2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« GP2 第6戦 ドイツGP | トップページ | V8スーパーカーズ 第7戦 »

インディカー・シリーズ第12戦

インディ第12戦はミッドオハイオのロードコースで行われました。

オハイオ州の東、レキシントンにある田舎・・・といったら悪いと思いますが、
落ち着いた雰囲気のある場所に、ミッド・オハイオ・サーキットがあります。

予選はカストロネベスがポールを獲得、ディクソンが6番グリッドで、
武藤は10番グリッドからのスタートとなりました。
ちなみに、ラウンド1ではどうやらグループ別順位だったようですね。

<予選>
------ Round 3  -----------------------------
1   03  H.カストロネベス   1:07.2480
2   6   R.ブリスコー       1:07.2657
3   26  M.アンドレッティ   1:07.4107
4   02  J.ウィルソン       1:07.5442
5   11  T.カナーン         1:07.5750
6   09  S.ディクソン       1:07.5930
------ Round 2  -----------------------------
7   15  B.ライス           1:07.7551
8   5   O.セルビア         1:07.8447
9   18  B.ジュンケイラ     1:07.8689
10  27  武藤英紀           1:07.9031
11  4   V.メイラ           1:08.0034
12  08  W.パワー           1:08.0678
------ Round 1 -----------------------------
13  10  D.ウェルドン       1:08.3379  Group 1
14  06  G.レイホール       1:08.0459  Group 2
15  17  R.ハンターレイ     1:08.3444  Group 1
16  96  M.ドミンゲス       1:08.0742  Group 2
17  33  EJ.ヴィソ          1:08.4668  Group 1
18  36  E.ベルノルディ     1:08.2645  Group 2
19  19  M.モラエス         1:08.5580  Group 1
20  7   D.パトリック       1:08.3609  Group 2
21  14  D.マニング         1:09.1560  Group 1
22  20  E.カーペンター     1:09.0310  Group 2
23  2   AJ.フォイト4世    1:09.3607  Group 1
24  25  M.ロス             1:10.9141  Group 2
25  34  J.カマラ           1:10.5110  Group 1
26  23  M.デュノー         1:12.2709  Group 2

決勝、ウェット路面で始まりましたが、どんどん乾いていき
11周目までに全車がドライタイヤに変えるためにピットイン、
1周目にピットに向かったメイラがトップに立ちました。
25周目にドミンゲスがスピンしコーションになると
このコーションでピットに入らなかったウィルソンがリードしましたが、、
38周目に再びコーションになるとウィルソンもピットに向かい、
ブリスコーがトップに立つと、ルーティンで順位を下げた以外は
リードを守って今季2勝目を飾りました!
2位にはカストロネベス、3位ディクソン、武藤は9位完走を果たしています。

<決勝>
1   6   R.ブリスコー       85  2:01:22.8496
2   03  H.カストロネベス   85  +     7.2640
3   09  S.ディクソン       85  +     7.6967
4   08  W.パワー           85  +    12.7569
5   5   O.セルビア         85  +    13.4713
6   4   V.メイラ           85  +    14.9934
7   11  T.カナーン         85  +    15.2597
8   14  D.マニング         85  +    17.5053
9   27  武藤英紀           85  +    18.0084
10  17  R.ハンターレイ     85  +    19.2100
11  02  J.ウィルソン       85  +    28.8880
12  7   D.パトリック       85  +    34.6822
13  18  B.ジュンケイラ     85  +    39.7940
14  34  J.カマラ           85  +    51.5572
15  20  E.カーペンター     85  +    79.9192
16  06  G.レイホール       84  +    36.1510
17  10  D.ウェルドン       84  +    37.6867
18  2   AJ.フォイト4世    84  +    42.3447
19  96  M.ドミンゲス       83  +    35.4371
20  15  B.ライス           82  +    50.5768
21  25  M.ロス             80  +    27.1634
22  33  EJ.ヴィソ          80  +    34.9060
23  23  M.デュノー         79  +    39.4048
24  19  M.モラエス         61    Off Course
25  26  M.アンドレッティ   41       Contact
26  36  E.ベルノルディ      8       Contact

ドライバーズポイントはカナーンが3位に浮上し、ウェルドンが4位に後退、
今回優勝したブリスコーが大きく順位を上げました。

<ドライバーズポイント トップ20>
1   -  455P  スコット・ディクソン
2   -  397P  エリオ・カストロネベス
3   △  365P  トニー・カナーン
4   ▼  364P  ダン・ウェルドン
5   △  296P  ライアン・ブリスコー
6   △  284P  ダニカ・パトリック
7   ▼  276P  武藤英紀
8   ▼  263P  マルコ・アンドレッティ
9   -  252P  ライアン・ハンターレイ
10  -  250P  オリオール・セルビア
11  △  245P  ウィル・パワー
12  ▼  237P  エド・カーペンター
13  △  235P  ダレン・マニング
14  △  231P  ヴィットール・メイラ
15  -  226P  バディ・ライス
16  -  215P  グラハム・レイホール
17  ▼  202P  EJ.ヴィソ
18  △  202P  ジャスティン・ウィルソン
19  ▼  201P  A.J.フォイト4世
20  -  182P  エンリケ・ベルノルディ

次戦は今週末(26日)、エドモントン空港を利用したレースが行われます。

« GP2 第6戦 ドイツGP | トップページ | V8スーパーカーズ 第7戦 »

[motorsports] IndyCar」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« GP2 第6戦 ドイツGP | トップページ | V8スーパーカーズ 第7戦 »