2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« GP2 第5戦 イギリスGP | トップページ | V8スーパーカーズ 第6戦 »

インディカー・シリーズ第10戦

インディ第10戦はワトキンスグレンで行われました。

ワトキンスグレンは起伏の激しいロードコースです。
今季はチャンプカーとの統合で、チャンプカーからのドライバーによる
チャンプカーとしての開催で行われたロングビーチでのレースがありましたが、
インディーカーチームがロードコースで行うレースは今季初となります。

予選ではノックアウト方式で、ラウンド2へは26台中の上位12台が通過、
ラウンド3へは上位6台が通過という、F1よりも厳しくなっています。
ロードコースとあって、チャンプカー勢が力を発揮してきました。
ポールを獲得したのはライアン・ブリスコー、続いてジャスティン・ウィルソン、
ハンターレイが3番グリッドで、ディクソンは2列目4番グリッド、
武藤はタイムを伸ばせず20番グリッドからのスタートとなりました。

<予選>
------ Round 3  -----------------------------
1   6   R.ブリスコー       1:29.3456
2   02  J.ウィルソン       1:29.3804
3   17  R.ハンターレイ     1:29.6355
4   09  S.ディクソン       1:29.6776
5   5   O.セルビア         1:29.7068
6   11  T.カナーン         1:29.9938
------ Round 2  -----------------------------
7   26  M.アンドレッティ   1:29.9968
8   14  D.マニング         1:30.0474
9   10  D.ウェルドン       1:30.0567
10  4   V.メイラ           1:30.1172
11  18  B.ジュンケイラ     1:30.6213
12  08  W.パワー           1:32.8542
------ Round 1 -----------------------------
13  19  M.モラエス         1:30.3409  Group 2
14  7   D.パトリック       1:30.5647  Group 2
15  33  EJ.ヴィソ          1:30.6885  Group 2
16  36  E.ベルノルディ     1:31.0196  Group 2
17  15  B.ライス           1:31.0470  Group 1
18  06  G.レイホール       1:31.2402  Group 1
20  27  武藤英紀           1:31.4704  Group 1
21  20  E.カーペンター     1:32.2381  Group 2
22  2   AJ.フォイト4世    1:32.8496  Group 1
23  34  J.カマラ           1:34.5517  Group 1
24  24  J.ハワード         1:35.0154  Group 2
25  23  M.デュノー         1:36.0330  Group 1
26  03  H.カストロネベス    no time   Group 1

決勝、序盤はブリスコーがディクソンを抑えてトップを走る展開、
40周目にヴィソとメイラが接触しフルコースコーションになりました。
翌周に上位ではマニング以外の全車が最後のピットイン、
45周目にグリーンフラッグが振られましたが、ベルノルディがターン1で接触、
再びオールイエローとなってしまいます。
コーションが続く中、48周目にはAJフォイトとデュノーが接触、
さらに49周目には2位に付けていたブリスコーと3連勝中のディクソンが接触!
両者とも大きく順位を落とす羽目になってしまいました。

これでトップ2はコーション前にピットに入っていたマニングがトップ、
ハンターレイが2位に浮上しました。
52周目に再スタート、ハンターレイが良いスタートを切ってトップに立つと、
その後はマニングから逃げ切って初優勝を飾りました!

後半まで上位につけていたディクソンは11位、
カストロネベスは良いところがなく16位、
武藤は終盤7位に付けていましたが、最後の再スタート後すぐに2台に抜かれ
結局9位という結果に終わりました。

<決勝>
1   17  R.ハンターレイ     60  1:54:01.1795
2   14  D.マニング         60  +     2.4009
3   11  T.カナーン         60  +     4.1054
4   15  B.ライス           60  +     4.8111
5   26  M.アンドレッティ   60  +     5.3132
6   18  B.ジュンケイラ     60  +     5.8084
7   19  M.モラエス         60  +     8.6248
8   06  G.レイホール       60  +     9.4563
9   27  武藤英紀           60  +    10.1785
10  33  EJ.ヴィソ          60  +    10.8602
11  09  S.ディクソン       60  +    11.0455
12  6   R.ブリスコー       60  +    11.5953
13  96  M.ドミンゲス       60  +    12.7773
14  7   D.パトリック       60  +    26.6599
15  08  W.パワー           60  +    38.1033
16  03  H.カストロネベス   59  +    15.6079
17  20  E.カーペンター     59  +    26.0632
18  34  J.カマラ           51       Contact
19  2   AJ.フォイト4世    47       Contact
20  23  M.デュノー         45       Contact
21  36  E.ベルノルディ     44       Contact
22  4   V.メイラ           38       Contact
23  5   O.セルビア         38    Mechanical
24  10  D.ウェルドン       19          Laps
25  02  J.ウィルソン       16    Mechanical
26  24  J.ハワード         15    Mechanical

ドライバーズポイントは今回も上位4人は変わらず、
ハンターレイが13位から9位へと、順位を4つ上げています。

<ドライバーズポイント トップ20>
1   -  370P  スコット・ディクソン
2   -  322P  エリオ・カストロネベス
3   -  311P  ダン・ウェルドン
4   -  304P  トニー・カナーン
5   △  241P  マルコ・アンドレッティ
6   -  238P  武藤英紀
7   ▼  236P  ダニカ・パトリック
8   -  231P  ライアン・ブリスコー
9   △  220P  ライアン・ハンターレイ
10  ▼  206P  オリオール・セルビア
11  ▼  198P  エド・カーペンター
12  ▼  194P  ウィル・パワー
13  ▼  190P  EJ.ヴィソ
14  △  189P  ダレン・マニング
15  △  188P  バディ・ライス
16  △  183P  グラハム・レイホール
17  ▼  177P  A.J.フォイト4世
18  ▼  175P  ヴィットール・メイラ
19  ▼  171P  ジャスティン・ウィルソン
20  -  160P  エンリケ・ベルノルディ

次戦は再びオーバル、ナッシュビルで今週末(12日)に決勝が行われます。

« GP2 第5戦 イギリスGP | トップページ | V8スーパーカーズ 第6戦 »

[motorsports] IndyCar」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« GP2 第5戦 イギリスGP | トップページ | V8スーパーカーズ 第6戦 »