2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« GP2 第9戦 ベルギーGP | トップページ | GTR2 S-Competition »

インディカー・シリーズ第17戦

インディ第17戦はシカゴランド、ここでチャンピオンが決定します。

Indy200817a

シカゴランド・スピードウェイは1.5マイル(約2.4km)のトライオーバル、
最大バンク角18度のハイスピードで毎年のように超接近戦が繰り広げられます。

チャンピオンシップ争いとしてはこのレースが最後、
カストロネベスは是が非でも優勝を狙いに行くでしょうし、
ディクソンは8位以内でチャンピオンですが、勝って決めたいでしょう。

しかし予選でカストロネベスは、コース内側の白線を越えてしまい無効記録に、
一方のディクソンはフロントローからのスタートとなりました。
なお、ポールはブリスコーが獲得しています。

<予選>
1   6   R.ブリスコー       215.818
2   09  S.ディクソン       215.553
3   7   D.パトリック       215.548
4   11  T.カナーン         215.368
5   26  M.アンドレッティ   215.064
6   10  D.ウェルドン       214.967
7   12  T.シェクター       214.855
8   4   V.メイラ           214.796
9   25  M.ロス             214.794
10  08  W.パワー           214.583
11  27  武藤英紀           214.444
12  5   O.セルビア         214.441
13  20  E.カーペンター     213.790
14  06  G.レイホール       213.523
15  2   AJ.フォイト4世    213.485
16  17  R.ハンターレイ     213.430
17  34  J.カマラ           213.417
18  67  S.フィッシャー     213.389
19  36  A.タグリアーニ     212.943
20  23  M.デュノー         212.857
21  02  J.ウィルソン       212.753
22  15  B.ライス           212.682
23  14  D.マニング         212.406
24  41  F.ペレラ           212.126
25  18  B.ジュンケイラ     212.040
26  33  EJ.ヴィソ          211.996
27  19  M.モラエス         211.451
28  03  H.カストロネベス   No Time

決勝は200周、300マイル(約720km)で競われました。

Indy200817b

スタートでカナーンに抜かれたディクソンでしたが3位をキープして走行、
一方のカストロネベスは1周目で23位に上がると2周目に21位、3周目に18位、
4周目に17位に上がり、そこから毎周のように順位を上げ、
37周目に起きたセルビアのクラッシュによるコーションまでに9位まで浮上。

39周目に全車がピットイン、カナーンがトップに変わり、ディクソンが2位、
ブリスコー3位、カストロネベス8位と順位が入れ替わりました。

49周目に再開されると再びカストロネベスのオーバーテイクショー、
89周目に4位、66周目にはブリスコーに抜かれたディクソンを抜き去りました。

75周目に2度目のイエローコーション、再び全車がピットに入ると、
迅速なピットワークでカストロネベスがとうとうトップに立ちました!
レースが再開された後もトップを守り続けましたが、カストロネベス、カナーン、
そしてウェルドンの3台によるサイドバイサイドで目まぐるしく順位が変動、
ディクソンは一時11位まで後退する苦しい展開になりました。

Indy200817c

108周目に3度目のコーション、前の周にトップを取り戻したカストロネベスが、
全車行ったピット作業でもトップで復帰、ディクソンは8位で戻りました。

再開後も激しい展開が続きましたが、多くの周をカストロネベスがトップ、
ディクソンは少しずつ浮上し155周目に4位に上がりました。

182周目に6度目のコーション、最後のピットインとなりチップガナッシは
素晴らしいピット作業で、ディクソンをトップでコースへ送り出しました。
カストロネベスは2位に下がりましたが、190周目のクラッシュによる
7度目のコーションが明けた194周目から最後のバトル。

長くサイドバイサイドが続きましたが、ラストラップのフィニッシュラインで
アウト側にいたカストロネベスが0.0033秒上回って優勝!
距離にして12インチと1/8(約30.8cm)という超接近戦でした。

