2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« V8スーパーカーズ 第5戦 | トップページ | 第76回ルマン24時間レース スタート »

レース日記#055-3

レース日記のFIA GT選手権第2戦のバレンシアはいよいよ決勝です。

Race0702_00

予選で変な状態(ゲーム上のバグ?)によってスターティンググリッドは8番、
4列目からのスタートですが、レースペースに自信はありました。
チームのミーティングでも優勝を視野に入れ、攻めの作戦を選びました。

今回は3時間レースなので1周95秒ペースだとして113周、
これにピット作業もあるので110周前後と考えました。
燃費は1周2.7Lくらいなので、100Lの満タンでも2ストップは難しいと判断、
省エネ走行をすれば抑えられますが、タイムが落ちますからね^^;
攻めの作戦ということで3ストップを選びました。
燃料はスタート時は35周分の95L35周、1回目と2回目は30周分の82Lで、
最後は走りきれるだけの燃料の予定です。

スタートドライバーは私、コンセントレーションを高めてグリーンフラッグ!
イン側からのスタートもあって1コーナーまでに5位に上がりました!

Race0702_01

2周目、早速33秒台にタイムを上げましたが、トップグループは同じようなタイム、
しかし徐々に差を詰めて5周目にはランボルギーニのコックスに仕掛けますが、
相手も踏ん張り、サイドバイサイドになりながらも抑えられてしまいました。

Race0702_a TVカメラ

Race0702_b ドライバー視点

6周目こそはともう一度ターン6でインに入り今度は抜きました!
さらにターン11でラモスを抜き、3位に上がりました。

(周、タイム、順位)
0   -:--.---  8
1   1:38.945  5 START
2   1:33.314  5
3   1:33.200  5
4   1:32.625  5
5   1:34.580  5
6   1:35.170  3

7周目、競っていたために前との差が離れてしまいました。

Race0702_02

ここからは前を追いかけることに専念、
後ろとの差が詰まったりもしますが、しっかりとキープしながら前を見ます。

Race0702_03

7   1:33.631  3
8   1:33.604  3
9   1:33.365  3
10  1:33.188  3
11  1:33.255  3

12周目、周回遅れが出始めました。
タイムを落としかねませんが、前を行く2台もタイムを落とす可能性があるので、
チャンスでもあると思いながら抜いていきます。

Race0702_04

15周目には前との差がグッと縮まりました。
バックマーカーによって差が詰まりましたが、
私の前に現れると再び差が離れるような状態、
下の画像のようにヒヤッとするときもありました。

Race0702_05

12  1:33.112  3
13  1:33.985  3
14  1:33.274  3
15  1:32.697  3
16  1:33.802  3
17  1:32.824  3
18  1:33.154  3

19周目、トップを行くウェンドリンガーをレクナーがオーバーテイク、

Race0702_06

トップ争いが激しいため、私も追いついてきて、後ろコックスまでの4台が接近。

Race0702_07

20周目、ターン8でウェンドリンガーがレクナーとサイドバイサイド、
私も2台の後ろに続くと、その先のS字でバックマーカーが現れました。
レクナーはバックマーカーに阻まれて順位を落とし、
私はウェンドリンガーに続いて上手く2位に上がり・・・

Race0702_c

そして最終コーナー、再び現れたバックマーカーを利用して、
テールをねじ込むと、ウェンドリンガーを抜いてトップに立ちました!

Race0702_07a

21周目、トップに立ちましたが、
後ろからのプレッシャーを感じながらの走行でミスは許されません

Race0702_08

22  1:33.561  1
23  1:34.850  1
24  1:33.715  1
25  1:32.795  1
26  1:33.378  1

27周目、次々と現れるバックマーカーを問題なく抜いていましたが、
ターン5でズワーンに軽く接触、ハーフスピンしてしまいました・・・
すぐにコースに戻りたいが為に、慌ててしまって再びスピン(汗)
3位に後退してしまいました。

Race0702_d

28周目、今度はズワーンを接触無く抜けましたが、少し緊張しました^^;

Race0702_09

27  1:34.703  3
28  1:36.147  3
29  1:33.623  3
30  1:34.513  3
31  1:34.725  3
32  1:34.700  3
33  1:34.357  3

33周目終了時にレクナーがピットに向かい2位に、

Race0702_10

私は予定通り、35周目にピットに向かいました。
燃料は予定通りの65周目までの82Lを給油、
チームメイトのバーテルス(AI)に交代し、私は一休みです^^

Race0702_11

ピット作業を終えてコースに戻ると、レクナーの前の9位で復帰、
次々と1回目のルーティンに向かい、40周目には2位に上がりました。

Race0702_12

34  1:33.417  2
35  1:44.875  3 PIT
36  2:55.037  9
37  1:37.944  5
38  1:36.994  4
39  1:31.641  3
40  1:31.147  2
41  1:32.165  2

42周目、トップのウェンドリンガーを攻めますが抜けません。
周回遅れも多く、その度にトップとの差が開いたり、前との差が縮まります。

Race0702_13

42  1:35.997  2
43  1:33.113  2
44  1:36.162  2
45  1:34.502  2
46  1:34.278  2
47  1:33.852  2
48  1:37.058  2
49  1:34.839  2
50  1:36.180  2
51  1:32.448  2
52  1:33.621  2
53  1:36.572  2
54  1:34.167  2

周回遅れもありますが、クリアラップでもタイムが悪くなってきました。
60周目には42秒台と明らかに遅く、前との差は開いて後ろが迫ってきました。
61周目にカルデラーリにに抜かれてしまい3位に、

Race0702_14

63周目にはカペラッリにターン1で抜かれて4位に後退・・・

Race0702_15

これ以上走っていてはさらに遅れるだけと考え急遽1周早めのピットイン、

Race0702_16

再び私が乗り込み、燃料を予定の82Lではなく100Lに変更、
ロングスティントで走ることにしました。

55  1:35.916  2
56  1:38.192  2
57  1:35.900  2
58  1:37.505  2
59  1:37.977  2
60  1:42.994  2
61  1:46.826  3
62  1:47.788  3
63  1:45.849  4
64  1:53.911  6 PIT

今回はここまで、果たしてどこまで追い上げることが出来るのか、
次回をお楽しみに~^^

« V8スーパーカーズ 第5戦 | トップページ | 第76回ルマン24時間レース スタート »

レース日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« V8スーパーカーズ 第5戦 | トップページ | 第76回ルマン24時間レース スタート »