2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« レース日記#059-3 | トップページ | 第55回マカオGP »

レース日記#059-4

第6戦ドニントンのレースは中盤に入りました。
ここまでは作戦通りで順調に周回を重ねていましたが・・・

38周目の終了時にキャンベル・ウォルターがピットに入り、
予想していた以上の6位まで上がって来ました。
前との差は25秒近く離れていますが、後ろとの差は5秒以上あり、
時々現れる周回遅れを除けば毎周のようにクリアラップで走れました。

(周、タイム、前との差、順位)
37  1:32.778  -26.7  7
38  1:32.052  -0.2  7
39  1:31.526  -24.6  6
40  1:31.520  -25.0  6
41  1:30.441  -21.1  6
42  1:31.443  -22.6  6
43  1:31.474  -23.3  6
44  1:31.451  -24.7  6

45周目の1コーナーで周回遅れを抜くときに芝に足を落としてタイムロス、
47周目にはオールドヘアピンで目の前のマシンがコースオフしたので、
すこし緊張が走り、それが原因かヘアピンでミスをしてしまいました(汗)

気を落ち着かせて再び30秒台にタイムを入れましたが、
50周目、3コーナーのクレイナー・カーブで止まっているマシンに気づくと、
回避行動を取ったつもりですが、思いっきり突っ込んでしまいました・・・
マシンは完全に止まってしまい、リタイアとなってしまいました(涙)

<44 ~ 50周目 オンボード映像>
   
<44 ~ 50周目 TV映像>
   

45  1:32.623  -26.8  6
46  1:30.494  -26.0  6
47  1:33.676  -22.2  6
48  1:30.752  -21.7  6
49  1:30.683  -23.0  6
50  retire

優勝はロンギン、なんと上位4台がフェラーリでした^^;

<決勝> ドライ、気温 25℃、路面温度 35℃
P   No  Cl   Driver              Car                  Lap   Time
1   18  GT   B.Longin          Ferrari 575 GTC        111 3:00:05.771
2   11  GT   F.Babini          Ferrari 575 GTC        111 +    55.170
3   2   GT   L.Capellari       Ferrari 550 Maranello  111 +  1:05.629
4   1   GT   M.Bobbi           Ferrari 550 Maranello  111 +  1:21.746
5   4   GT   W.Lechner         Saleen S7-R            110 +     1 Lap
6   22  GT   W.Kaufmann        Ferrari 550 Maranello  110 +     1 Lap
7   27  GT   J.Campbell-Walter Lister Storm           110 +     1 Lap
8   7   GT   T.Erdos           Saleen S7-R            110 +     1 Lap
9   17  GT   K.Wendlinger      Ferrari 575 GTC        109     Gearbox
10  8   GT   M.Ramos           Saleen S7-R            109 +    2 Laps
11  13  GT   E.Naspetti        Ferrari 575 GTC        109 +    2 Laps
12  19  GT   A.Gosse           Ferrari 575 GTC        109 +    2 Laps
13  9   GT   V.Hillebrand      Chrysler Viper GTS-R   108 +    3 Laps
14  62  NGT  C.Pescatori       Ferrari 360 GTC        106 +    5 Laps
15  99  NGT  L.Luhr            Porsche GT3-RSR        105 +    6 Laps
16  77  NGT  A.Vasiliev        Porsche GT3-RSR        105 +    6 Laps
17  154 NGT  B.Berridge        TVR T400R              105 +    6 Laps
18  65  NGT  A.Kirkaldy        Ferrari 360 GTC        104        Fuel
19  28  GT   P.Ruberti         Saleen S7-R            104        Fuel
20  153 NGT  N.Greensall       TVR T400R              104 +    7 Laps
21  88  NGT  T.Mullen          Porsche GT3-RSR        104 +    7 Laps
22  59  NGT  J.Petersen        Porsche GT3-RS         103 +    8 Laps
23  10  GT   A.van der Zwaan   Chrysler Viper GTS-R   103 +    8 Laps
24  69  NGT  G.Ried            Porsche GT3-RS         102 +    9 Laps
25  71  NGT  D.Warnock         Porsche GT3-RS         100      Engine
26  5   GT   R.Kanjalur        Saleen S7-R             49  Suspension
27  50  NGT  S.Ortelli         Porsche GT3-RSR         46    Accident
28  3   GT   E.Calderari       Ferrari 550 Maranello   33  Suspension

レース後のコメントは・・・
「イエローフラッグに気づいてペースを少し落としてはいたのですが、
コース真ん中に止まっていたポルシェを避けられませんでした。
良い戦略を持って望んだレースでこのような結果は残念です。」

ドライバーズポイントはレクナー組に並ばれてしまいました。
しかもリタイアだったことでハンディが減らず・・・厳しいです(涙)

<ドライバーズ・ポイント>
1   -  31P  60kg  Bartels/Kanjalur
2   -  31P  10kg  Lechner/Seiler/Konrad
3   -  24P  20kg  Cappellari/Gollin
4   △  22P  40kg  Peter/Babini
5   △  22P        Bobbi/Gardel
6   △  18P  40kg  Longin/Khan/Lechner
7   ▼  18P        Wendlinger/Wolff/Lechner
8   ▼  17P  20kg  Calderari/LivioBryner
9   ▼  13P        Erdos/Newton
10  -  6P         Gosse/Garbagnati/Daoudi
11  -  5P         Coronel/Knapfield/Pearce
12  -  5P         Naspetti/Hezemans
13  -  5P         Goodwin/Ramos
14  △  3P         Campbell-Walter/Derbyshire
15  △  3P         Kaufmann/Mayall/Croydon
16  ▼  1P         Kox/Gavin

チームポイントはコンラッドに並ばれていますが、3位は変わりませんでした。

<チーム・ポイント>
1   -  46P  BMS Scuderia Italia
2   -  42P  JMB Racing
3   -  31P  Vitaphone Racing Team
4   -  31P  Konrad Motorsport
5   -  27P  G.P.C Giasse Squadra Corse
6   -  18P  Ray Mallock Limited
7   -  17P  Care Racing Development
8   -  5P   Lister Racing
9   △  3P   Creation Autosportif
10  △  3P   Wieth Racing
11  ▼  1P   Reiter Engineering

前戦にも1度巻き込まれましたが、今回は最悪でした。
久しぶりに落ち込みましたが、次のレースのことを考えれば
そんな落ち込んでいられるわけはありません。

というのは、第7戦はスパ=フランコルシャンでの24時間レース!
難コースでの耐久レースをなんとしてでも制しないと!!

今回の結果を糧にして新たに気を引き締める必要がありそうです!
次回は久しぶりの番外編です^^;

« レース日記#059-3 | トップページ | 第55回マカオGP »

レース日記」カテゴリの記事

コメント

今回は最悪の形で終わってしまいましたね(汗)。
期待を持てるレース展開でなければまだ残念で無いですが・・・。
私もまだUPしてないレースで、最悪の結果となってしまいました。しかも自分のミスですから、目も当てられません(笑)。
やっぱり次のレースへの意識をどう持つかが大事ですよねー。

最低でも2ポイントは獲得できたと思うんですよね。
しかもウェイトハンディも減算されるはずが、
リタイアするとハンディが減らないとは・・・(涙)

今回は映像を載せるのも恥ずかしい内容でしたよ^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« レース日記#059-3 | トップページ | 第55回マカオGP »