2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« オリジナル市街地コース 大阪編 | トップページ | リカバリ »

V8スーパーカーズ 第1戦

オーストラリアのV8スーパーカーズが開幕しました!
開幕戦は例年どおり、アデレードでの「クリプサル500」です。
(画像はすべてクリックすると拡大します)
2008v8rd01a

一応簡単にV8スーパーカーズを説明しておくと、
オーストラリアを中心に行われるツーリングカーレースで、
日本で言うとスーパーGTのようなレースと思って貰えるといいかもしれません。
ただ決定的に違うのは、接触をも厭わないレースの激しさでしょう。
コーナーをサイドバイサイドで走るとき、完全に接触させて走ったり、
テールトゥノーズ状態も、ピッタリとくっつくシーンもあるほどですから。

2008v8rd01b

2008v8rd01c

使用するマシンはホールデン(豪)のコモドアと、フォード(豪)のファルコンで、
市街地コースや筑波並みのショートコース、バーレーンで走り、
レース距離は主に300~500を2か3レース制によって行われます。
ハイライトは「バサースト1000」と呼ばれる1000kmレースで、
このレースに限りドライバー交代が可能になります。
言ってみればスーパーGTの「鈴鹿1000km」のようなレースですね^^

今年は15レースが予定されていますが、アルバートパークでのレースは
非選手権レースなので、全14戦で競われます。

さて、開幕戦の舞台は1995年までF1で使用されていたアデレード市街地コースです。
予選はF1のようにノックアウト方式によって行われます。
<予選>
P Car Driver(Vehicle)
1 88 J.ウィンカップ(フォード)
2 4  J.コートニー(フォード)
3 5  M.ウィンターボトム(フォード)
4 1  G.タンダー(ホールデン)
5 18 W.デビソン(フォード)
6 888 C.ロウンデス(フォード)

昨年覇者のタンダーはトップから0.3629秒遅れの4番グリッド、
そのチームメイトは14番手に沈みました。
昨年総合2位で私の応援しているジェイミー・ウィンカップがポール!
そのチームメイトのロウンデスはサード・ロウでした。

決勝は2レース制で各78周、レース1は土曜日に行われました。

2008v8rd01d

スタートでやや出遅れたウィンカップが最初のコーナーまでに3位に後退、
タンダーが2位にあがり、すぐさまトップに立ちましたが、
5周目にはコートニーが抜き返しました。

45周目?にコートニーとJ.リチャーズがシケインで接触!

2008v8rd01e

コートニーはタイヤのラバーが剥がれてしまいピットイン、
これで戦線離脱してしまいました。

2008v8rd01f

68周目、P.ダンブレルとR.ケリーが接触!

2008v8rd01g

残り10周となったところでセーフティーカーが入りました。

2008v8rd01h

71周目、ウィンカップがチームメイトのロウンデスを抜き2位、

2008v8rd01i

75周目にウィンターボトムを抜き、そのままチェッカーを受けました!

2008v8rd01j

2008v8rd01k

<レース1>
P Car Driver(Vehicle)
1 88 J.ウィンカップ(フォード)
2 5  M.ウィンターボトム(フォード)
3 888 C.ロウンデス(フォード)
4 33 L.ホールズワース(ホールデン)
5 6  S.リチャーズ(フォード)
6 17 S.ジョンソン(フォード)
7 18 W.デビソン(フォード)
8 15 R.ケリー(ホールデン)

終始リードを許したウィンカップでしたが、ラスト3周でトップに立ったのは見事。
ロウンデスが3位に入り、チーム・ボーダフォンは1-3フィニッシュで、
レース1は最高の結果となりました。


日曜、午前にウォームアップを行い、レース2は午後に行われました。

2008v8rd01l

スタートでウィンカップはウィンターボトムに先行されましたが、

2008v8rd01m

20周目にオーバーテイク!

2008v8rd01n

27周目にはルーティンピットを行いました。

2008v8rd01o

56周目、ウィンターボトムとロウンデスが接触しクラッシュ!

2008v8rd01p

ロウンデスは反対側まで行きコートニーが巻き込まれて3台がリタイア、
このクラッシュによってセーフティーカーが入りました。

ウィンカップはトップを守りきってチェッカーフラッグ、
2レースともポールトゥウィンを決めました!

2008v8rd01q

2008v8rd01r

<レース2>
P Car Driver(Vehicle)
1 88 J.ウィンカップ(フォード)
2 33 L.ホールズワース(ホールデン)
3 14 C.マクコンヴィル(ホールデン)
4 7  T.ケリー(ホールデン)
5 9  S.ヴァン・ギスバーゲン(フォード)
6 15 R.ケリー(ホールデン)
7 51 G.マーフィー(ホールデン)
8 3  J.リチャーズ(ホールデン)

ウィンカップのダブルスコアとなりました。
昨年チャンピオンのタンダーはレース1で23位、レース2でも19位とふるわず、
昨年総合2位のウィンカップは最高の出だしとなりました。

<ドライバーズポイント>
1 300P Jamie Whincup
2 258P Lee Holdsworth
3 192P Rick Kelly
4 186P Steven Johnson
5 180P Todd Kelly
6 180P Shane Van Gisbergen
19 84P Garth Tander

今シーズンからドライバーズポイントが変わりました。
昨年は優勝すると1ラウンド最大72ポイント(3レース制の場合は24P*3Race)でしたが、
今シーズンは1ラウンド最大300ポイントとなりました。
3レース制の場合、1位は100P、2位92Pで3位~6位は6ポイントずつマイナス、
7位~10位は4ポイントずつ減り、11位~30位は2ポイントずつ減、30位は10Pとなります。
2レース制の場合は3レース制の1.5倍、1レース制の場合は3レース制の3倍なので、
今回は2レース制だったから優勝したウィンカップは150+150で300、
ホールズワースは120+138で258となっています。
しかし・・・シーズン終了時には3000とか4000ポイントになりそうですね^^;

<チームポイント>
1 429P Team Vodafone
2 330p Garry Rogers Motorsport
3 330p Tasman Motorsport
4 309p Ford Performance Racing
5 282P Jim Beam Racing
6 249P Brad Jones Racing
7 237P Stone Brothers Racing
8 222P Jack Daniels Racing
9 222P Toll Holden Racing Team
10 192P Fujitsu Racing

ウィンカップはチーム・ボーダフォン、昨年覇者のタンダーはトール・ホールデン。
日本企業の富士通・レーシングは気になるチームですね^^

次戦はシドニーのイースタンクリーク・レースウェイでの3レース制、
3月7~9日に行われます。

« オリジナル市街地コース 大阪編 | トップページ | リカバリ »

[motorsports] V8 Supercars」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« オリジナル市街地コース 大阪編 | トップページ | リカバリ »