2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« レース日記#058-1 | トップページ | 9月の日程 »

オリジナルコースの描き方 1

このブログでもオリジナルコースを多く載せていますが、
今回はオリジナルコースの描き方その3,、コースタイプについてです~
2006年に書いた記事の続編でもあります^^
オリジナルコースに興味を持ってみてくれる数人の方は必見かも!?

2006年に書いた記事では本格的なデザインについて、
私なりの描き方を紹介しました。
今回は様々なタイプのコースデザインについてですが、
ラリークロスやカート、市街地と飛行場(改修無し)は省きますね。

まずロードコースについて、土地やデザインはいくつかのタイプに分かれます。

・一般的なコース1
 比較的平坦な、何もない平原や砂漠に建設されるコース
 歴史のあるコースもありますが、新設されるコースでは多い部類。
 十勝、筑波、ミッドオハイオ、サクヒール(バーレーン)、ドバイなど。

・一般的なコース2
 森や山岳地など、切り開かれた土地に作られたコース。
 地形的に起伏の激しいレイアウトになる傾向。
 SUGO、ブランズハッチ、バサースト、ニュルブルクリンク、
 ラグナセカ、インフィニオン、イスタンブールなど。

・公道を利用したコース1
 50年以上前のレースが中心のタイプで、現在は行われていないものが多い。
 市街地コースと違い、一部が常設だったり現在は公道ではないコースもある。
 主にフランスやドイツ、その周辺国に多いタイプだと思います。
 アッセン(現在は常設)、ルマン、スパ=フランコルシャン、
 シャレード、ドニントン(多分)など。

・公道を利用したコース2
 元々あった公道を利用した市街地コースで、最も有名なのはマン島レース^^
 短いコースもありますが、数百キロの数日間で行われるコースもあります。
 ・現在も使用されているコースは・・・
 サーファーズ・パラダイス、ロングビーチ、トロント、ポー、モナコなど。
 ・ロングコースは・・・
 マン島(83km)、イタリア・シチリア島(タルガ・フローリオ、148km)、
 イタリア・コッパ・ドーロ・ドロミテ(313km)、カラブリア(722km)など。
 ・旧公道コースそばに常設コースが建設されたコース
 ザクセンリンク(8.7km→3.6km)、ムジェロ(61km→5.2km)、ブルノ(29km→5.4km)など。

・公道を利用したコース3
 はじめからレースを行うことが決定されていた上で作られた公道。
 幅広いランオフエリアや、スタンドを設ける土地が確保されているのが特徴。
 近年作られる公道コースのほとんどがこの部類だと思います。
 バレンシア、シンガポール、アブダヒ(2008年8月現在は未完成)など。

・公園コース
 公園内の道路をコースに使用したタイプで、
 現在もF1カナダGPやオーストラリアGPなどの国際レースで使われている。
 ベレ・アイル、モントリオール、ファンディドラパーク、アルバートパークなど。

・飛行場を利用したコース1
 現在使用されている飛行場を一時的に封鎖して行うコース。
 コース幅が広く、コンクリート路面が大きな特徴ですが、
 ウォールを設置したり、一部をレース用に作られいる場所もあります。
 バークレイクフロント、エドモントン、セント・ピータース・バーグなど。

・飛行場を利用したコース2
 使われなくなった飛行場をコースに使用した常設のコース。
 イギリスでは多いタイプだと思います。
 シルバーストーン、クロフト、スネッタートン、ベッドフォードなど。
 他にアメリカのセブリングは現在も使われている滑走路がありますが、
 ロードコースの部分では滑走路の役割を果たしていないので、このタイプです。

・競馬場、あるいはオーバル中心のコース
 これはアメリカが圧倒的に多いタイプのコースですね^^
 敷地内にロードコースを併設したり、独立したコースを作る場合もあります。
 オーバルとロードが別のコースは、もてぎ、ファキサ(ブラジル)など、
 オーバル区間を使用するロードコースはインディアナポリスなど。

建設地でのタイプはこのような感じですね~
そしてコースのタイプは・・・

・F1開催可能な本格的コース
 施設や交通面はもちろんですが、コース幅、全長、内容など、全てが求められます。
・国際コース
 グレード2レベル・・・というところでしょうか^^;
 GTマシンやツーリングカーが開催されるようなコースで、
 レイアウトも良いコースがたくさんあります。
・ナショナルコース
 3~4.5km程度の、コース幅が狭くクセのあるコースが多いと思います。
 国内で言えばSUGOや筑波、中山あたりかな・・・
・ショートコース
 コーナーが多いタイプや5コーナー程度もある全長の短いコース。

ここまで、大きくコースのタイプを分類してみました~
次回はコースのレイアウトについて書いてみようと思います。
今後の内容は
・全長やコーナー数、ストレートとカーブについて
・右回りか、左回りか
・イギリス風?
・現代風
・線の描き方(次々回)
・施設、ランオフエリア(次々回)
・試行錯誤(次々回)
・オリジナリティ(次々回)
といった事を書くつもりですので、長くなりますが良かったら見てくださいね^^

« レース日記#058-1 | トップページ | 9月の日程 »

サーキット・オリジナル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« レース日記#058-1 | トップページ | 9月の日程 »