2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« GP2 第8戦 ヨーロッパGP | トップページ | スーパーGT 第6戦 鈴鹿 »

インディカー・シリーズ第15戦

インディは第15戦、インフィニオン・レースウェイで行われました。

Indy200815a

インフィニオン・レースウェイはGT4をやった方ならご存じですね^^
カリフォルニア州ソノマにあるロードコースで、
起伏が激しく、コーナーも多いので、抜きにくい部類のコースです。

予選はカストロネベスが今季4度目のポールを獲得、
ブリスコーが続きディクソンは5番手、
武藤はスピンを喫したりと結果を残せず、10列目からのスタートとなりました。

<予選>
------ Round 3  -----------------------------
1   03  H.カストロネベス   1:16.9027
2   6   R.ブリスコー       1:16.9185
3   08  W.パワー           1:17.0875
4   11  T.カナーン         1:17.1286
5   09  S.ディクソン       1:17.6682
6   5   O.セルビア         1:17.8377
------ Round 2  -----------------------------
7   02  J.ウィルソン       1:17.0056
8   17  R.ハンターレイ     1:17.0378
9   7   D.パトリック       1:17.0458
10  26  M.アンドレッティ   1:17.2705
11  96  M.ドミンゲス       1:17.4614
12  19  M.モラエス         1:17.5882
------ Round 1 -----------------------------
13  18  B.ジュンケイラ     1:17.8306  Group 1
14  33  EJ.ヴィソ          1:17.4189  Group 2
15  06  G.レイホール       1:17.9012  Group 1
16  10  D.ウェルドン       1:17.4738  Group 2
17  12  T.シェクター       1:18.1238  Group 1
18  4   V.メイラ           1:17.5399  Group 2
19  23  T.ベル             1:18.3267  Group 1
20  27  武藤英紀           1:18.0038  Group 2
21  14  D.マニング         1:18.3885  Group 1
22  15  B.ライス           1:18.1139  Group 2
23  20  E.カーペンター     1:18.4034  Group 1
24  2   AJ.フォイト4世    1:18.3715  Group 2
25  25  M.ロス             1:19.9435  Group 1
26  34  J.カマラ           1:19.4711  Group 2
27  36  E.ベルノルディ       No Time  Group 1

決勝はカストロネベスとブリスコーのペンスキ2台の争いとなりました。
16周目にマーティ・ロスのスピンによるコーションでカストロネベスがピットイン、
上位勢でピットに向かったのは3台だったので15位まで落ち、
トップはブリスコーに、27周目にブリスコーもピットに向かうと
カストロネベスが逆転し36周目に再びトップに立ち、ブリスコーが2位に上がりました。
44周目にカストロネベスは2回目のルーティンを終えると4位で復帰、
カストロネベスは第2スティントを短くして猛追しました。

ブリスコーは53周目に最後のピットストップ、
そして57周目にカストロネベスがピットイン、
ベストタイムを更新しながら走ってきたことで見事にブリスコーの前に立つと、
そのまま差を広げてポールトゥウィン、今季初勝利を飾りました!

ディクソンは中盤まで上位につけていましたが12位でフィニッシュ、
武藤はなかなか順位を上げられずに13位となりました。

<決勝>
1   03  H.カストロネベス   80  1:50:15.8282
2   6   R.ブリスコー       80  +     5.2926
3   11  T.カナーン         80  +    16.6032
4   10  D.ウェルドン       80  +    17.7720
5   7   D.パトリック       80  +    25.8458
6   33  EJ.ヴィソ          80  +    29.3472
7   4   V.メイラ           80  +    29.9895
8   06  G.レイホール       80  +    40.4577
9   02  J.ウィルソン       80  +    42.0357
10  19  M.モラエス         80  +    50.0106
11  15  B.ライス           80  +    55.0361
12  09  S.ディクソン       80  +    55.7145
13  27  武藤英紀           80  +    56.3186
14  26  M.アンドレッティ   80  +    57.5400
15  5   O.セルビア         80  +    58.3690
16  96  M.ドミンゲス       80  +  1:00.7387
17  18  B.ジュンケイラ     80  +  1:00.9454
18  17  R.ハンターレイ     80  +  1:00.9466
19  23  T.ベル             79  +     9.8692
20  2   AJ.フォイト4世    79  +    15.1488
21  36  E.ベルノルディ     79  +    27.4956
22  14  D.マニング         79  +    28.8282
23  20  E.カーペンター     78          -
24  34  J.カマラ           78  +     1.7998
25  08  W.パワー           77          -
26  25  M.ロス             76  +     8.8668
27  12  T.シェクター       56    Mechanical

ドライバーズポイントは、優勝したカストロネベスが53ポイント獲得、
トップディクソンとの差を43ポイントまで縮めました。
残りは3戦なので、チャンピオンの可能性があるのは上位4人、
しかし、ディクソンとカストロネベスに絞られたと言っても良いでしょうね。

<ドライバーズポイント トップ20>
1   -  576P  スコット・ディクソン
2   -  533P  エリオ・カストロネベス
3   -  452P  ダン・ウェルドン
4   -  446P  トニー・カナーン
5   -  390P  ライアン・ブリスコー
6   -  345P  ダニカ・パトリック
7   -  327P  マルコ・アンドレッティ
8   △  315P  武藤英紀
9   △  313P  オリオール・セルビア
10  ▼  310P  ライアン・ハンターレイ
11  △  301P  ヴィットール・メイラ
12  ▼  294P  エド・カーペンター
13  △  284P  バディ・ライス
14  -  279P  ダレン・マニング
15  ▼  277P  ウィル・パワー
16  -  271P  ジャスティン・ウィルソン
17  △  262P  EJ.ヴィソ
18  ▼  259P  グラハム・レイホール
19  -  243P  A.J.フォイト4世
20  -  220P  エンリケ・ベルノルディ

次戦は8月31日にデトロイトのベレ・アイル・パークで決勝が行われます。

« GP2 第8戦 ヨーロッパGP | トップページ | スーパーGT 第6戦 鈴鹿 »

[motorsports] IndyCar」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« GP2 第8戦 ヨーロッパGP | トップページ | スーパーGT 第6戦 鈴鹿 »