2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« 鈴鹿8時間耐久レース 2008 | トップページ | WTCC Rd.13&14 ブランズハッチ »

インディカー・シリーズ第13戦

インディ第13戦はチャンプカーとして開催する予定だったエドモントンでした。

チャンプカーで2005年から開催されているカナダのエドモントン空港ですが、
今年はインディでは初のレースが開催されることになりました。
この空港はクリーブランドのバークレイクフロント空港とは違い
3角形のように滑走路が伸びていて、コース用の区間もあることから
一部区間でやたらとコース幅が広いのと路面が異なること以外は
常設コースとほとんど変わらないような気がします。
ほとんどの区間でコース幅やランオフエリアが広いので
ウォールヒットがほとんど起きないのも特徴ですね^^

予選は武藤やマルコ、マニング、ダニカが脱落、
カナーンはラウンド2で消える中、ブリスコーがポールを獲得、
カストロネベスが横に並び、ディクソンはその後ろに付きました。

<予選>
------ Round 3  -----------------------------
1   6   R.ブリスコー       1:00.7311
2   03  H.カストロネベス   1:00.8360
3   5   O.セルビア         1:00.8584
4   09  S.ディクソン       1:00.8585
5   08  W.パワー           1:01.0154
6   02  J.ウィルソン         no time
------ Round 2  -----------------------------
7   18  B.ジュンケイラ     1:01.2991
8   06  G.レイホール       1:01.4573
9   10  D.ウェルドン       1:01.6656
10  19  M.モラエス         1:01.7552
11  36  E.ベルノルディ     1:02.0227
12  11  T.カナーン           no time
------ Round 1 -----------------------------
13  26  M.アンドレッティ   1:02.2991  Group 1
14  17  R.ハンターレイ     1:02.1039  Group 2
15  7   D.パトリック       1:02.4171  Group 1
16  22  P.トレイシー       1:02.2387  Group 2
17  4   V.メイラ           1:02.4907  Group 1
18  2   AJ.フォイト4世    1:03.1346  Group 2
19  14  D.マニング         1:02.6644  Group 1
20  96  M.ドミンゲス       1:03.1359  Group 2
21  33  EJ.ヴィソ          1:02.9242  Group 1
22  27  武藤英紀           1:03.8100  Group 2
23  15  B.ライス           1:03.4276  Group 1
24  20  E.カーペンター     1:03.8825  Group 2
25  23  T.ベル             1:03.6396  Group 1
26  25  M.ロス             1:09.0498  Group 2
27  34  J.カマラ           1:03.8572  Group 1

決勝はカストロネベスがリードする展開が続きましたが、
49周目に3度目のコーションになった時の一斉ピット作業で
ディクソンがトップに立つと、そのままトップを守り続け優勝!
2位となったカストロネベスはピットでの後退に悔やむ結果となりました。
武藤は27周目にウォールにヒットしてリタイアとなってしまいました。

<決勝>
1   09  S.ディクソン       91  1:51:05.7039
2   03  H.カストロネベス   91  +     5.9237
3   02  J.ウィルソン       91  +    13.4009
4   22  P.トレイシー       91  +    28.1462
5   5   O.セルビア         91  +    28.7132
6   6   R.ブリスコー       91  +    36.8816
7   10  D.ウェルドン       91  +    41.8281
8   17  R.ハンターレイ     91  +    42.1294
9   11  T.カナーン         91  +    43.0732
10  14  D.マニング         91  +    43.3363
11  15  B.ライス           91  +    48.3526
12  2   AJ.フォイト4世    91  +    50.1271
13  20  E.カーペンター     91  +    57.5967
14  18  B.ジュンケイラ     91  +  1:01.1009
15  33  EJ.ヴィソ          90  +    12.0313
16  36  E.ベルノルディ     90  +    50.4933
17  26  M.アンドレッティ   90  +    52.5494
18  7   D.パトリック       88  +     1.1104
19  4   V.メイラ           85  +    59.1732
20  19  M.モラエス         85  +  1:04.7016
21  25  M.ロス             84  +     -.----
22  08  W.パワー           72  +  1:02.3501
23  34  J.カマラ           68    Mechanical
24  96  M.ドミンゲス       51    Off Course
25  23  T.ベル             48       Contact
26  06  G.レイホール       44       Contact
27  27  武藤英紀           27       Contact

ドライバーズポイント、3位にウェルドンが上がりカナーンが4位に後退、
ディクソンとカストロネベスとの差は7ポイント広がりました。

<ドライバーズポイント トップ20>
1   -  505P  スコット・ディクソン
2   -  440P  エリオ・カストロネベス
3   △  390P  ダン・ウェルドン
4   ▼  387P  トニー・カナーン
5   -  324P  ライアン・ブリスコー
6   -  296P  ダニカ・パトリック
7   -  286P  武藤英紀
8   △  280P  オリオール・セルビア
9   -  276P  ライアン・ハンターレイ
10  ▼  276P  マルコ・アンドレッティ
11  -  257P  ウィル・パワー
12  △  255P  ダレン・マニング
13  ▼  254P  エド・カーペンター
14  △  245P  バディ・ライス
15  ▼  243P  ヴィットール・メイラ
16  △  237P  ジャスティン・ウィルソン
17  ▼  225P  グラハム・レイホール
18  △  219P  A.J.フォイト4世
19  ▼  217P  EJ.ヴィソ
20  -  196P  エンリケ・ベルノルディ

次戦ケンタッキー・スピードウェイでのオーバルレースは8月9日に決勝が行われます。

« 鈴鹿8時間耐久レース 2008 | トップページ | WTCC Rd.13&14 ブランズハッチ »

[motorsports] IndyCar」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 鈴鹿8時間耐久レース 2008 | トップページ | WTCC Rd.13&14 ブランズハッチ »