2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« FIA GT 第3戦 アドリア | トップページ | GT5Pテスト大会 レース1 »

GT5Pテスト大会 ルール

昨日書いた、明日開催のテスト大会のルールの詳細を載せました~
長文ですが点線内だけでも理解出来ると思います^^;
GT5Pが出来れば誰でも参加可能なので、是非ともお願いしますm(_ _)m

前回開催したときは予選+1ラップのみでのトーナメント方式にしましたが、
今回はTA+アタック回数限定の2レース方式に変更してみました。

レース1は前回の予選と同じように、何周でも走れるTA大会、
フリー走行も兼ねているし、シリーズ戦の予定なのでポイントも入ります。

レース2は最近主流のエリミネート方式にしています。
ただし期間と予想される参加人数を考えて前後半の2セクションにしました。
それとレース1の結果からハンディが付き、誰にでもチャンスのあるようにします。
例えばレース1でトップから109%遅れの場合は、9%相当のタイムが軽減されます。
(最大10%までで、1/100以下は切り捨て、例:4.789秒差の場合は4.7秒)

もしレース1の1位が1:11.731で5位の人が1:15.094の場合、104.688%遅れなので、
小数点四捨五入し5%の軽減(3.58655秒)、1/100秒以下切り捨てで3.5秒となり、
レース1で5位の人はレース2では3.5秒が軽減されることになります。

 このハンディを悪用することも可能ですが、レース2で入るポイントは
レース1よりも少なく設定されるので得にはならないはず。

レース1では何周も走れるタイムアタックですが、レース2では少し違います。
まずアタックは1周ではなく2周以上で、その合計タイムで競うので、
1周目が良くても2周目で失敗したら良い結果が残せず、
予選よりも少しタイムを落としても、ミスをしなければ優勝する可能性もあります。

1日にアタック出来るのは前半は8回までで後半は5回まで。
この回数はウォームアップも含めているので実質前半5回、後半3回しかなく、
1回しかチャレンジ出来ないわけではありませんが、難しくなっています。

エリミネートについてはレース2進出は全員・・・ですけど、
(ありえない話ですが)上位20人で、トップから120%以内が進出という基準も^^;
レース2後半進出基準は、前半戦の上位半数が後半戦に進出、
ただし6人に満たない場合はトップ3が進出となります。
つまりレース2の後半は3~10人で競うことになります。

日程はレース1が土曜~金曜の7日間、
レース2前半は土曜~水曜の5日間、後半が木曜~土曜までの3日間、
テスト大会ではポイントが入りませんが、シリーズ戦でのポイント予定は、
レース1は1位15P、2位14P...15位1P
レース2は1位10P、2位9P...10位1P
そしてレース1と2でのファステストラップ記録トップ3に、3P、1P、1Pが入ります。

それとライセンス・レーティングとハンディも考えています。
スタートは国内Aで1000Pとし、結果によってポイントが変動、
1200で国際B、1500が国際Aで1800がスーパー、
800では国内Bで500は若葉といったところ、
このレーティングによってパフォーマンスポイントにハンディが加わります。
例えば1000Pなら初期状態から100%以内、
1200Pなら2%ダウンで600%なら4%アップ、
スーパーライセンス以上の2000Pなら10%ダウンという感じです。
あと通常コントローラでは不利のようなので、1~5%までのハンディも加えます。
まぁ、ハンディに関しては実際に試してみないと分からないんですけどね^^;

あと、シリーズ戦は7月から10月までで、9*2=18戦以内の予定です。

とりあえず単純にまとめると・・・
-----------------------------------------------------------
<レース1>土曜~金曜
1ラップアタック、周回数は自由
上位20台で、トップから120%以内がレース2進出

<レース2>土曜~土曜
 複数ラップによるアタック、アタック回数に制限
 レース1結果によって最大-10%までのハンディタイムが加えられる

・前半 5日
 1日8アタック以内(ウォームアップを含み、周回数は3アタック分とする)
 上位3人が後半進出、
 参加数が6人以上の場合は下位半数が脱落し順位が確定、上位半数が後半進出

・後半 3日
 1日5アタック以内(ウォームアップを含み、周回数は2アタック分とする)
 前半のタイムを除外した後半のタイムで競い、結果が順位となる

<ポイント>(テスト大会にポイントは付きません)
レース1 15 14 13 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1
レース2 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1
総合ベストラップタイム 3 1 1 

<セッティング>
・アーケードモードのタイムトライアルを使用、シミュレーションモードはスタンダード
・タイヤ以外は自由、ただしパフォーマンスポイント以内
・DS3などのコントローラの場合は(テスト大会は)3%パフォーマンスポイントアップ
<走行>
・コースオフは自由、ただしショートカットは禁止(コース内に2輪留まるかが基準)
・壁や障害物に接触したらノータイム扱い
<申請>
・大会開催記事へタイム、コントローラ、パフォーマンスポイント等をコメント投稿
-----------------------------------------------------------
といったところ、ただのTA大会よりは複雑ですが難しいルールではないはずです。
はたして参加者はどのくらいになるのだろうか・・・
最低でも3人・・・5人以上参加してくれると嬉しいんですけどね^^;

« FIA GT 第3戦 アドリア | トップページ | GT5Pテスト大会 レース1 »

タイムアタック大会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« FIA GT 第3戦 アドリア | トップページ | GT5Pテスト大会 レース1 »