2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« レース日記#057-3 | トップページ | モトGP第12戦チェコGP »

レース日記#057-4

ホッケンハイムの決勝は2度目のピットインを済ませたところでしたが・・・

誤ってスピードリミッターを解除してしまいオーバースピードによるペナルティに、
翌周ピットに向かいましたが、ピットスルーか10秒ストップか分からず、
スルーに賭けましたが、ブラックフラッグが解除されず、10秒ストップでした(汗)
再び3周連続でピットに向かうと、9位に後退してしまいました。

(周、タイム、順位)
64  1:49.333  6 PIT
65  2:56.200  7 PIT
66  2:05.775  8 PIT
67  2:11.529  9
68  1:43.327  9
69  1:47.894  9
70  1:43.466  9
71  1:39.592  9
72  1:40.167  9
73  1:38.787  9
74  1:39.398  9
75  1:38.995  9
76  1:42.827  9
77  1:40.893  9
78  1:43.102  9
79  1:42.620  9
80  1:41.522  9
81  1:42.695  9
82  1:40.772  9
83  1:42.309  9

2度目のバーテルスのタイムは69周目に周回遅れに引っかかったものの
それ以外は非常に安定していて順位をしっかりとキープ、
84周目にメルセデス・アリーナで一時25秒の差があったレクナーをオーバーテイク!
この周に最後のピットイン、再び私がマシンに乗り込み、残りを走りきります。

コースに10位で復帰しましたが、周回遅れとヘアピンで絡みスピン・・・
大したロスもなかったのが幸いで、改めて集中力を高めました。

TV視点の動画 84~85周目(5.8MB)

84  1:51.960  9 PIT
85  2:55.929  10
86  1:41.031  10
87  1:40.619  10
88  1:39.729  10
89  1:41.556  10

90周目にザックスカーブでエルドスを抜いて9位、
さらに91周目にレクナーがピットに入り8位に復帰しました。

90  1:44.658  9
91  1:42.264  9
92  1:41.222  8
93  1:41.690  8

前との差は41秒で残り時間は20分を切ってきました。
これ以上は順位を上げられないと思いましたが、
なんとトップを走っていたナスペッティがまさかのリタイア、
諦めていた7位に上がることが出来ました^^

94  1:41.564  7
95  1:41.674  7
96  1:40.184  7
97  1:40.817  7
98  1:40.487  7

前との差も少しずつ縮まり、98周目には10秒以上差を縮めることに成功、
しかし残り時間もどんどん減っていき、残り5分で25秒差・・・
全力で追いかけベストラップ並みのタイムを連発して追いかけましたが、
最終的に前とは23秒差、トップから1周遅れの7位でフィニッシュしました。

ドライバー視点の動画 96周目~ピットガレージに戻るまで(18.3MB)
TV視点の動画 フィニッシュ(1.0MB)

99  1:40.014  7
100 1:41.177  7
101 1:40.450  7
102 1:40.056  7
103 1:42.250  7
104 1:41.388  7 FINISH

優勝したのはポールからスタートしたカルデラーリ。
リードラップは非常に少なかったのですが、今季初優勝を飾りました。
序盤トップを走っていたボッビはまたも後半ペースを落として4位フィニッシュ、
3位にフロントローからスタートしたウェンドリンガーが入り、
フェラーリ勢が1~4位を占めました。

