2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« レース日記#054-4 | トップページ | モトGP第5戦フランスGP »

レース日記#054-5

FIA GT開幕戦は2時間を過ぎ、いよいよ終盤に入ってきました。
(前回の決勝の続きです~)

Race0701_37

第1スティントよりも遅い46秒台を入れながらも5位をキープ、
前を追いかけますが、後ろとの差は広がらずに厳しい状態が続きました。
(周、タイム、順位)
65 1:46.146  5
66 1:46.224  5
67 1:46.475  5
68 1:46.905  5
69 1:46.654  5
70 1:46.757  5
71 1:47.393  5
72 1:45.936  5
73 1:56.530  5
74周目にカペラッリが、75周目にレクナーがピットに向かい3位に、
78周目にボッビがピットに入り2位、
この時点でトップはウェンドリンガーで差は11.5秒にまで広がっていました。
80周目、私も最後のピットイン、なんとまたウェンドリンガーと同タイミングでした^^;

Race0701_38

完走出来る量に少し余分に燃料を積んで、ドライバー交代しピットアウト、
ピット作業の時間は今までに比べてかなり速かったのですが、
ウェンドリンガーを抜くことは出来ず、しかし差は縮まりました。
コースには7位で復帰、あとはチームメイトのバーテルスに任せます。
74 1:46.415  4
75 1:46.272  3
76 1:46.833  3
77 1:49.205  3
78 1:47.533  2
79 1:47.670  2
80 2:57.195  7 PIT
81周目にナスペッティがピットに入り6位、
82周目にチームのベストタイムである44秒台で猛追しますが、
バックマーカーにも遭い83周目は遅れて差がまた広がります。
マシンを降りた私はタイミングモニターを見てみると、
気になったのがピアースの存在・・・
そういえば2度目のピットインが58周目だったのです。
86周目、さらにタイムを上げラストラップ、
43秒台の予選アタックを見せましたが、6位でチェッカーを受けました。

Race0701_39

81 1:49.629  6
82 1:44.548  6
83 1:47.203  6
84 1:45.884  6
85 1:46.997  6
86 1:44.379  6
87 1:43.566  6 FINISH

まさかピアースが2ストップで来るとは思ってなかったです^^;
結局スターティンググリッドから1つ順位を落としての6位フィニッシュ、
ウェンドリンガーとの最終的な差は8秒で、
せっかく最初のピットインまで上回っていたのに、最後には負けてしまいました。
ミスも多かったし、チームメイトはトラフィックによってタイムを落としたし、
全てが最低でも46秒台なら勝てたとか言っても無意味ですからね。
ポイント圏内で完走出来たので何よりです☆

<決勝>
P   No  Cl   Driver              Car                  Lap  Time
1   2   GT   L.Capellari        Ferrari 550 Maranello  87  2:38:49.483
2   1   GT   M.Bobbi            Ferrari 550 Maranello  87  +     3.773
3   4   GT   W.Lechner          Saleen S7-R            87  +     3.947
4   14  GT   P.Pearce           Lister Storm           87  +    12.093
5   17  GT   K.Wendlinger       Ferrari 575 GTC        87  +    40.420
6   5   GT   M.Bartels          Saleen S7-R            87  +    48.447
7   3   GT   E.Calderari        Ferrari 550 Maranello  87  +    53.229
8   8   GT   M.Ramos            Saleen S7-R            87  +    53.519
9   13  GT   E.Naspetti         Ferrari 575 GTC        87  +  1:05.020
10  18  GT   B.Longin           Ferrari 575 GTC        87  +  1:14.146
11  7   GT   T.Erdos            Saleen S7-R            87  +  1:14.562
12  11  GT   F.Babini           Ferrari 575 GTC        87  +  1:15.975
13  28  GT   P.Ruberti          Saleen S7-R            87  +  1:22.595
14  19  GT   A.Gosse            Ferrari 575 GTC        86  +    1 Lap
15  27  GT   J.Campbell-Walter  Lister Storm           86  +    1 Lap
16  9   GT   V.Hillebrand       Chrysler Viper GTS-R   85  +    2 Laps
17  62  NGT  C.Pescatori        Ferrari 360 GTC        83  +    4 Laps
18  50  NGT  S.Ortelli          Porsche GT3-RSR        83  +    4 Laps
19  10  GT   A.van der Zwaan    Chrysler Viper GTS-R   82  +    D N F
20  99  NGT  L.Luhr             Porsche GT3-RSR        82  +    5 Laps
21  77  NGT  A.Vasiliev         Porsche GT3-RSR        82  +    5 Laps
22  56  NGT  A.de Castro        Porsche GT3-RSR        80  +    7 Laps
23  69  NGT  G.Ried             Porsche GT3-RSR        79  +    8 Laps

ドライバーズポイントはF1と同じように入ります~
そして上位3名にはウェイトハンディが加算、
5位以降には軽減されると思いますが、マイナスにはなりません。
なお、N-GTのポイントは省きますね^^;

<ドライバーズ・ポイント>
1  10P 40kg  Cappellari/Gollin
2  8P  30kg  Bobbi/Gardel
3  6P  20kg  Lechner/Seiler/Konrad
4  5P        Coronel/Knapfield/Pearce
5  4P        Wendlinger/Wolff/Lechner
6  3P        Bartels/Kanjalur
7  2P        Calderari
8  1P        Goodwin/Ramos

所属するVitaphone Racing Teamは1台体制なので、
チームチャンピオンに輝くことはまず無いでしょう。
しかし・・・昨年チャンピオンのBMSスクーデリアが強そう・・・

<チーム・ポイント>
1  18P  BMS Scuderia Italia
2  6P   Konrad Motorsport
3  5P   Lister Racing
4  4P   JMB Racing
5  3P   Vitaphone Racing Team
6  2P   Care Racing Development
7  1P   Ray Mallock Limited

レース後のインタビューにて

:初参戦6位という結果でしたね。
「もう少し上を目指したのですけど、
スタート直後のスピンや中盤でのクラッシュが響きました。」
:多くのオーバーテイクを見せて貰いました!
「コーナリング重視だったのでストレートで抜くのは難しかったですけど、
 何度かは上手く抜くことが出来ました。」
:中盤に起きたクラッシュは何が起きたのですか?
「多分前のマシンのブレーキランプが壊れていたのだと主ます。
 前の周と同じタイミングでブレーキをしたつもりですが、
 前のマシンはブレーキの開始が早かったのでしょう。」
:次戦はバレンシアです。
「バレンシアは走ったことのないコースですが、
 チャレンジングなコースだと思うので、非常に楽しみにしています。」
:ありがとうございました。

というわけで第2戦の舞台はバレンシアです~
はっきり言って苦手なコースの部類なので苦戦しそうです(汗)
それとランボルギーニも参戦するそうで台数も増えていくようですが、
再びポイントを獲得したいです☆

« レース日記#054-4 | トップページ | モトGP第5戦フランスGP »

レース日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« レース日記#054-4 | トップページ | モトGP第5戦フランスGP »