2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« GP2 第10戦(最終戦)イタリアGP | トップページ | スーパーGT 第7戦 もてぎ »

モトGP第14戦インディアナポリスGP

モトGP第14戦は初開催のインディアナポリスGPです。

Motogp200814a

今年2度目のアメリカでの開催はインディアナポリス、
二輪ではバンクが危険ということで、オーバルのターン1にシケインを設置し、
反時計回り、つまりF1の逆走、オーバルとして順走で行われます。

フリー走行から雨が降っていたインディアナポリスですが、
予選はドライで行われロッシがポールを獲得、ストーナーは僅かの差で2番手、
ヘイデンとスポット参戦のスピーズのアメリカ人ライダーは2列目からスタート、
中野は苦戦して後方17番グリッドからのスタートとなりました。

<予選>
P   No  Rider
1   46  V.ロッシ            ヤマハ     B  1:40.776
2   1   C.ストーナー        ドゥカティ B  +  0.084
3   48  J.ロレンソ          ヤマハ     M  +  0.401
4   69  N.ヘイデン          ホンダ     M  +  0.495
5   11  B.スピーズ          スズキ     B  +  0.688
6   14  R.ド・プニエ        ホンダ     M  +  0.716
7   4   A.ドビツィオーソ    ホンダ     M  +  0.968
8   2   D.ペドロサ          ホンダ     B  +  0.978
9   24  T.エリアス          ドゥカティ B  +  1.110
10  52  J.トスランド        ヤマハ     M  +  1.121
11  5   C.エドワーズ        ヤマハ     M  +  1.158
12  15  A.デ・アンジェリス  ホンダ     B  +  1.193
13  65  L.カピロッシ        スズキ     B  +  1.529
14  50  S.ギュントーリ      ドゥカティ B  +  1.629
15  7   C.バーミューレン    スズキ     B  +  1.775
16  21  J.ホプキンス        カワサキ   B  +  1.897
17  56  中野真矢            ホンダ     B  +  1.956
18  33  M.メランドリ        ドゥカティ B  +  3.031
19  13  A.ウェスト          カワサキ   B  +  3.155

ハリケーン"アイク"の影響で125ccは雨で途中中断、250ccは中止になる状況。

Motogp200814b

モトGPクラスの開催も危ぶまれましたが、なんとか天候が回復し行われました。

決勝はロッシとストーナーが順位を落とし、ドビツィオーソが良いスタート、
2周目にはヘイデンがトップに立ちました。
ロッシは6周目に一時は5位まで落ちた順位を2位に上げて追い上げます。
一方のストーナーは3周目に5位に落ちてから中々上がってきません。

Motogp200814c

14周目にロッシがトップに、ストーナーも前の周に4位に上がりました。
ロッシはその後もトップをキープしていると、
再び雨が強くなり21周目にレースは中断、雨は止む気配はなく、
ロッシが初開催のこの地で4連勝を飾りました!

Motogp200814d

Motogp200814e

<決勝>
P   No  Rider
1   46  V.ロッシ            ヤマハ     B  37:20.095
2   69  N.ヘイデン          ホンダ     M  +   5.972
3   48  J.ロレンソ          ヤマハ     M  +   7.858
4   1   C.ストーナー        ドゥカティ B  +  28.162
5   4   A.ドビツィオーソ    ホンダ     M  +  28.824
6   11  B.スピーズ          スズキ     B  +  29.645
7   50  S.ギュントーリ      ドゥカティ B  +  36.223
8   2   D.ペドロサ          ホンダ     B  +  37.258
9   7   C.バーミューレン    スズキ     B  +  38.442
10  15  A.デ・アンジェリス  ホンダ     B  +  42.437
11  13  A.ウェスト          カワサキ   B  +  47.179
12  24  T.エリアス          ドゥカティ B  +  55.962
13  14  R.ド・プニエ        ホンダ     M  +  57.366
14  21  J.ホプキンス        カワサキ   B  +  58.353
15  5   C.エドワーズ        ヤマハ     M  +1:00.613
16  65  L.カピロッシ        スズキ     B  +1:05.620
17  56  中野真矢            ホンダ     B  +1:05.854
18  52  J.トスランド        ヤマハ     M  +1:07.968
19  33  M.メランドリ        ドゥカティ B  +1:21.023

ライダーズポイントはとうとう87ポイント差に広がりました。
残り4戦あるので最大獲得ポイントは100Pなので、ペドロサまで可能性がありますが、
ロッシが6ポイント獲得した時点でペドロサのチャンピオンの可能性は消え、
14ポイント獲得すればロッシのチャンピオンが確定します。

ストーナーがチャンピオンになるには4位以内が絶対、
しかしロッシが14位以内にはいるだけでもチャンピオンが確定、
ストーナーが3位でもロッシが11位なら決定、
ストーナー2位の場合はロッシ7位以内、優勝してもロッシが3位以内で決定します。

Motogp200814f

<ライダーズポイント>
1   -  287P  バレンティーノ・ロッシ
2   -  200P  ケーシー・ストーナー
3   -  193P  ダニ・ペドロサ
4   -  156P  ホルヘ・ロレンソ
5   -  129P  アンドレア・ドビツィオーソ
6   -  117P  クリス・バーミューレン
7   -  109P  コーリン・エドワーズ
8   △  104P  ニッキー・ヘイデン
9   ▼  87P   中野真矢
10  △  86P   トニ・エリアス
11  ▼  86P   ロリス・カピロッシ
12  ▼  85P   ジェームス・トスランド
13  △  56P   シルヴァン・ギュントーリ
14  ▼  55P   アレックス・デ・アンジェリス
15  ▼  48P   マルコ・メランドリ
16  -  43P   ランディ・ド・プニエ
17  -  41P   ジョン・ホプキンス
18  -  41P   アンソニー・ウェスト
19  -  20P   ベン・スピーズ
20  -  5P    ジェイミー・ハッキング
21  -  2P    岡田忠之

コンストラクターズはホンダが2位に上がりました。
ヤマハは次戦の結果次第でチャンピオンが確定します。
ちなみに、フィアット・ヤマハもリーチです^^

<コンストラクターズポイント>
1   -  316P  ヤマハ
2   △  243P  ホンダ
3   ▼  241P  ドゥカティ
4   -  149P  スズキ
5   -  71P   カワサキ

250ccは大雨のため中止、125ccも途中で中断され、トップにいたテロールが優勝、
小山知良は19位完走、中上貴晶はリタイアに終わりました。

第15戦はもてぎでの日本GP、決勝は9月28日に行われます。

« GP2 第10戦(最終戦)イタリアGP | トップページ | スーパーGT 第7戦 もてぎ »

[motorsports] MotoGP」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« GP2 第10戦(最終戦)イタリアGP | トップページ | スーパーGT 第7戦 もてぎ »