2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« Track IR 4Pro | トップページ | 絵文字 »

レース日記#050

DTM第8戦はツェルトウェグにあるA-1リンクで行われました。

Race0608a

予選はまずまずの走りが出来トップタイムを記録しました。

Race0608qf1a

しかしスーパーポールではミスをしてしまい、3番手タイム、
ポールはアルバースが奪いました。

Race0608qf2a

決勝は40周、苦手なコースですが、出来る限りがんばることにしました。

ドライバー視点のダイジェスト動画(20.6MB)

スタートは上手く行き、1コーナーで追突されたもののトップに浮上、
順調にいきそうな感じでしたが、ベルガー・コーナーで差が無くなり、
最終コーナーで抜かされてしまいました。
しかし2周目の1コーナーでトップを奪い返しました。
1コーナーで接触しているライバルを尻目に差を広げました。

一定の距離を保っていた後ろの車が8周目の2コーナーでコースオフ!
これでだいぶ差が離れましたが、まだまだ油断は出来ません。
15周目終了時にルーティンピットに向かい、コースに戻ると17位まで後退、
前後にライバルがいますが、大きな接触だけはしないように気をつけて走行、
それでも接触をしてしまい、20位に後退してしまいました。
17周目の2コーナー先で2台を抜きましたが、再びリンドットで接触、
18周目に抜かれた車を抜き返し18位、
ライバルがこの周にピットに向かい始めたので11位にアップ、
19周目に7位、20周目に3位に上がり、22周目にトップに戻りました。

再び後ろとの差が少し開いた状態での単独走行が続きましたが、
周回を重ねていくと少しずつ差が縮まってきました。
30周目での差は5秒前後でしたが、34周目3秒程度というように迫ってきて、
徐々にその姿が見える時間の方が多くなってきました。

36周目、1ミスをしたらすぐにでも入れ替わりそうな差になってきました。
最終コーナーでは真後ろに迫ってきましたが抑えきり、
37周目も同じように迫られましたが、なんとかトップをキープ、
38周目、残り3周を切り、全力で走ることと抑えきることを考えました。
最終コーナーで少し追突されましたが、抜かされずにすみました。
39周目、ゲルハルト・ベルガーで差が縮まり、リンドットで抜かれてしまいました。
ラストラップ、必死に追いかけ、2コーナーでミスしていたところを交わし
再びトップに立ちましたが、まだまだ差は僅かで油断できません。
ベルガーを抜けてシフトアップする時にまさかのクラッチミス!
差が縮まり、再びリンドットで追突されてしまい2台に抜かれてしまいました。
最終コーナー立ち上がりで追いつきましたが、抜き返せませんでした。

Race0608b

最後に2台に抜かれましたが、片方は周回遅れだったので2位フィニッシュでした。
しかしあともう少しで優勝できたのでかなり落ち込みました(涙)
しかもその相手がシュナイダーでしたしね・・・負けてはいけない相手なのに。
なお今回の走行動画は1~8、36~40周の映像となっています。

Race0608e

ドライバーズポイントはトップがシュナイダーで49P、次に48Pで私・・・
最後やられなければ順位が逆だったんですけどねー。。。
3位にアレジで46P、4位ファスラーで44P、5位アルバースで41P、
依然5人の差は僅かで、まだまだ分かりませんね。

次戦はオランダのザンドボールト、1ポイントでも多く取って、
開幕戦で勝利した最終戦ホッケンハイムに繋げたいです!

« Track IR 4Pro | トップページ | 絵文字 »

レース日記」カテゴリの記事

コメント

迫力のあるレース内容ですね~今、仕事場からカキコしているのでレース映像を見れませんが、相当白熱のレースを展開されてたんでしょうね(^皿^)帰って映像見るのが楽しみですよ☆

最後に抜かれてしまったのは仕方ないですが、まだチャンピオン争いはチャンス十分です!

ちなみに裏設定として、表彰台で握手を求めてきたシュナイダーと一瞬目を合わせましたが、
それ以降の会話には一切目を合わせず、生返事で答えたくらい悔しさで一杯でしたweep
最後で抜かれたことに監督にも怒られたし・・・
次戦ではなんとかシュナイダーには勝ちたいですsign01

ほほっw一触即発ですね(^^:)
しかし、シュナイダーも最後でぶつけて来るとはやってくれますね~ひょっとして、最後に絡んだ周回遅れもメルセデスだったんじゃないですか?チャンピオン争いをしている同社のドライバーの援護射撃だったりして(爆)
ザントフールトでも、後ろは気を付けといた方が良いかも知れませんね・・・

たしかに、周回遅れはメルセデス(アルバース)でした^^;
というか、総合5位まで私以外全てがメルセデスですよgawk
さすが「銀河集団」といったとこでしょうか^^;

今年(当時)のオペルはポテンシャル的には、かなり厳しいマシンでしたから、そんな中、孤軍奮闘チャンピオン争いをしてい青葉さんは、通常であればそれだけで注目されますね(^^:)

そうなんですか~
まぁその注目もあって来期は・・・っと、口を滑らせるところでしたsweat01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Track IR 4Pro | トップページ | 絵文字 »