2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« レース日記#059-1 | トップページ | F1第17戦中国GP予選 »

V8スーパーカーズ 第10戦

記事が遅れましたが・・・V8第10戦は伝統のバサースト1000kmです!

V8200810a

毎年マウントパノラマで行われるバサースト1000、
「ニュルブルクリンクを小さくしたコース」とも言えるかもしれませんが、
長いストレートや激しい起伏、ランオフエリアが無く、
マシンが飛んだら崖へ真っ逆さまの峠のような区間など、
ドライバーの勇気が試されるコースだと思います。

V8200810b

ランオフエリアの狭さから、毎年のようにクラッシュが発生しています。
その難しさから、フリー走行が木曜からあり、
セッティング以上にコースに慣れるための走行にも使われるのでしょう。

1000kmのレースなので、前戦に続き1台に二人が乗ります。
FUJITSUシリーズに参戦しているドライバーは、
ここで活躍してV8へのステップアップに繋げたいところでしょう。

金曜のフリー走行1で、コース中盤の左コーナーでウィールがスピン、
少し後ろを走っていたピッターがウィールのマシンを避けきれずに、
激しくクラッシュをしてしまいました。
ピッターには大きな影響はなかったようですが、
ウィールはメディカルセンターに運ばれました。
CTスキャンを行った結果、幸い無事に済んだようで、安心しました。

V8200810c

予選は主にエースドライバーが走りました。
トップタイムはウィンターボトム、J.リチャーズが続き、
ウィンカップは3番手、コートニー、タンダーと、
ポイント上位のドライバーを中心にトップ10に入ってきました。

<予選>
1   6   Mark Winterbottom    Ford Falcon BF       2:07.1920
2   3   Jason Richards       Holden Commodore VE  2:07.2333
3   888 Jamie Whincup        Ford Falcon BF       2:07.2699
4   4   James Courtney       Ford Falcon BF       2:07.2972
5   1   Garth Tander         Holden Commodore VE  2:07.3645
6   15  Rick Kelly           Holden Commodore VE  2:07.4401
7   18  Will Davison         Ford Falcon BF       2:07.4599
8   16  Paul Dumbrell        Holden Commodore VE  2:07.6094
9   111 Fabian Coulthard     Ford Falcon BF       2:07.7321
10  39  Russell Ingall       Holden Commodore VE  2:07.7974
11  14  Max Wilson           Holden Commodore VE  2:07.8022
12  25  Jason Bright         Ford Falcon BF       2:07.9395
13  9   Shane Van Gisbergen  Ford Falcon BF       2:07.9627
14  33  Lee Holdsworth       Holden Commodore VE  2:07.9968
15  17  Steve Owen           Ford Falcon BF       2:08.0369
16  12  Cameron McConville   Holden Commodore VE  2:08.1141
17  5   Luke Youlden         Ford Falcon BF       2:08.1676
18  7   Todd Kelly           Holden Commodore VE  2:08.2226
19  11  Jack Parkins         Holden Commodore VE  2:08.4667
20  2   Craig Baird          Holden Commodore VE  2:08.5766
21  777 Michael Patrizi      Ford Falcon BF       2:09.4965
22  26  Marcus Marshall      Ford Falcon BF       2:09.6397
23  34  Greg Ritter          Holden Commodore VE  2:09.7451
24  55  Tony D'Alberto       Holden Commodore VE  2:09.9264
25  88  Fabrizio Giovanardi  Ford Falcon BF       2:09.9779
26  51  Mark Noske           Holden Commodore VE  2:10.2930
27  67  Matt Neal            Holden Commodore VE  2:11.3259
    50  A.Thompson / P.Weel  Holden Commodore VE     D.N.Q.
    021 K.Scott / C.Pither   Ford Falcon BF          D.N.Q.

ポールを決めるトップ10シュートアウトは土曜に行われます。
しかし午前に行われたフリー走行で、予選6番手のNo.15に乗る、
セカンドドライバーのラディシッチがクラッシュしてしまい、
決勝にも出られなくなってしまいました。

ラディシッチのクラッシュによって予選11番手のM.ウィルソンが加わった
トップ10シュートアウトは、タンダーが見事にポールを獲得!
ウィンターボトムが2番グリッド、ウィンカップは3列目に付きました。

<予選 トップ10 シュートアウト>
1   1   Garth Tander         Holden Commodore VE  2:07.2963
2   6   Mark Winterbottom    Ford Falcon BF       2:07.4206
3   4   James Courtney       Ford Falcon BF       2:07.7025
4   16  Paul Dumbrell        Holden Commodore VE  2:07.8022
5   888 Jamie Whincup        Ford Falcon BF       2:07.9513
6   3   Jason Richards       Holden Commodore VE  2:07.9876
7   18  Will Davison         Ford Falcon BF       2:08.2511
8   111 Fabian Coulthard     Ford Falcon BF       2:08.7800
9   39  Russell Ingall       Holden Commodore VE  2:08.8051
10  14  Max Wilson           Holden Commodore VE  2:09.1940

金曜にクラッシュしたピッターのマシンが修復され決勝に参加、
ラディシッチのクラッシュによって走れなくなったNo.15のR.ケリーは、
No.16のマシンに乗りダンブレルと組んで走ることになりました。

午前10時半に決勝が始まりました。
スタートでNo.1のタンダーがまさかのエンジンストール、
1コーナーまでに最下位に落ちてしまいました。

1時間を経過するとNo.888がトップに立ち、安定感のある走りを見せます。
No.6は2位から5位あたりを行ったり来たり、
No.1は一時8位まで順位を上げましたが、
中盤にクラッシュをしてまた下がり、12位付近に留まっています。

セーフティカーが入りながらも、No.888はその後もトップを守り、
約6時間半、161周のレースを見事に勝利しました!

