2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« レース・オブ・チャンピオンズ | トップページ | Ahvenisto »

Mount Panorama

ゲーム映像で見る世界のサーキット、第1弾はマウントパノラマです☆

今回はGTR2でのマウント・パノラマ、バサーストです。

走行動画(3.8MB)
リプレイ動画(3.8MB)

今回は上手く走れなかったのでAIが操作した様子です^^;
マシンはオーストラリアV8スーパーカーズの2006年マシンで、
今季総合2位のフォード・ファルコンを操るウィンカップのマシンを使用。
オーストラリアは日本と同じく左側通行のようで、ハンドルも右側です☆

映像を見て貰えれば分かるように、もの凄い起伏や激しいうねりで、
しかもランオフエリアも狭いことで非常に難しいコースです。

全長6.2km、1コーナーの直角コーナーを抜けると、
マウンテンストレートと呼ばれる起伏のある長いストレートがあり、
一旦下ったあとに再び上りながら次の右コーナーへ。
ここからは急な上り坂と連続コーナーが続き、
登り切った先にはすぐに今度は急な下りと連続コーナーが待ちかまえます。
この2コーナーからバックストレート手前までの区間の多くは
ほとんどランオフエリアが無く、さらにウォールも迫っていることで、
少しのミスがリタイアに繋がってしまいます。

バックストレートのコンロッド・ストレートからシケインへ向かいますが、
シケイン手前にある緩やかな右へのカーブがまた厄介で、
300km/h近く出る状態でのこのコーナーは非常に難しいですね。
たとえ曲がれたとしてもすぐにシケインへのフルブレーキを行うので、
荷重が変にかかっていると、全くいうことを聞いてくれません^^;

このコースをレースでは、日本のスーパーGTでいう「鈴鹿1000km」のように、
「バサースト1000km」が行われ、この危険なコースを161周、
約6時間半に渡って行われるのです。
鈴鹿はちょっとコースオフしても戻れる場合が多いですが、
バサーストではそうはいかないというコーナーばかり^^;
さすがにこのレースに限っては2ドライバーで行われますが、
それでも過酷であることにかわりはないですね。

ちなみに今年の予選ベストタイムはM.ウィンターボトム(フォード)の
2:07.0908、GTR2でこのタイムが出るか分かりませんが、
チャレンジしてみると面白いかもしれませんね^^

« レース・オブ・チャンピオンズ | トップページ | Ahvenisto »

サーキット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« レース・オブ・チャンピオンズ | トップページ | Ahvenisto »