2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« モトGP第10戦ドイツGP | トップページ | WTCC Rd.11&12 エストリル »

インディカー・シリーズ第11戦

インディ第11戦はテネシー州にあるナッシュビルで行われました。

ナッシュビルは1.3マイル(約2.1km)のトライ・オーバル、
オーバル部分はコンクリートで出来ていている一風変わったコースです。

予選のフロントローはカストロネベスとダニカ・パトリック、
2列目には武藤が入り、決勝に期待をかけたくなります。

<予選>
1   03  H.カストロネベス   204.519 mph
2   7   D.パトリック       203.335 mph
3   27  武藤英紀           203.316 mph
4   17  R.ハンターレイ     203.306 mph
5   09  S.ディクソン       203.233 mph
6   10  D.ウェルドン       203.077 mph
7   11  T.カナーン         202.818 mph
8   20  E.カーペンター     202.735 mph
9   6   R.ブリスコー       202.690 mph
10  06  G.レイホール       202.561 mph
11  26  M.アンドレッティ   202.220 mph
12  15  B.ライス           202.196 mph
13  02  J.ウィルソン       201.997 mph
14  08  W.パワー           201.887 mph
15  4   V.メイラ           201.661 mph
16  23  M.デュノー         201.564 mph
17  5   O.セルビア         201.446 mph
18  14  D.マニング         201.173 mph
19  36  E.ベルノルディ     201.153 mph
20  19  M.モラエス         200.026 mph
21  25  M.ロス             200.017 mph
22  2   AJ.フォイト4世    199.841 mph
23  18  B.ジュンケイラ     199.658 mph
24  34  J.カマラ           199.164 mph

決勝の序盤はカストロネベスがリードしていましたが、
55周目に周回遅れに引っかかり4位に後退、ディクソンがトップに立ちましたが、
90周目にカナーンがディクソンを抜いてトップに。
139周目に雨がコースを濡らすとイエローコーションとなりました。
このコーションでディクソンとウェルドンはピットに入らず、
レッドフラッグを待って上位を狙いましたが、152周目にグリーンフラッグを振られ、
この2台は事実上もう1度ピットに入り順位を落とすこととなりました。
しかし166周目に再び雨が降り出してまたコーションになると、
171周目にレッドフラッグが振られディクソンが優勝、2度目の雨に恵まれました!
ウェルドンも運良く2位、カストロネベスは3位、ダニカは5位、
3番グリッドからスタートした武藤は1回目のピットインタイミングが悪く後退、
最終的には2周遅れの14位でフィニッシュとなりました。

<決勝>
1   09  S.ディクソン       171  1:30:04.6499
2   10  D.ウェルドン       171  +     1.0680
3   03  H.カストロネベス   171  +     5.6679
4   11  T.カナーン         171  +     6.4612
5   7   D.パトリック       171  +     7.8301
6   4   V.メイラ           171  +     9.5615
7   15  B.ライス           171  +    13.2509
8   20  E.カーペンター     171  +    16.0567
9   14  D.マニング         171  +    24.9236
10  19  M.モラエス         170  +    11.2300
11  08  W.パワー           170  +    27.0292
12  06  G.レイホール       170  +    28.9951
13  25  M.ロス             170  +    35.3324
14  27  武藤英紀           169  +     4.0387
15  18  B.ジュンケイラ     169  +    23.6332
16  5   O.セルビア         169  +    32.4114
17  23  M.デュノー         168  +    34.0426
18  02  J.ウィルソン       143  +    37.2311
19  17  R.ハンターレイ      99       Contact
20  36  E.ベルノルディ      66      Handling
21  34  J.カマラ            50      Handling
22  2   AJ.フォイト4世     45      Handling
23  6   R.ブリスコー         3    Mechanical
24  26  M.アンドレッティ     2       Contact

ドライバーズポイントはトップ8に変動はありませんでした。
スコット・ディクソンが2位以降を着実に引き離しています。

<ドライバーズポイント トップ20>
1   -  420P  スコット・ディクソン
2   -  357P  エリオ・カストロネベス
3   -  351P  ダン・ウェルドン
4   -  339P  トニー・カナーン
5   -  266P  ダニカ・パトリック
6   -  254P  武藤英紀
7   -  253P  マルコ・アンドレッティ
8   -  243P  ライアン・ブリスコー
9   △  232P  ライアン・ハンターレイ
10  -  222P  エド・カーペンター
11  ▼  220P  オリオール・セルビア
12  △  214P  バディ・ライス
13  ▼  213P  ウィル・パワー
14  △  211P  ダレン・マニング
15  -  203P  ヴィットール・メイラ
16  △  201P  グラハム・レイホール
17  ▼  190P  EJ.ヴィソ
18  ▼  189P  A.J.フォイト4世
19  ▼  183P  ジャスティン・ウィルソン
20  -  172P  エンリケ・ベルノルディ

6週間連続開催中の第5週目はミッド・オハイオ、決勝は20日に行われます。

« モトGP第10戦ドイツGP | トップページ | WTCC Rd.11&12 エストリル »

[motorsports] IndyCar」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« モトGP第10戦ドイツGP | トップページ | WTCC Rd.11&12 エストリル »