Indy200817d

武藤は徐々に順位を落として最後はリタイアに終わっています。

Indy200817e

<決勝>
1   03  H.カストロネベス   200 2:01:04.5907
2   09  S.ディクソン       200 +     0.0033
3   6   R.ブリスコー       200 +     0.0811
4   11  T.カナーン         200 +     0.6128
5   08  W.パワー           200 +     1.3613
6   10  D.ウェルドン       200 +     1.8762
7   14  D.マニング         200 +     2.3257
8   26  M.アンドレッティ   200 +     2.4660
9   17  R.ハンターレイ     200 +     2.8026
10  7   D.パトリック       200 +     2.9309
11  02  J.ウィルソン       200 +     3.0251
12  36  A.タグリアーニ     200 +     4.2105
13  2   AJ.フォイト4世    199 +       -
14  23  M.デュノー         199 +     5.5200
15  41  F.ペレラ           198 +       -
16  25  M.ロス             197 +     4.8779
17  5   O.セルビア         196 +     3.7607
18  34  J.カマラ           187 +     7.9877
19  06  G.レイホール       186      Contact
20  18  B.ジュンケイラ     184 +    11.4137
21  19  M.モラエス         181      Contact
22  27  武藤英紀           177 +       -
23  33  EJ.ヴィソ          136      Contact
24  67  S.フィッシャー     116      Contact
25  15  B.ライス           110      Contact
26  12  T.シェクター        87   Mechanical
27  4   V.メイラ            74      Contact
28  20  E.カーペンター      36      Contact

ドライバーズポイントは以下の通り、チャンピオンはディクソン!
(なお最終戦は非選手権大会なのでポイントは入りません)
カストロネベスは17ポイント及ばず2位、カナーンが3位、武藤は10位。

Indy200817f

<ドライバーズポイント>
1   -  646P  スコット・ディクソン
2   -  629P  エリオ・カストロネベス
3   -  513P  トニー・カナーン
4   -  492P  ダン・ウェルドン
5   -  447P  ライアン・ブリスコー
6   -  379P  ダニカ・パトリック
7   △  363P  マルコ・アンドレッティ
8   △  360P  ライアン・ハンターレイ
9   ▼  358P  オリオール・セルビア
10  -  346P  武藤英紀
11  -  340P  ジャスティン・ウィルソン
12  △  331P  ウィル・パワー
13  ▼  324P  ヴィットール・メイラ
14  △  323P  ダレン・マニング
15  ▼  320P  エド・カーペンター
16  -  306P  バディ・ライス
17  -  288P  グラハム・レイホール
18  -  286P  EJ.ヴィソ
19  -  280P  A.J.フォイト4世
20  -  256P  ブルーノ・ジュンケイラ
21  -  244P  マリオ・モラエス
22  -  220P  エンリケ・ベルノルディ
23  -  174P  ジェイム・カマラ
24  -  166P  マーティ・ロス
25  -  140P  ミルカ・デュノー
26  -  117P  タウンセンド・ベル
27  -  112P  マリオ・ドミンゲス
28  -  72P   ジェイ・ホワード
29  △  71P   フランク・ペレラ
30  ▼  71P   ジョン・アンドレッティ
31  -  66P   トーマス・シェクター
32  △  37P   サラ・フィッシャー
33  ▼  32P   ポール・トレイシー
34  △  30P   アレックス・タグリアーニ
35  ▼  16P   ロジャー・安川
36  ▼  16P   デイビー・ハミルトン
37  ▼  13P   バディ・ラジアー
38  -  10P   アレックス・ロイド
39  -  10P   ジェフ・シモンズ

ルーキー・オブ・ザ・イヤーや武藤がチャンピオン!
ただしフル参戦したインディ系のドライバーは1人だけで、
フル参戦した他のドライバーは全てチャンプカーから来ていたから、
その分の差が少なからずあったように思えます^^;

<ルーキー・オブ・ザ・イヤー トップ5>
1 346P  武藤英紀
2 340P  ジャスティン・ウィルソン
3 331P  ウィル・パワー
4 288P  グラハム・レイホール
5 286P  EJ.ヴィソ

選手権レースは終わりましたが、来月ノンタイトル戦があります。
サーファーズパラダイスで行われる最終戦は10月26日に決勝が行われます。

« GP2 第9戦 ベルギーGP | トップページ | GTR2 S-Competition »

[motorsports] IndyCar」カテゴリの記事

コメント

武藤英紀、ルーキー・オブ・ザ・イヤーのチャンピオンになったんですね!
インディはなんだかんだでもてぎを最後に見てなかったんですが(あんまり知らないもんで)、最初の方は、日本人ルーキーとしての洗礼を受けていたような感じだったと思います。

武藤さんの存在が日本のインディカー人気を間違いなくあげていると思うので(私も武藤さんで知りました)、頑張ってほしいです!

2004年には松浦孝亮がルーキー・オブ・ザ・イヤーになりましたね~
これまで日本人ドライバーは7人か、それ以上参戦していますが、
たいして盛り上がっているように思えないように思えますけどね^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« GP2 第9戦 ベルギーGP | トップページ | GTR2 S-Competition »