2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« オリジナル市街地コース 石川編 | トップページ | レース日記#054-4 »

レース日記#054-3

レース日記の4年目、FIA GT選手権の開幕戦決勝が行われました!
今回は決勝の前半までです~

Race0701_00

決勝前のウォームアップは15番手タイム・・・
この結果を見てオートクラッチの設定をオンにすることにしました(汗)
本当はクラッチ操作有りで走るつもりだったんですけどね。
でもブレーキは左足で踏みません^^;

<ウォームアップ>
P   No  Cl   Driver              Car                     Time
1   2   GT   L.Capellari        Ferrari 550 Maranello   1:44.007
2   1   GT   M.Bobbi            Ferrari 550 Maranello   1:44.055
3   8   GT   M.Ramos            Saleen S7-R             1:44.211
4   4   GT   W.Lechner          Saleen S7-R             1:44.260
5   7   GT   T.Erdos            Saleen S7-R             1:44.316
6   13  GT   E.Naspetti         Ferrari 575 GTC         1:44.411
7   3   GT   E.Calderari        Ferrari 550 Maranello   1:44.747
8   17  GT   K.Wendlinger       Ferrari 575 GTC         1:44.820
9   11  GT   F.Babini           Ferrari 575 GTC         1:45.051
10  28  GT   P.Ruberti          Saleen S7-R             1:45.086
11  18  GT   B.Longin           Ferrari 575 GTC         1:45.529
12  27  GT   J.Campbell-Walter  Lister Storm            1:45.555
13  14  GT   P.Pearce           Lister Storm            1:45.569
14  19  GT   A.Gosse            Ferrari 575 GTC         1:45.913
15  5   GT   R.Kanjalur         Saleen S7-R             1:46.351
16  9   GT   V.Hillebrand       Chrysler Viper GTS-R    1:47.750
17  10  GT   A.van der Zwaan    Chrysler Viper GTS-R    1:49.177
18  62  NGT  C.Pescatori        Ferrari 360 GTC         1:51.399
19  50  NGT  S.Ortelli          Porsche GT3-RSR         1:51.428
20  99  NGT  L.Luhr             Porsche GT3-RSR         1:51.598
21  77  NGT  A.Vasiliev         Porsche GT3-RSR         1:52.562
22  56  NGT  A.de Castro        Porsche GT3-RSR         1:55.263
23  69  NGT  G.Ried             Porsche GT3-RSR         1:55.426

FIA GT選手権では設定された周回数または3時間耐久で行われます。
(スパでのレースだけは24時間耐久レース)
決勝前にドライバー交代のタイミングなどの打ち合わせを行いました。
周回数が87周なので、平均2分であっても3時間以下ですから、
ピットストップは87周に合わせた回数とタイミングに決まりました。

スターティングドライバーは私、3ストップのストラテジーに決まり、
交互に運転するのでチェッカーを受けるのはチームメイトになりました。

いよいよスタートの時、
セーフティーカー先導の下、フォーメーションラップに入りました。
タイヤはミディアムなので、本当は熱を入れたいところですが、
耐久力を考えて摩耗させないように走行しました。

セーフティーカーがピットに向かい、6番グリッドのウェンドリンガーを確認、
隊列が整っていることを確認出来たらグリーンフラッグのタイミングに集中、
まずまずのスタートを切って1コーナーへ、

Race0701_01

イン側のウェンドリンガーを牽制し5位キープでロッジアへ、

Race0701_02

ラモスをインから攻めたら、軽く接触しただけですがスピン!
そのままクルッと回してすぐ復帰しましたが12位に後退してしまいました。

Race0701_a

3周目の1コーナーでピアースを、ロッジアでロンギンを抜いて10位、

Race0701_b

4周目にルベルティをロッジアで抜いて9位、

Race0701_03

さらにパラボリカでナスペッティの背後についてスリップを使いましたが、
コーナリング重視の設定のためか、横に並ぼうとした途端に遅れてしまいました。

Race0701_04

しかしブレーキング勝負で上回ってオーバーテイク成功!

