2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« オリジナルコースの描き方 5 | トップページ | V8スーパーカーズ 第10戦 »

レース日記#059-1

GTR2で行っているレース日記はFIA GT第6戦ドニントンです。
今回はフリー走行の結果を載せますね。

今回はイギリスのドニントンパークで行われるので、
過去のシリーズで何度も走っている、よく知っているコースとなります。
でもこのコースはあまり得意ではないので不安一杯です^^

それと今回からコンピュータのAIレベルを100%から101%に上げました~
チームメイトも1%向上しますが、私だけは上がるわけではないので
置いて行かれないように頑張っていきますっ!

金曜の午前は今にも雨が降りそうな曇天でスタートしました。
今回の午前担当はチームメイトのバーテルス、
比較的すぐコースに出たのですが、NGTクラスの車に引っかかってしまい、
しかも全然抜けずにタイムが出ません。
少しマシだったラップで32秒台が出ましたが、GTクラス最下位に。

開始22分を過ぎたときにパラパラと雨が降り始めると、
次第に雨が本降りになっていき、ドライタイヤではタイムが出なくなりました。
今季初の雨なので、折角だからと各種タイヤをテストすると、
少し濡れた路面時ではインターミディエイトが35秒台だったのが、
ソフトウェットで37、ハードウェットで39秒台を記録、
本降りになるとインターミディが39秒台まで落ち、
ソフトウェットで36秒台が出ました。
(ちなみに本降りの時にドライを試したら47秒台でした^^;)

ということで、序盤20分程までのタイムが反映されることになりましたが、
ウェットでのチームメイトのタイムはトップグループなので、
十分戦えそうな、まずまずの出だしになりました。

ちなみに21番手タイムのT.Mullen、ゲームではT.Sugdenになっていますが、
この年にSugdenは参加してなく、このレースに参戦したのはMullenなので、
今回の結果もゲームでの名前ではなく実際の名前にしています。

<フリー走行1> ドライ→ウェット、気温 25→26℃、路面温度 31→29℃
P  No  Cl    Driver              Car                    L  Time
1  8   GT  M.Ramos           Saleen S7-R                49 1:28.210
2  1   GT  M.Bobbi           Ferrari 550 Maranello      49 1:28.393
3  11  GT  F.Babini          Ferrari 575 GTC            32 1:28.597
4  18  GT  B.Longin          Ferrari 575 GTC            31 1:28.950
5  19  GT  A.Gosse           Ferrari 575 GTC            30 1:29.221
6  27  GT  J.Campbell-Walter Lister Storm               48 1:29.266
7  28  GT  P.Ruberti         Saleen S7-R                41 1:29.374
8  3   GT  E.Calderari       Ferrari 550 Maranello      31 1:29.397
9  13  GT  E.Naspetti        Ferrari 575 GTC            49 1:29.663
10 2   GT  L.Capellari       Ferrari 550 Maranello      49 1:29.781
11 4   GT  W.Lechner         Saleen S7-R                50 1:29.810
12 17  GT  K.Wendlinger      Ferrari 575 GTC            41 1:30.096
13 9   GT  V.Hillebrand      Chrysler Viper GTS-R       29 1:30.976
14 7   GT  T.Erdos           Saleen S7-R                32 1:31.136
15 22  GT  W.Kaufmann        Ferrari 550 Maranello      49 1:31.753
16 10  GT  A.van der Zwaan   Chrysler Viper GTS-R       30 1:32.061
17 5   GT  M.Bartels         Saleen S7-R                37 1:32.873
18 62  NGT C.Pescatori       Ferrari 360 GTC            48 1:33.451
19 50  NGT S.Ortelli         Porsche GT3-RSR            18 1:33.881
20 65  NGT A.Kirkaldy        Ferrari 360 GTC            29 1:33.978
21 88  NGT T.Mullen          Porsche GT3-RSR            30 1:34.125
22 99  NGT L.Luhr            Porsche GT3-RSR            45 1:34.245
23 59  NGT J.Petersen        Porsche GT3-RS             47 1:34.477
24 153 NGT N.Greensall       TVR T400R                  30 1:35.175
25 77  NGT A.Vasiliev        Porsche GT3-RSR            38 1:35.704
26 154 NGT B.Berridge        TVR T400R                  30 1:36.219
27 71  NGT D.Warnock         Porsche GT3-RS             31 1:36.480
28 69  NGT G.Ried            Porsche GT3-RS             18 1:36.846
*60kg...No.5   40kg...No.4   20kg...No.3 No.7   10kg...No.11

