2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« 第76回ルマン24時間レース ポディウム | トップページ | WTCC Rd.9&10 ブルノ »

レース日記#055-4

FIA GT選手権第2戦のバレンシアの決勝は後半、残りは1時間弱です。

Race0702_17

ピットアウトした65周目、11位で下がりましたがボッビをターン8で、

Race0702_18

エルドスを最終コーナーで抜いて9位に、

Race0702_19

翌66周目には1台がピットイン、ターン2でラモスを抜きにかかりました。
クロスラインになり、ターン3で奪い返されそうになりましたが、
軽く接触しながらも抑えて7位に上がりました。

Race0702_e

69周目にレクナーがピットイン、70周目に1コーナー先でナスペッティを抜き5位、

Race0702_20

71周目にはバビーニがピットに向かい4位に戻しました。

(周、タイム、順位)
65  3:05.944  9
66  1:35.149  7
67  1:32.782  7
68  1:33.400  7
69  1:33.475  6
70  1:34.087  5
71  1:32.917  4

72周目、注意深く、全力で前を目指しますが、
このように5台ものバックマーカーが現れるとタイムを落としてしまいます。

Race0702_21

73周目、カペラッリとカルデラーリのピットインで2位に上がりました。
74周目にはトップのウェンドリンガーがピットに入り同一周回に、
75周目には自己ベストを更新するタイムで追い上げますが、まだ離されています。

Race0702_22

72  1:36.740  4
73  1:33.293  2
74  1:33.164  2
75  1:32.451  2
76  1:33.478  2
77  1:34.711  2
78  1:34.267  2

79周目、差は少しずつ縮まってきました。

Race0702_23

79  1:35.679  2
80  1:34.834  2
81  1:33.606  2
82  1:32.623  2
83  1:33.039  2
84  1:33.987  2
85  1:36.723  2

86周目、バックマーカーによってだいぶ差が縮まりました。

Race0702_24

87周目にはGTクラスのマシンに引っかかったところを一気に攻め立てて
ターン6でオーバーテイク、トップに立ちました!

Race0702_f

抜いた後はどんどん差が開いていきましたが、
燃料をチェックすると10周程度足りないことが分かりました。
そのために何故か低燃費走行を心がけてしまい、
91周目からはタイムも(意図的に)落としてしまいました。

後で気づきましたが、どうせピットに入るのならペースを保つべきでした(汗)

86  1:34.756  2
87  1:36.521  1
88  1:34.655  1
89  1:33.777  1
90  1:33.740  1
91  1:35.651  1
92  1:35.901  1
93  1:33.663  1

94周目に突入したとき、2秒ほど前にいたポルシェが突如スピン!

Race0702_g

目の前でコースオフしていったので少し集中力が切れそうになりました。
このポルシェはブレーキトラブルだそうで、リタイアとなりました。

94  1:37.255  1
95  1:35.271  1
96  1:35.059  1
97  1:34.097  1
98  1:36.005  1
99  1:35.609  1
100 1:35.173  1
101 1:36.074  1

102周目、ピットに戻るよう無線で伝えられました。
インラップでロスをしないように注意してましたが、
なんとターン11~12のストレートでカルデラーリがエンジンブロー!
彼の前を走行していたラモスに接触しスピンさせてしまいました。
完全に目の前を塞がれて、私も軽くラモスの右側に接触(汗)

Race0702_h

ラモスが復帰し私も続きましたが、10秒近くロスしたでしょう。
「1周早くピットに入っていれば・・・」と思いながらもピットイン。

Race0702_25

残り時間も20分を切っていたので、30Lだけ積むことにしました。
停止時間を1回目と2回目に比べて20秒近く速いタイムでピットアウト、
2位のウェンドリンガーはまだターン7で余裕のトップ復帰となりました!

差は大きく、残り時間も徐々に無くなっていきました。
チームからはペースを落とせとの指示で、安全走行で周回を重ねて行き、
11周目に入ったときに3時間を超えました。
ラストラップを確実に走りきり、2戦目にして初優勝を飾りました!

Race0702_26

102 1:52.592  1 PIT
103 2:36.087  1
104 1:35.488  1
105 1:36.226  1
106 1:35.700  1
107 1:35.324  1
108 1:37.009  1
109 1:35.211  1
110 1:38.012  1
111 1:42.919  1 FINISH

最後はウェンドリンガーも周回遅れに出来たのでかなり楽になりましたが、
そこまでが神経を使うレースとなりました。
序盤は僅かなミスも出来ない状態だったし、トップ走行中にスピン、
チームメイトのタイムロスや目の前のスピンに巻き込まれたり、
マシンのフロント部分がボコボコになってしまいました^^;
しかし、優勝出来たので本当に良かったです^^