V8200810d

2位にNo.3、3位はNo.4、4位にNo.6、No.1は12位でフィニッシュ、
完走したのは20台でした。

V8200810e

<決勝>
1   888 C.Lowndes / J.Whincup        Ford     161  6:26:00.4291
2   3   G.Murphy / J.Richards        Holden   161  6:26:02.9269
3   4   D.Besnard / J.Courtney       Ford     161  6:26:05.0115
4   6   S.Richards / M.Winterbottom  Ford     161  6:26:05.6179
5   14  B.Jones / M.Wilson           Holden   161  6:26:10.7530
6   18  W.Davison / S.Johnson        Ford     161  6:26:11.3879
7   5   D.Canto / L.Youlden          Ford     161  6:26:22.0821
8   11  J.Perkins / N.Pretty         Holden   161  6:26:31.2682
9   25  J.Bright / A.Macrow          Ford     161  6:26:33.0971
10  111 F.Coulthard / A.Davison      Ford     161  6:26:55.2568
11  17  W.Luff / S.Owen              Ford     161  6:27:44.7865
12  1   M.Skaife / G.Tander          Holden   160  6:26:28.7851
13  51  M.Noske / D.Wood             Holden   160  6:26:29.5516
14  26  M.Haliday / M.Marshall       Ford     160  6:27:20.9966
15  88  F.Giovanardi / M.Hynes       Ford     159  6:27:04.5276
16  34  S.Ellery / G.Ritter          Holden   157  6:26:34.3450
17  7   T.Kelly / S.Price            Holden   157  6:26:40.0974
18  39  R.Ingall / P.Morris          Holden   156  6:26:20.1896
19  777 M.Patrizi / K.Reindler       Ford     156  6:26:23.7460
20  16  P.Dumbrell / R.Kelly         Holden   127  6:27:09.0506
DNF 55  J.Bergwanna / T.D'Alberto    Holden   159  6:23:48.6252
DNF 2   C.Baird / G.Seton            Holden   146  5:47:52.0327
DNF 67  M.Neal / B.Said              Holden   140  6:18:05.4846
DNF 33  M.Caruso / L.Holdsworth      Holden   139  5:25:44.0087
DNF 9   S.Gisbergen / J.Webb         Ford      91  3:28:54.5246
DNF 12  A.Jones / C.McConville       Holden    40  2:37:40.1895
DNF 021 K.Scott / C.Pither           Ford       8    18:54.5351

ポイントランキングは大きく順位が変わりました。
ドライバーズポイントはウィンカップがトップに立ち、
タンダーが3位に後退、その他ほとんどで順位が入れ替わっています。

<ドライバーズポイント トップ30>
1   △  2316P  Jamie Whincup
2   -  2283P  Mark Winterbottom
3   ▼  2234P  Garth Tander
4   △  1923P  Craig Lowndes
5   -  1865P  Will Davison
6   △  1834P  Steven Richards
7   △  1802P  James Courtney
8   ▼  1792P  Rick Kelly
9   △  1471P  Steven Johnson
10  -  1464P  Russell Ingall
11  ▼  1399P  Lee Holdsworth
12  △  1362P  Mark Skaife
13  ▼  1347P  Todd Kelly
14  △  1333P  Fabian Coulthard
15  ▼  1208P  Shane Van Gisbergen
16  △  1178P   Jason Richards
17  △  1176P   Greg Murphy
18  △  1020P   Jason Bright
19  ▼  1018P  Cameron McConville
20  -  984P   Paul Morris
21  ▼  957P   Michael Caruso
22  ▼  956P   Paul Dumbrell
23  △  843P   Shane Price
24  ▼  829P   Andrew Jones
25  △  767P   Marcus Marshall
26  ▼  658P   Tony D'Alberto
27  △  582P   Michael Patrizi
28  ▼  551P   Andrew Thompson
29  △  459P   David Besnard
30  ▼  362P   Kayne Scott

チームポイントはフォード・パフォーマンスが271ポイントしか獲得出来ず、
350ポイント越えの2~5位のチームが差を縮めました。
1位と2位との差は僅か15ポイント差です。

<チームポイント>
1   -  3498P  Ford Performance Racing
2   -  3483P  Team Vodafone
3   -  3198P  Toll Holden Racing Team
4   -  2808P  Jim Beam Racing
5   -  2752P  Stone Brothers Racing
6   -  2568P  HSV Dealer Team
7   -  2288P  Garry Rogers Motorsport
8   -  2165P  Supercheap Auto Racing
9   △  2009P  Jack Daniels Racing
10  ▼  1919P  Brad Jones Racing
11  -  1844P  Tasman Motorsport
12  -  1493P  Britek Motorsport
13  -  1177P  Glenfords Racing (S)
14  -  658P   Rod Nash Racing (S)
15  △  551P   PWR Performance Products (S)
16  ▼  492P   Team Kiwi Racing (S)
17  -  486P   Ausdrill Ford Rising Stars (s)

第11戦はサーファーズパラダイスで、10月23~26日に行われます。

« レース日記#059-1 | トップページ | F1第17戦中国GP予選 »

[motorsports] V8 Supercars」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« レース日記#059-1 | トップページ | F1第17戦中国GP予選 »