フリー走行1が終了してからも雨は止まず、気温は下がっていきます。
午後のフリー走行が始まる頃には雷が鳴る、荒れた天候になりました。

フルウェットタイヤでも一瞬にしてスピンしてしまう氷状態で、
全然まともに走れず、最初に記録したタイムは2分20秒台・・・
徐々にマシになってきても47秒台でNGTクラス以下のタイムしか出ません。

それでも周回を重ねていき、ようやく40秒台に入れて14番手タイムに、
しかし14周目に挙動を乱したところを後ろから追突されスピン、
コース上に止まってしまい、後続のマシンに追突されてしまいました。
マシンは完全に動かなくなってしまい、私のフリー走行は終了・・・

最終的に15番手でフリーを終えました。

<フリー走行2> ヘビーウェット、気温 11→13℃、路面温度 11→15℃
P  No  Cl    Driver              Car                    L  Time
1  7   GT  T.Erdos           Saleen S7-R                46 1:37.185
2  28  GT  P.Ruberti         Saleen S7-R                22 1:37.589
3  8   GT  M.Ramos           Saleen S7-R                33 1:37.712
4  11  GT  F.Babini          Ferrari 575 GTC            33 1:37.900
5  1   GT  M.Bobbi           Ferrari 550 Maranello      32 1:37.960
6  4   GT  W.Lechner         Saleen S7-R                36 1:38.158
7  17  GT  K.Wendlinger      Ferrari 575 GTC            32 1:38.256
8  18  GT  B.Longin          Ferrari 575 GTC            46 1:38.441
9  3   GT  E.Calderari       Ferrari 550 Maranello      47 1:38.556
10 2   GT  L.Capellari       Ferrari 550 Maranello      23 1:38.704
11 27  GT  J.Campbell-Walter Lister Storm               47 1:38.735
12 13  GT  E.Naspetti        Ferrari 575 GTC            45 1:38.999
13 22  GT  W.Kaufmann        Ferrari 550 Maranello      42 1:40.082
14 19  GT  A.Gosse           Ferrari 575 GTC            23 1:40.568
15 5   GT  R.Kanjalur        Saleen S7-R                13 1:40.671
16 9   GT  V.Hillebrand      Chrysler Viper GTS-R       42 1:40.740
17 10  GT  A.van der Zwaan   Chrysler Viper GTS-R       34 1:41.647
18 99  NGT L.Luhr            Porsche GT3-RSR            42 1:41.929
19 50  NGT S.Ortelli         Porsche GT3-RSR            30 1:42.004
20 77  NGT A.Vasiliev        Porsche GT3-RSR            32 1:42.422
21 88  NGT T.Mullen          Porsche GT3-RSR            44 1:42.473
22 62  NGT C.Pescatori       Ferrari 360 GTC            28 1:42.552
23 59  NGT J.Petersen        Porsche GT3-RS             21 1:42.703
24 65  NGT A.Kirkaldy        Ferrari 360 GTC            41 1:43.011
25 154 NGT B.Berridge        TVR T400R                  35 1:43.278
26 153 NGT N.Greensall       TVR T400R                  35 1:43.423
27 71  NGT D.Warnock         Porsche GT3-RS             40 1:43.571
28 69  NGT G.Ried            Porsche GT3-RS             43 1:43.674
*60kg...No.5   40kg...No.4   20kg...No.3 No.7   10kg...No.11

フリー走行後のコメントは・・・
「雨で常にアクアプレーニングと戦っていた感じです。
 明日は晴れて欲しいんですけどね・・・」

なによりも雨が最悪でしたね(涙)
チームメイトはドライでのクリアラップが取れずにGTクラス最下位だし、
私は30分も経たずにクラッシュして何も出来なかったし。
予選では天候が回復してくれれば良いのですが、
イギリスの天気は不安定ですからね^^;

次回は予選です~

« オリジナルコースの描き方 5 | トップページ | V8スーパーカーズ 第10戦 »

レース日記」カテゴリの記事

コメント

雨で本当に厳しそうですねー。
予選、決勝でも雨が降らないと良いですけど、降水確率めちゃ高そうです(笑)

私もドニントンは少し苦手意識があるコースです。
1コーナーとか上りの右とか、リズムに乗れなくておっかなびっくりで進入してますよ(汗)

視界も悪く、ブレーキングポイントも掴みにくい、
さらに直線でもあっという間に滑るから本当に怖いです(汗)
チームメイトや、多くのドライバーがコースオフしてましたからね^^;

予選と決勝ではドライになって欲しいけど、
雨で荒れた展開になれば、誰にでもチャンスはあるかも^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« オリジナルコースの描き方 5 | トップページ | V8スーパーカーズ 第10戦 »