Race0701_05

6周目にはカルデラーリをアスカリで抜いて7位まで上がりました。

Race0701_06

(周、タイム、順位)
0  -:--.---  5
1  1:57.711  12 START
2  1:46.452  12
3  1:45.628  10
4  1:45.950  8
5  1:45.162  7
6  1:45.587  7
しかし7周目、抜いた車はピタリと背後に付いて狙ってきます。
(思いっきり牽制されて一瞬たりとも気を緩められず)

Race0701_07

9周目、前に追い付き1コーナーでエルドスを攻めましたが抜けず、

Race0701_08

しかし立ち上がりの加速で並んで、ビアッソーノで上回りました。

Race0701_09

パラボリカではピッタリと迫られ1コーナーで大接近しましたが、

Race0701_10

前の周で抑えられたように私もキープ、

Race0701_11

ロッジア出口で一瞬フラッとしたためにレズモ1でやられそうになりましたが、
ここでも抑えきりました。

Race0701_12

そして目の前のラモスをレズモ2の立ち上がりで抜いて5位に上がりました。

Race0701_13

7  1:45.472  7
8  1:45.511  6
9  1:46.446  5
10 1:45.335  5
11周目、先ほど抜いた2台がコンマ5秒内にひしめく中、
集中力を保って抑えきりましたが、

Race0701_14

12周目のパラボリカで、バックマーカーにヒヤッとさせられました。

Race0701_15

大きな影響もなく13周目、1コーナーでウェンドリンガーを抜いて4位、

Race0701_16

14周目、1コーナーで今週末で初の1コーナー出口でハーフスピン!

Race0701_17

ウェンドリンガーに抜き返されてしまいました。
11 1:45.631  5
12 1:46.110  5
13 1:49.055  4
14 1:45.416  5
15 1:45.908  5
16 1:46.437  5
17周目、3台の真ん中を走る接近戦で難しい状態でしたが、

Race0701_18

レズモを回るとバックマーカーが2台現れました。
このバックマーカーを上手く利用してアスカリで4位に浮上、

Race0701_19

19周目、前との差は3秒ほどなので追いつきたいところですが、
バックマーカーに少し手間取って後ろから迫ってきました。
20周目、ロッジア出口で僅かに滑ってしまい、
ウェンドリンガーがレズモ1で抜きに来ましたが、なんとかセーフ、
しかし縁石を僅かに超えてダートに入ってしまい失速、再び5位に落ちました。

Race0701_20

それでもしっかりと付いていき、21周目の1コーナーで抜き返しました。

Race0701_21

17 1:45.493  4
18 1:46.875  4
19 1:47.794  4
20 1:45.895  5
21 1:45.895  4
各車1回目のピットインのタイミングとなりました。
22周目にレクナーが、翌周にカペラッリが入り2位に上がりました。
こういう時にペースを上げたいところですが、
タイヤの摩耗が激しくなってきてタイムが上がらず、
逆に後ろから迫ってきました。
25周目、バックマーカーの処理で若干後ろとの差が広がり、
この周の終了時にトップ走行中のボッビがピットイン、
暫定的なものですが、このシリーズ初のトップに立ちました!
26周目、燃料もなくなりピットイン、
後ろに迫っていたウェンドリンガーも同時にピットインしていました。

Race0701_22

燃料は100L、チームメイトのバーテルスに交代してピットアウト、

Race0701_23

ウェンドリンガーとの順位は変わらず、5位でコースに復帰しました。
22 1:45.625  3
23 1:46.952  2
24 1:47.160  2
25 1:47.601  1
26 3:12.226  5 PIT
28周目、ルーティンを済ませていない1台がピットに向かい、
4位に上がりましたが、ペースが上がらない様子で後ろが接近、
そして30周目の1コーナーでエルドスに抜かれる様子を
ピット内のモニターで見ていました。

Race0701_24

バックマーカーにも引っかかり少し離されかけましたが、
31周目に46秒台に入れて前と接近、
32周目にレズモ2で仕掛けましたが、その為に加速が悪くなり、
後ろのウェンドリンガーに隙を突かれて6位に後退してしまいました。

Race0701_25

33周目、ウェンドリンガーを攻め立てるが抜けず、
34周目にはさらに後ろが迫ってきて4台の争いとなりました。
35周目、パラボリカで並ばれそうになりましたが、
軽く接触しながら順位をキープ、
バーテルスも数周に渡って前に揺さぶりをかけていました。
38周目、とうとうアスカリでエルドスをオーバーテイク!

Race0701_26

少し差が開いたウェンドリンガーを再び追いかけます。
27 1:51.854  5
28 1:47.751  4
29 1:49.125  4
30 1:49.826  5
31 1:46.524  5
32 1:47.943  6
33 1:47.681  6
34 1:48.144  6
35 1:51.506  6
36 1:48.397  6
37 1:46.579  6
38 1:47.788  5

今回はここまでです~
次回は39周目から、激しい展開はこの後も続きます^^

« オリジナル市街地コース 石川編 | トップページ | レース日記#054-4 »

レース日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« オリジナル市街地コース 石川編 | トップページ | レース日記#054-4 »