<決勝> ドライ、気温 21℃、路面温度 27℃
P   No  Cl   Driver              Car                  Lap   Time
1   3   GT   E.Calderari       Ferrari 550 Maranello  106 3:01:24.961
2   18  GT   B.Longin          Ferrari 575 GTC        106 +  1:47.237
3   17  GT   K.Wendlinger      Ferrari 575 GTC        105 +     1 Lap
4   1   GT   M.Bobbi           Ferrari 550 Maranello  105 +     1 Lap
5   8   GT   M.Ramos           Saleen S7-R            105 +     1 Lap
6   19  GT   A.Gosse           Ferrari 575 GTC        105 +     1 Lap
7   5   GT   R.Kanjalur        Saleen S7-R            104 +    2 Laps
8   4   GT   W.Lechner         Saleen S7-R            103 +    3 Laps
9   7   GT   T.Erdos           Saleen S7-R            103 +    3 Laps
10  9   GT   V.Hillebrand      Chrysler Viper GTS-R   103 +    3 Laps
11  28  GT   P.Ruberti         Saleen S7-R            103 +    3 Laps
12  14  GT   P.Pearce          Lister Storm           102 +    4 Laps
13  10  GT   A.van der Zwaan   Chrysler Viper GTS-R   101 +    5 Laps
14  2   GT   L.Capellari       Ferrari 550 Maranello  101 +    5 Laps
15  27  GT   J.Campbell-Walter Lister Storm           100 +    6 Laps
16  11  GT   F.Babini          Ferrari 575 GTC         98      Engine
17  69  NGT  G.Ried            Porsche GT3-RS          97 +    9 Laps
18  56  NGT  A.de Castro       Porsche GT3-RSR         97 +    9 Laps
19  77  NGT  A.Vasiliev        Porsche GT3-RSR         96 +   10 Laps
20  99  NGT  L.Luhr            Porsche GT3-RSR         96 +   10 Laps
21  57  NGT  J.Vonka           Porsche GT3-RS          95 +   11 Laps
22  50  NGT  S.Ortelli         Porsche GT3-RSR         93      Brakes
23  62  NGT  C.Pescatori       Ferrari 360 GTC         93      Engine
24  13  GT   E.Naspetti        Ferrari 575 GTC         93     Gearbox

レース終了後のコメントは会見場ではなくピットで行いました^^;
「多くの時間を単独で走ることになったので集中力を保つのが大変でした。
 マシンバランスも悪かったので何度かスピンしてしまいましたし。
 それとペナルティが無ければもう2つほど上だったようなので、
 不満の残るレースとなってしまいました。」

ペナルティに関してはGTR2をやっていて初めての経験だったので、
ピットスルーかストップ&ゴーなのか知らなかったのが痛かったです(汗)
まぁ、リミッターボタンを誤って押して解除させたのが悪いんですけどね^^;

今回チームメイトと私が走った周回数は、30→34→20→20周で4周の差でした~
後半ペースを落とすマシンもいましたがバーテルスは大丈夫だったので、
それだったらもう少し多く走らせたかったです☆

そしてラップチャートです~(画像をクリックすると拡大します)

Race0704lap

GTクラスは1回目のピットストップがほぼ同じですね。
下位チームとNGTはバラバラで、NGTでは1ストップもあったようです。
ちなみに、太い線がGTクラス、細い線がNGTクラスです。

ドライバーズポイントはトップをキープ、2位にウェンドリンガーが上がりました。
ウェイトハンディは今回7位だったので40kgダウンの30kgになりました^^

<ドライバーズ・ポイント>
1   -  23P  30kg  Bartels/Kanjalur
2   △  18P  20kg  Wendlinger/Wolff/Lechner
3   ▼  17P        Lechner/Seiler/Konrad
4   -  17P        Bobbi/Gardel
5   ▼  15P        Cappellari/Gollin
6   △  12P  40kg  Calderari
7   ▼  10P  40kg  Peter/Babini
8   △  8P   30kg  BERT LONGIN
9   ▼  6P         Erdos/Newton
10  -  6P         Gosse/Garbagnati/Daoudi
11  ▼  5P         Coronel/Knapfield/Pearce
12  △  5P         Goodwin/Ramos
13  ▼  3P         Naspetti/Hezemans
14  ▼  1P         Kox/Gavin
15  ▼  1P         Campbell-Walter/Derbyshire

チームポイントは3位に後退、JMBレーシングなんか3台体制ですからね^^;

<チーム・ポイント>
1  -  32P  BMS Scuderia Italia
2  △  32P  JMB Racing
3  ▼  23P  Vitaphone Racing Team
4  ▼  17P  Konrad Motorsport
5  -  13P  G.P.C Giasse Squadra Corse
6  △  12P  Care Racing Development
7  ▼  11P  Ray Mallock Limited
8  ▼  5P   Lister Racing
9  -  1P   Reiter Engineering
10 -  1P   Creation Autosportif

次戦はチェコ共和国のブルノ・サーキットでの3時間レース。
初めてのサーキットになりますが、精一杯がんばります~^^

« レース日記#057-3 | トップページ | モトGP第12戦チェコGP »

レース日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« レース日記#057-3 | トップページ | モトGP第12戦チェコGP »