2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« オリジナルコース14 | トップページ | 気持ち悪い車 »

2007 FJ日本一決定戦

遅くなりましたが、先日行われたFJ1600の日本一決定戦の結果です。

今年からはスーパーFJも加わったようで、
一層FJ1600はキツイ状態になったかもしれませんね。
さらに路面はウェットで、難しい状況であったようです。
なお今年は鈴鹿の東ショートコースで行われました。

第1レグの予選のAグループはスーパーFJ鈴鹿代表の塚田光彦選手、
上位にスーパーFJが並ぶ中で総合3番手にFJ1600もてぎ代表の仁木圭之選手が入りました。
決勝はスーパーFJの野間一選手(予選2番手)がポールの塚田選手を破り優勝!
FJ1600では鈴鹿代表の北野和行選手(予選7番手)が総合4位でした。

BグループはスーパーFJの大野浩太郎選手がポールを獲得、
2番手松本武士選手との差は100分の1秒という接戦でした。
総合3番手にFJ1600筑波代表の秦野耕太郎選手が入っています。
決勝は予選2番手の松本武士選手が勝利、
FJ1600では秦野選手がトップを守り総合3位でした。

Cグループは応援している中上さんがこの組に入っています。
予選は1~4番手までスーパーFJが入り、澤紀彦選手がポールを獲得、
4番手に女性ドライバーの神子島みか選手が入っていますね。
FJ1600では磯貝尚緒選手がクラストップでした。
そして我らが中上さんは総合12番手タイムと苦戦したようです。
決勝はスーパーFJがトップ5までを独占、優勝は予選2番手の奈良竜一選手でした!
FJ1600でのトップは松尾二朗選手、中上さんは総合12位で、
第2レグ通過条件の上位14位に入りました。

敗者復活では決勝15以下だったドライバー達で競われます。
敗者復活での勝者は小島靖弘選手で、18人が通過しました。

第2レグではグループ通過の42人と敗者復活から通過した18人の60人が、
2つのグループに分かれて競います。
ここでは上位10位、敗者復活でも10位までの合計30人が決勝に進むことになります。

AグループはCグループ勝者の奈良選手がポールを獲得しました。
第1レグは10周でしたが、第2レグでは12周で行われた決勝、
奈良選手がポールトゥウィンを決めました!
FJ1600のトップは総合5位で磯貝尚緒選手でした。

Bグループに中上さんが入りましたが、第1レグの順位が響き17番グリッドからのスタート、
ポールは第1レグBグループ勝者の松本選手でしたが、
決勝は2位に6秒の差を付けてポールトゥウィン!
FJ1600でのトップは松尾二朗選手、中上さんは苦しい戦いとなり18位フィニッシュで、
敗者復活に回ることになりました。

敗者復活ではポールはFJ1600の上住道人選手となりました。
2~4位までスーパーFJでしたが、2位の神子島選手を抑えきってのポールトゥウィンでした!
中上さんは残念ながら追突が原因でのリタイアとなってしまいました。
でもレース経験の少なさからすれば今回の結果は悪いものではなかったと思います^^

ファイナルの決勝は15周で競われます。
<グリッド トップ10>
1 22 S-FJ  松本 武士
2 2 S-FJ  奈良 竜一
3 12 S-FJ  塚田 光彦
4 4 S-FJ  大野 浩太郎
5 21 S-FJ  太田 浩
6 6 S-FJ  三浦 純
7 69 FJ1600  松尾 二朗
8 8 S-FJ   野間 一
9 83 FJ1600  秦野 耕太郎
10 90 FJ1600  磯貝 尚緒

やはりスーパーFJが上位グリッドに並びました。
FJ1600としてはクラスでのトップを目指すのみですね。

<決勝 トップ10>
1 22 S-FJ  松本 武士   13:37.948
2 12 S-FJ  塚田 光彦   + 6.308
3 7 S-FJ  大野 浩太郎   + 9.536
4 43 S-FJ  三浦 純   + 21.376
5 69 FJ1600 松尾 二朗   + 22.984
6 21 S-FJ  太田 浩   + 23.369
7 39 S-FJ  野間 一   + 25.152
8 90 FJ1600 磯貝 尚緒   + 27.505
9 73 S-FJ  神子島 みか   + 29.754
10 87 S-FJ  小山  圭   + 31.367

というわけで、岡山の松本武士選手がポールトゥウィンを果たし、日本一となりました!
FJ1600では松尾二朗が総合5位でのクラス優勝です!

FJ1600は、優勝する可能性の高いと思った数人は苦戦した感じでした。
スーパーFJが混ざっていて、クラスでの順位を上げるにも
スーパーFJを抜く必要があったため、グリッドが大きく左右してしまいましたね。
第1,第2レグの結果も大きな影響があったようでした。

今年は後半数戦しか注目しなかったので来年は開幕戦からFJ1600に注目していきたいです^^
中上さんにも期待して・・・表彰台の一番高いところを目指して欲しいです☆

« オリジナルコース14 | トップページ | 気持ち悪い車 »

[motorsports] 国内のレース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« オリジナルコース14 | トップページ | 気持ち悪い車 »