2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« FIA GT 第5戦 スパ24時間レース | トップページ | インディカー・シリーズ第14戦 »

キャラミ他

今日は「世界のサーキット」に5コース追加しました~

・ロードアメリカ(アメリカ)

エルクハート・レイクのそばにあるサーキット、
後半の起伏のあるセクションや、中盤の大きなコーナーが特徴
今週末はマツダ・チャンピオンシップとALMSが行われます。

・ポートランド(アメリカ)

チャンプカーで使用されていたコース。
ホームストレートはドラッグコースとも使用されるので幅が広いですね。
ターン1のシケインは幅が広いのですが、クラッシュの起きやすいコーナーのようで、
先日行われたStar Mazda Championshipでもスタート直後にクラッシュが起きました。

・イースタンクリーク・レースウェイ

F1オーストラリアの開催に名乗りを上げている反時計回りのサーキット。
メルボルンでは夕方ですが、ここではナイトレースも可能だとアピールしてます^^
高速1コーナーや2コーナーのヘアピン、その後の連続コーナーなど、
テクニカルな中速サーキットで、このコースもドラッグコースが併設されています。

・キャストルコンブ(イギリス)

のどかな風景の広がる土地にあるサーキット。
1950年にオープンした歴史あるコースで、199年にシケインが2つ作られましたが、
今もオープン当時のレイアウトが残るコースです。

・キャラミ・サーキット

かつてF1南アフリカGPの行われたコースですね。
オープン当初とは大きくレイアウトが変わっていて、以前は時計回りでした。
高速コーナーから低速コーナーまでバランスよく配置されたコースです。

これでようやく50コースに達しました~^^
国によって偏りがあって、オーストラリアが9、イタリアが4、
日本が6、アメリカが9、イギリスが5で、ほかの国は1か2ですね。
日本は富士がまだだし、アメリカはオーバルを1コースも載せていないので、
まだまだこれらの国も増えていくことになりそうです。

100コースを目指した頑張りますね☆
来週更新するか分かりませんが、ヨーロッパのコースを載せる予定ですー

« FIA GT 第5戦 スパ24時間レース | トップページ | インディカー・シリーズ第14戦 »

サーキット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« FIA GT 第5戦 スパ24時間レース | トップページ | インディカー・シリーズ第14戦 »