2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« モトGP第18戦(最終戦)バレンシアGP | トップページ | WTCC Rd.21&22 岡山 »

インディカー・シリーズ第18戦

非選手権レースとして行われたインディ最終戦は、
チャンプカーで毎年開催されていたサーファーズパラダイスです。

Indy200818a

予選は濡れた路面で開始され、徐々に乾いていく難しい展開でした。
スピンするマシンも続出する中、ウィル・パワーがポールを獲得、
チャンピオンのスコット・ディクソンは2番手からスタート、
カストロネベスは3列目、武藤は8列目からのスタートとなりました。

<予選>
------ Round 3  -----------------------------
1   8   W.パワー           1:34.9451
2   9   S.ディクソン       1:35.7672
3   6   R.ブリスコー       1:35.8007
4   10  D.フランキッティ   1:35.9336
5   17  R.ハンターレイ     1:36.4030
6   3   H.カストロネベス   1:36.7425
------ Round 2  -----------------------------
7   36  A.タグリアーニ     1:41.3122
8   11  T.カナーン         1:41.4023
9   02  J.ウィルソン       1:42.0429
10  33  EJ.ヴィソ          1:42.9185
11  14  V.メイラ           1:44.3348
12  19  M.モラエス         1:51.5054
------ Round 1 -----------------------------
13  06  G.レイホール       1:55.6155 Group 1
14  26  M.アンドレッティ   1:52.2084 Group 2
15  5   O.セルビア         1:55.6628 Group 1
16  27  武藤英紀           1:53.3353 Group 2
17  18  B.ジュンケイラ     1:58.0183 Group 1
18  4   D.ウェルドン       1:53.9160 Group 2
19  20  E.カーペンター     1:58.7664 Group 1
20  34  J.カマラ           1:54.0514 Group 2
21  23  T.ベル             1:58.9264 Group 1
22  15  B.ライス           1:54.3489 Group 2
23  7   D.パトリック         No Time Group 1
24  2   AJ.フォイト4世      No Time Group 2

決勝はウィル・パワーが良いスタートを切りましたが、
16周目にクラッシュして1位走行中にリタイアしてしまいました。

Indy200818b

変わってトップに立ったのはブリスコー、
ルーティン・ピットで順位を落とした以外ではトップを譲ることなく、
接近していたディクソンを抑えきって、60周のレースに勝利しました!

Indy200818c

ディクソンがわずかの差で2位、3位にハンターレイ、
カストロネベスは7位でフィニッシュ、
武藤は8位完走で、まずまずの結果でシーズンを終えました。

Indy200818d

Indy200818e

<決勝>
1   6   R.ブリスコー       60 1:45:50.3868
2   9   S.ディクソン       60 +     0.5019
3   17  R.ハンターレイ     60 +     9.1179
4   36  A.タグリアーニ     60 +    19.9844
5   5   O.セルビア         60 +    20.4376
6   33  EJ.ヴィソ          60 +    33.7249
7   3   H.カストロネベス   60 +    34.4931
8   27  武藤英紀           60 +    55.7467
9   06  G.レイホール       60 +  1:20.0592
10  15  B.ライス           60 +  1:31.9001
11  4   D.ウェルドン       60 +  1:31.9002
12  02  J.ウィルソン       60 +  1:31.9353
13  26  M.アンドレッティ   60 +  1:38.3970
14  14  V.メイラ           59 +       -
15  18  B.ジュンケイラ     59 +    19.3685
16  10  D.フランキッティ   59 +    34.9402
17  2   AJ.フォイト4世    58 +    16.8508
18  7   D.パトリック       58 +    19.2042
19  34  J.カマラ           58 +  1:28.2824
20  20  E.カーペンター     57   Off Course
21  11  T.カナーン         34   Mechanical
22  8   W.パワー           16   Off Course
23  23  T.ベル              8      Contact
24  19  M.モラエス          7   Off Course

今回のレースはポイントが加算されないので結果は前戦の記事をご覧ください。

2009年の予定は以下の通りです~
(日付は全てアメリカ東海岸、日本時間ではもてぎは18日、その他は+1日の午前)

Round  Race   Track            Layout
Rd.01  04/05  セント・ピータースバーグ  1.8 mile Street
Rd.02  04/19  ロングビーチ              1.968 mile Street
Rd.03  04/26  カンザス                  1.5 mile Oval
Rd.04  05/24  インディアナポリス        2.5 mile Oval
Rd.05  05/31  ミルウォーキー・マイル    1.0 mile Oval
Rd.06  06/06  テキサス *                1.5 mile Oval
Rd.07  06/21  アイオア                  0.875 mile Oval
Rd.08  06/27  リッチモンド *            0.75 mile Oval
Rd.09  07/05  ワトキンス・グレン        3.4 mile Road
Rd.10  07/12  トロント                  1.721 mile Street
Rd.11  07/26  エドモントン              1.973 mile Airport
Rd.12  08/01  ケンタッキー *            1.5 mile Oval
Rd.13  08/09  ミッド・オハイオ          2.258 mile Road
Rd.14  08/23  インフィニオン            2.303 mile Road
Rd.15  08/29  シカゴランド *            1.5 mile Oval
Rd.16  09/06  ベル・アイル              2.07 mile Street
Rd.17  09/19  ツインリンクもてぎ        1.5 mile Oval
Rd.18  10/10  ホームステッド・マイアミ  1.5 mile Oval
(*=ナイトレース)

オーバルが10、常設コースが3、市街地が4、
空港を利用したコースが1つとなりました。
(ただしセント・ピータース・バーグは一部空港を利用しています)
もてぎでのインディ・ジャパンは4月から9月に変更されていますね。
サーファーズパラダイスやメキシコシティでのレースが無いので、
アメリカ、カナダと日本の3カ国で開催となりました。

今年はチャンプカーとインディカーが合併したため、
インディカー側が有利になったり、毎回参戦出来ないチームもありました。
スケジュールも急遽加わったレースもあったりしましたが、
今年起きた問題点も来年には改善されることでしょう。
インディカー、チャンプカー双方の良い部分が生かされるような、
今まで以上に素晴らしいイベントになるといいですね^^

« モトGP第18戦(最終戦)バレンシアGP | トップページ | WTCC Rd.21&22 岡山 »

[motorsports] IndyCar」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« モトGP第18戦(最終戦)バレンシアGP | トップページ | WTCC Rd.21&22 岡山 »