2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« V8スーパーカーズ 第12戦 | トップページ | レース日記#059-4 »

レース日記#059-3

ビデオ作成とYouTubeアップロードのために遅くなってしまいましたが、
レース日記の第6戦ドニントンでの決勝、序盤です~

予選ではハンディも大きかったこともあって約1秒遅れの12番手、
少しでもペースを上げるためにもウォームアップで微調整をし、
私が走行して14番手タイム、順位的にはいまいちですが、
決して悪いほどではありません。

とはいえ、決勝をこのまま戦ったらポイント圏内も不可能、
そこで普段とは違う作戦をとることになりました。

これまでは2スティントまである程度引っ張り、
3スティント以降をやや短めにして、後半に戦略変更が可能にしていました。
今回は1スティントをチームメイトが走行して出来るだけ引っ張るのは同じ、
しかし私にドライバー交代する2スティントは短くして、
ピットストップの時間を短く、軽い状態で走って順位を上げる、
変則的な戦略を選ぶことにしました。

私の走行に安定性が欠けるのと、チームメイトの方がペースが良いことで、
スティント分けを36周、26周、31周、残り(35周?)としました。

決勝はどんよりとした曇り空ですが、天気予報からして持ちそうな様子、
最後まで雨が降らないように願いつつ、
チームメイトの走行様子をモニターで見つめます。

スタートは12位をキープすると、ヘアピンでエルドスを抜いて11位に、
2周目、1秒以内の差で前を追いかけます。

<スタート ~ 2周目 オンボード映像>
   
<スタート ~ 2周目 TV映像>
   

3周目、ロンギンに迫ったのですが抜けませんでした。
5周目も接近しましたが抜くことは出来ず、後続も迫ってきます。

(周、タイム、前との差、順位)
0   -:--.---        12  Start
1   1:36.454  -1.0  11
2   1:30.518  -1.0  11
3   1:30.800  -1.4  11
4   1:30.781  -0.4  11
5   1:31.658  -1.4  11
6   1:32.771  -2.7  11

7周目、ややペースを落として離されてしまいまい、
12周目には一旦は差を広げていた後ろの車が迫ってきました。
しかし翌周には自己ベストを更新して再び差を広げました。

7   1:31.416  -4.8  11
8   1:33.581  -7.4  11
9   1:30.303  -7.3  11
10  1:32.976  -8.1  11
11  1:31.214  -11.0  11
12  1:31.837  -11.9  11
13  1:30.141  -12.8  11

14周目、周回遅れが現れ、少しペースを崩してしまいますが、
翌周には再びベースを上げて自己ベストを更新していきます。

14  1:33.661  -14.3  11
15  1:30.136  -12.6  11
16  1:30.128  -10.4  11
17  1:30.047  -9.7  11
18  1:30.408  -9.1  11
19  1:30.326  -5.3  11

10秒以上差を付けられていた前との差は6秒に縮まりましたが、
周回遅れが増えてきてペースを落とすことが多くなり始めました。
後ろとの差は7秒に広がり、前だけに注目するようになりました。

23周目、前の車が周回遅れに引っかかって3秒差まで縮めましたが、
24周目には同じ周回遅れに引っかかり5秒差に広がってしまいました。

20  1:32.497  -7.7  11
21  1:30.329  -6.9  11
22  1:30.301  -4.5  11
23  1:32.809  -3.1  11
24  1:32.642  -3.3  11
25  1:33.191  -5.5  11
26  1:30.823  -5.6  11
27  1:30.500  -5.4  11
28  1:30.861  -2.3  11

29周目、マクリーンコーナーでナスペッティをオーバーテイク、
32周目終了時にレクナーがピットに向かい9位に上がりました。

33周目、周回遅れで一気に前後の差が無くなると、
最終コーナーでキャンベル・ウォルターに抜かれてしまいました。
またこの周の終了時にウェンドリンガー、カペラッリがピットに向かい8位、

34周目の1コーナーでラモスを抜き7位に上がると、
カルデラーリがリタイアして1つ順位が上がり、
ルベッティがピットに向かったため、5位に上がりました。

燃料もなくなった35周目に1回目のピットストップ、
ドライバーチェンジして私がマシンに乗り込みました。
燃料は70リットルを積み、迅速なピット作業でコースへ復帰すると、
1コーナーでスピンしましたが(汗)、36周目に7位へ上がり、
4つも順位を上げることに成功しました。

しかし、このピット作戦で喜んでばかりいては後半逆転されるので、
私も出来る限りの走りをしなければなりません。

<33周目 ~ 36周目 オンボード映像>
   
<33周目 ~ 36周目 TV映像>
   

29  1:31.292  -0.3  10
30  1:31.758  -1.5  10
31  1:31.891  -1.4  10
32  1:31.098  -0.7  9
33  1:37.353  -0.7  8
34  1:32.772  -2.1  5
35  2:45.375  -31.1  9 PIT
36  1:47.750  -28.8  7

今回はここまでです~
次回はレース中盤、少しでも前との差を縮めて
チームメイトにバトンを渡したいところですが・・・

« V8スーパーカーズ 第12戦 | トップページ | レース日記#059-4 »

レース日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« V8スーパーカーズ 第12戦 | トップページ | レース日記#059-4 »