2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« WTCC Rd.7&8 ポー市街地 | トップページ | Red Bull Air Race 第3戦デトロイト »

インディカー・シリーズ第6戦

インディ第6戦はミルウォーキー・マイルで行われました。

1903年にオープンした、ウィスコンシン州にあるフェア・パークが今回の舞台、
この歴史のあるコースは1マイル・オーバル(約1.609km)と短く、
1周を21秒台で駆け抜けます。

予選はマルコ・アンドレッティがポールを獲得、
ポイントランクトップのディクソンは3番グリッド、
武藤は14番グリッドに付けました。

<予選>
1   26  M.アンドレッティ   168.079 mph
2   06  G.レイホール       167.654 mph
3   09  S.ディクソン       167.637 mph
4   08  W.パワー           167.265 mph
5   03  H.カストロネベス   166.667 mph
6   11  T.カナーン         166.473 mph
7   10  D.ウェルドン       166.195 mph
8   36  E.ベルノルディ     165.216 mph
9   5   O.セルビア         165.190 mph
10  33  EJ.ヴィソ          164.843 mph
11  6   R.ブリスコー       164.106 mph
12  17  R.ハンター=レイ   164.066 mph
13  7   D.パトリック       163.702 mph
14  27  武藤英紀           163.368 mph
15  18  B.ジュンケイラ     163.123 mph
16  24  J.アンドレッティ   162.449 mph
17  20  E.カーペンター     162.139 mph
18  2   AJ.フォイト4世    162.049 mph
19  15  B.ライス           161.903 mph
20  14  D.マニング         160.787 mph
21  23  T.ベル             150.311 mph
22  02  J.ウィルソン       159.927 mph
23  19  M.モラエス         155.511 mph
24  34  J.カマラ           154.613 mph
25  96  M.ドミンゲス       150.071 mph
26  4   V.メイラ           163.276 mph  DNQ

決勝、序盤はマルコ・アンドレッティが引っ張っていきましたが、
41周目にディクソンがトップに立つと、後半までトップをキープ、
しかし11番グリッドからスタートしたブリスコーが少しずつ順位を上げ、
178周目にトップを奪いました。
ルーティン作業のため194周目にはディクソンがトップに返り咲きましたが、
上位陣が最後のルーティンピットを終えると再びブリスコーがトップに、
2位ディクソンの激しい攻めが続きましたが、
残り3周というところで多重クラッシュが起きコーションになりました。
レースはそのままグリーンにならず、ブリスコーが初優勝を飾りました!

<決勝>
1   6   R.ブリスコー       225  1:42:41.7387
2   09  S.ディクソン       225  +     0.0487
3   11  T.カナーン         225  +     1.8413
4   10  D.ウェルドン       225  +     2.9314
5   03  H.カストロネベス   225  +     4.6704
6   5   O.セルビア         225  +    14.2217
7   02  J.ウィルソン       224  +     1.0751
8   33  EJ.ヴィソ          224  +     9.6125
9   7   D.パトリック       224  +    10.0426
10  15  B.ライス           224  +    12.0798
11  23  T.ベル             224  +    14.1287
12  27  武藤英紀           224  +    25.3151
13  14  D.マニング         223  +     0.7172
14  08  W.パワー           223  +     1.4726
15  17  R.ハンター=レイ   223  +     5.8460
16  36  E.ベルノルディ     222  +     7.0414
17  2   AJ.フォイト4世    222  +     8.2180
18  18  B.ジュンケイラ     222  +    10.9855
19  24  J.アンドレッティ   222  +    12.6234
20  20  E.カーペンター     221       Contact
21  4   V.メイラ           221       Contact
22  19  M.モラエス         220       Contact
23  34  J.カマラ           218  +    10.6867
24  26  M.アンドレッティ   218  +    11.5008
25  06  G.レイホール       129       Contact
26  96  M.ドミンゲス       107      Handling

ドライバーズポイントは上位4人は変わらず、ダニカが5位に復帰、
武藤は1つ順位を落とし10位に付けています。

<ドライバーズポイント トップ10>
1   -  234P  スコット・ディクソン
2   -  206P  エリオ・カストロネベス
3   -  185P  ダン・ウェルドン
4   -  174P  トニー・カナーン
5   △  144P  ダニカ・パトリック
6   ▼  142P  マルコ・アンドレッティ
7   △  140P  オリオール・セルビア
8   △  134P  ライアン・ブリスコー
9   ▼  132P  エド・カーペンター
10  ▼  131P  武藤英紀

次戦テキサス・モーター・スピードウェイでのレースは来週、
6月7日(日本時間では8日)に決勝が行われます。

« WTCC Rd.7&8 ポー市街地 | トップページ | Red Bull Air Race 第3戦デトロイト »

[motorsports] IndyCar」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« WTCC Rd.7&8 ポー市街地 | トップページ | Red Bull Air Race 第3戦デトロイト »