<決勝>
P  No Cl   Driver              Car                    Lap   Time
1  5  GT  R.Kanjalur        Saleen S7-R               111 3:00:48.420
2  17 GT  K.Wendlinger      Ferrari 575 GTC           110 +     1 Lap
3  4  GT  W.Lechner         Saleen S7-R               109 +    2 Laps
4  28 GT  P.Ruberti         Saleen S7-R               108 +     D N F
5  2  GT  L.Capellari       Ferrari 550 Maranello     108 +     D N F
6  19 GT  A.Gosse           Ferrari 575 GTC           108 +    3 Laps
7  1  GT  M.Bobbi           Ferrari 550 Maranello     108 +    3 Laps
8  29 GT  P.Kox             Lamborgini MurcielagoR-GT 108 +    3 Laps
9  11 GT  F.Babini          Ferrari 575 GTC           108 +    3 Laps
10 8  GT  M.Ramos           Saleen S7-R               108 +    3 Laps
11 7  GT  T.Erdos           Saleen S7-R               108 +    3 Laps
12 13 GT  E.Naspetti        Ferrari 575 GTC           108 +    3 Laps
13 27 GT  J.Campbell-Walter Lister Storm              107 +    4 Laps
14 14 GT  P.Pearce          Lister Storm              107 +    4 Laps
15 18 GT  B.Longin          Ferrari 575 GTC           107 +    4 Laps
16 9  GT  V.Hillebrand      Chrysler Viper GTS-R      105 +    6 Laps
17 99 NGT L.Luhr            Porsche GT3-RSR           105 +    6 Laps
18 62 NGT C.Pescatori       Ferrari 360 GTC           104 +    7 Laps
19 50 NGT S.Ortelli         Porsche GT3-RSR           103 +    8 Laps
20 10 GT  A.van der Zwaan   Chrysler Viper GTS-R      102 +    9 Laps
21 69 NGT G.Ried            Porsche GT3-RS            101 +   10 Laps
22 22 GT  W.Kaufmann        Ferrari 550 Maranello     101 +   10 Laps
23 3  GT  E.Calderari       Ferrari 550 Maranello      99 +    Engine
24 57 NGT J.Vonka           Porsche GT3-RS             99 +   12 Laps
25 58 NGT G.Vivancos        Ferrari 360 Modena         99 +   12 Laps
26 77 NGT A.Vasiliev        Porsche GT3-RSR            84 +    Brakes

決勝終了後には(DTMでもありましたが)会見場へ~

決勝
:初優勝おめでとうございます。
「ありがとうございます。
 まずはチームに初優勝をもたらすことが出来て嬉しく思ってます。
 全てのチームスタッフに感謝したいです。」
:2ストップ作戦を採るチームもありましたね
「レースペースには自信がありましたが、
 そういったチームのペース次第でどうなるかは気になりました。」
:ズワーンとの接触は何があったのでしょうか
「GTクラスのマシンなので、接近するくらいでも大丈夫だと思ったのですが、
 思った以上にペースに違いがあって当たってしまいました。
 グラスに足を落としてからの処理は完全に私のミスです。
 すぐ後ろにウェンドリンガーがいたので焦りが出てしまいました。」
:次はマニクールです
「2年前(2002年)改修したんですよね?
 前のレイアウトのほうが好きだったんですけどね^^;
 実際に走ってみるまでは何とも言えませんが、楽しみにしています。」

・・・と、一部省きましたが、こういう感じで終わりました~^^;

ドライバーズポイントは1ポイント差でトップに立ちました!
しかし差は無いに等しく、ハンディも似たような状態になっています。

<ドライバーズ・ポイント>
1   △  13P  40kg  Bartels/Kanjalur
2   △  12P  40kg  Lechner/Seiler/Konrad
3   △  12P  30kg  Wendlinger/Wolff/Lechner
4   ▼  10P  40kg  Cappellari/Gollin
5   ▼  10P        Bobbi/Gardel
6   ▼  5P         Coronel/Knapfield/Pearce
7   △  3P         Gosse/Garbagnati/Daoudi
8   ▼  2P         Calderari
9   △  1P         Kox/Gavin
10  ▼  1P         Goodwin/Ramos

チームポイントは3位に浮上しましたが、
2台体制のチームに勝つのは難しいでしょう。

<チーム・ポイント>
1  -  20P  BMS Scuderia Italia
2  △  15P  JMB Racing
3  △  13P  Vitaphone Racing Team
4  ▼  12P  Konrad Motorsport
5  ▼  5P   Lister Racing
6  -  2P   Care Racing Development
7  △  1P   Reiter Engineering
8  ▼  1P   Ray Mallock Limited

次戦はフランスのマニクール、あまり得意なコースではないんですよね^^;
180度コーナーの進入でオーバーステアになったり、
最終コーナーのシケインで嫌な思い出(オンラインでスピンクラッシュ)があるので、
決勝を完走出来るか不安ですが、精一杯走りたいと思います^^

« 第76回ルマン24時間レース ポディウム | トップページ | WTCC Rd.9&10 ブルノ »

レース日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 第76回ルマン24時間レース ポディウム | トップページ | WTCC Rd.9&10 ブルノ »