2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« モトGP第13戦サンマリノGP | トップページ | フォーミュラニッポン第7戦富士 »

インディカー・シリーズ第16戦

インディ第16戦はデトロイトの非常設コースで行われました。

Indy200816

デトロイト川にあるベレ・アイル島の公園を利用したコースが舞台、
通常の市街地コース以上に路面が悪いようです^^;

Google Maps

予選はディクソンがポールを獲得、カストロネベスが2番グリッドに付け、
チャンピオン争いの2台がフロントローに並びました。

<予選>
------ Round 3  -----------------------------
1   09  S.ディクソン       1:12.2861
2   03  H.カストロネベス   1:12.7649
3   5   O.セルビア         1:12.9618
4   02  J.ウィルソン       1:13.0530
5   6   R.ブリスコー       1:13.1004
6   06  G.レイホール       1:13.6464
------ Round 2  -----------------------------
7   17  R.ハンターレイ     1:12.9511
8   11  T.カナーン         1:13.2339
9   33  EJ.ヴィソ          1:13.5354
10  7   D.パトリック       1:13.9158
11  10  D.ウェルドン       1:13.9267
12  08  W.パワー             No Time
------ Round 1 -----------------------------
13  26  M.アンドレッティ   1:14.1623  Group 1
14  4   V.メイラ           1:13.6678  Group 2
15  14  D.マニング         1:14.2619  Group 1
16  27  武藤英紀           1:13.9010  Group 2
17  2   AJ.フォイト4世    1:14.3486  Group 1
18  15  B.ライス           1:15.0969  Group 2
19  19  M.モラエス         1:14.4841  Group 1
20  20  E.カーペンター     1:15.3061  Group 2
21  36  A.タグリアーニ     1:16.6407  Group 1
22  34  J.カマラ           1:16.7047  Group 2
23  23  M.デュノー         1:19.0865  Group 1
24  18  B.ジュンケイラ     1:22.3955  Group 2
25  25  M.ロス               No Time  Group 1
26  12  T.シェクター         No Time  Group 2

決勝、スタートでディクソンがトップをキープすると
19周目にコーションを利用してピットイン、しかしこのタイミングは失敗でした。

トップに立ったカストロネベスは32周目まで引っ張り、見事にトップ復帰、
徐々に順位を上げていたウィルソンも同時にピットに向かい2位に付けました。

2度目のピットインでもカストロネベスがトップをキープしましたが、
ウィルソンのペースが良く、73周目にカストロネベスをオーバーテイク!
最後までペースを落とさずに今季初優勝を飾りました!



カストロネベスは2位、3位にカナーン、4位ディクソン、
1回目のピットで順位を落としたディクソンは5位でチェッカーを受けました。
武藤は11位完走を果たしています。

<決勝>
1   02  J.ウィルソン       87  2:00:10.7618
2   03  H.カストロネベス   87  +     4.4058
3   11  T.カナーン         87  +    17.6815
4   5   O.セルビア         87  +    26.5468
5   09  S.ディクソン       87  +    27.7185
6   17  R.ハンターレイ     87  +    28.2688
7   18  B.ジュンケイラ     87  +    28.6815
8   08  W.パワー           87  +    28.8776
9   6   R.ブリスコー       87  +    35.5244
10  2   AJ.フォイト4世    87  +    38.1040
11  27  武藤英紀           87  +    38.3811
12  14  D.マニング         87  +    44.6662
13  06  G.レイホール       87  +    47.8028
14  20  E.カーペンター     87  +  1:01.2771
15  19  M.モラエス         86  +    35.1523
16  7   D.パトリック       86  +    49.3599
17  4   V.メイラ           83  +  1:02.2740
18  26  M.アンドレッティ   81    Mechanical
19  15  B.ライス           76    Mechanical
20  10  D.ウェルドン       64          -
21  12  T.シェクター       56  +  1:06.2375
22  36  A.タグリアーニ     54    Mechanical
23  23  M.デュノー         46      Handling
24  33  EJ.ヴィソ          32       Contact
25  34  J.カマラ           16       Contact
26  25  M.ロス              0         D N S

ドライバーズポイントは、カストロネベスがトップに30P差まで迫りました。
残り2戦、チャンピオンの可能性があるのはトップ2に完全に絞られました。

次戦でディクソンがチャンピオンを決定させるには、
カストロネベスより23ポイント以上多く獲得する必要があります。
カストロネベスとしては20ポイント以上差を縮めたいところでしょう。

<ドライバーズポイント トップ20>
1   -  606P  スコット・ディクソン
2   -  576P  エリオ・カストロネベス
3   △  481P  トニー・カナーン
4   ▼  464P  ダン・ウェルドン
5   -  412P  ライアン・ブリスコー
6   -  359P  ダニカ・パトリック
7   △  345P  オリオール・セルビア
8   ▼  339P  マルコ・アンドレッティ
9   △  338P  ライアン・ハンターレイ
10  ▼  334P  武藤英紀
11  △  321P  ジャスティン・ウィルソン
12  ▼  314P  ヴィットール・メイラ
13  ▼  310P  エド・カーペンター
14  △  301P  ウィル・パワー
15  ▼  297P  ダレン・マニング
16  ▼  296P  バディ・ライス
17  △  276P  グラハム・レイホール
18  ▼  274P  EJ.ヴィソ
19  -  263P  A.J.フォイト4世
20  △  244P  ブルーノ・ジュンケイラ

次戦は9月7日にシカゴランドで決勝が行われます。

« モトGP第13戦サンマリノGP | トップページ | フォーミュラニッポン第7戦富士 »

[motorsports] IndyCar」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« モトGP第13戦サンマリノGP | トップページ | フォーミュラニッポン第7戦富士 »