ブランズハッチ
Rd13-14 ドイツ、オッシャースレーベン
Rd15-16 スウェーデン、アンダーストープ
Rd17-18 イタリア、モンツァ
Rd19-20 日本、岡山国際サーキット
Rd21-22 中国、マカオ市街地

ポルトが外されエストリルに変わったので、市街地コースは2つになりました。
そしてなんと言っても岡山にWTCCがやってくるのは嬉しいですね!
岡山・・・かなり遠い(汗)
国内で行われるのでTV放送もあるかもしれません。
出来れば地上波全国放送でフルシーズン放送して欲しいんですけどね~
来年はもっと楽しみなレースになると期待したいと思います♪

« connection lost | トップページ | オリジナルコース10 »

[motorsports] WTCC」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« connection lost | トップページ | オリジナルコース10 »