2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« ついでに | トップページ | GTFC »

FIA GT 第10戦(最終戦) サンルイス

FIA GT選手権の最終戦は初開催のサン・ルイスで行われました。

Fiagt200810a

アルゼンチンの首都ブエノスアイレスから西へ
約600kmのところにあるサンルイス、その郊外が舞台となりました。

Google Maps

Fiagt200810b

予選ではファスラーがポールを獲得、
チャンピオンにリーチがかかるベルトリーには4番グリッド、
逆転を狙うヘーゼマンズは6番手で、苦しくなりました。

<予選>
P   #   Cl   Drivers         Car                     Time
1   5   GT1  M.Fassler      Corvette Z06             2:13.236
2   7   GT1  F.Mackowiecki  Saleen S7                2:13.379
3   2   GT1  A.Negrao       Maserati MC12            2:14.001
4   1   GT1  A.Bertolini    Maserati MC12            2:14.542
5   4   GT1  B.Longin       Saleen S7                2:14.765
6   6   GT1  M.Hezemans     Corvette Z06             2:15.569
7   38  GT1  M.Basso        Ferrari 550 Maranello    2:16.629
8   95  GT2  M.Russo        Ferrari F430             2:19.066
9   61  GT2  R.Westbrook    Porsche 911 GT3 RS(997)  2:19.313
10  55  GT2  T.Mullen       Ferrari F430             2:19.504
11  60  GT2  M.Palttala     Porsche 911 GT3 RS(997)  2:19.606
12  56  GT2  A.Kirkaldy     Ferrari F430             2:20.214
13  57  GT2  N.Cadei        Ferrari F430             2:20.219
14  62  GT2  F.Babini       Ferrari F430             2:20.396
15  77  GT2  M.Malucelli    Ferrari F430             2:20.545
16  51  GT2  C.Montanari    Ferrari F430             2:20.717
17  101 G2   R.Kuppens      Gillet Vertigo           2:22.101
18  78  GT2  JM.balbiani    Ferrari F430             2:22.379
19  37  GT1  JM.Lopez       Ferrari 550 Maranello    2:48.017
--  50  GT2  T.Vilander     Ferrari F430            17:30.184

決勝はマコウィエッキが良いスタートを切り、
長い間トップを走行していたのですが、
中盤にファスラーに抜かれると、その後クラッシュしてリタイアに、
ファスラーもリザッティが後半リタイアしてしまいました。

Fiagt200810c

トップに立ったロンギン&クンペン組を
ハイペースで追い上げていたヘーゼマンズ&ゴリン組が迫りましたが、
最後までロンギンが抑えきって優勝!

Fiagt200810d

ベルトリーニ&バーテルス組が5位に入ってチャンピオン獲得しました!

Fiagt200810e

チェッカー後にトップ2台が接触したのは残念でした。

Fiagt200810f

GT2ではルッソ&ペレス・コンパンク組が優勝しています。
(画像をクリックすると拡大します)

Fiagt200810g

(左がGT1クラス、右がGT2クラスの表彰式)
<決勝>
P   #   Cl   Drivers                    Laps   Time
1   4   GT1  Longin/Kumpen               51  2:00:02.994
2   6   GT1  Hezemans/Gollin             51  +     0.561
3   3   GT1  Soulet/Ledesma/Fumal        51  +    34.211
4   37  GT1  Lopez/Tuero                 51  +  1:42.310
5   1   GT1  Bertolini/Bartels           51  +  2:13.996
6   95  GT2  Russo/Perez Companc         50  +     1 Lap
7   50  GT2  Bruni/Vilander              50  +     1 Lap
8   51  GT2  Montanari/Biagi             50  +     1 Lap
9   56  GT2  Kirkaldy/Bell               49  +    2 Laps
10  60  GT2  Palttala/Forsten            49  +    2 Laps
11  77  GT2  Malucelli/Ruberti           49  +    2 Laps
12  62  GT2  Babini/Davies               49  +    2 Laps
13  57  GT2  Cadei/Moser                 49  +    2 Laps
14  55  GT2  Mullen/Niarchos             46  +    5 Laps
15  78  GT2  Camathias/Balbiani          45  +    6 Laps
16  5   GT1  Fassler/Risatti             41  +   10 Laps
17  101 G2   Kuppens/Leinders            27  +   24 Laps
18  7   GT1  Mackowiecki/Berville        25  +   26 Laps
19  2   GT1  Negrao/Ramos                20  +   31 Laps
20  38  GT1  Mazzacane/Basso             17  +   34 Laps
21  61  GT2  Collard/Westbrook            5  +   46 Laps

ポイントスタンディングの最終結果は以下の通り。
ベルトリーニ&バーテルス組がチャンピオンに輝き、
ヴァイタフォン・レーシングからのチャンピオンは4年連続になりました。
(画像をクリックすると拡大します)

Fiagt200810h

<GT1 ドライバーズ・チャンピオンシップ トップ10>
1  70P   Andrea Bertolini / Michael Bartels
2  66P  Fabrizio Gollin / Mike Hazemans
3  52.5P Miguel Ramos / Alexandre Negrao
4  48.5P Marcel Fässler
5  45.5P Jean-Denis Deletraz
6  44P   Karl Wendlingar / Ryan Sharp
7  40P   Philipp Peter / Allan Simonsen
8  32.5P Christophe Bouchut / Xavier Maassen
9  20P   Stephan Sarrazin / Eric Van de Poele
10 18.5P Anthony Kumpen / Bert Longin
<GT1 チーム・チャンピオンシップ>
1  122.5P Vitaphone Racing Team
2  107P   Phoenix Racing
3  59P    Jetalliance Racing
4  40P    Gigawave Motorsport
5  38.5P  Selleslagh Racing Team
6  18.5P  PekaRacing nv
7  10P    Larbre Competition
8  9.5P   IPB Spartak Racing
   9.5P   JMB Racing
9  7P     ACA Argentina
10 1P     Team Vitasystems
<GT2 ドライバーズ・チャンピオンシップ トップ10>
1  93P   Toni Vilander / Gianmaria Bruni
2  60.5P Matteo Malucelli / Paolo Ruberti
3  51P   Richard Westbrook
4  45P   Christian Montanari / Thomas Biagi
5  41P   Emmanuel Collard
6  37P   Andrew Kirkaldy / Rob Bell
7  35.5P Joël Camathias
8  33.5P Davide Rigon
9  27P   Tim Mullen
10 25.5P Matias Russo
<GT2 チーム・チャンピオンシップ>
1  138P  AF Corse
2  76P   BMS Scuderia Italia
3  69.5P Prospeed Competition
4  61P   CR Scuderia
5  26.5P Scuderia Ecosse
6  24.5P Advanced Engineering Pecom Racing Team
7  19P   Kessel Racing
8  8P    K plus K Motorsport
9  4.5P  IMSA Performance Matmut
10 1P    Trackspeed Racing
11 0.5P  Juniper Racing
<サイテーション・カップ>
1  20P  Wolfgang Kaufmann
   20P  Aliaksandr Talkanitsa
2  8P   Miro Konopka
   8P   Sean Edwards

来年の日程はこのようになっています。

第1戦 05/03 イギリス   シルバーストン
第2戦 05/23 イタリア   アドリア
第3戦 06/28 ドイツ    オッシャースレーベン
第4戦 07/26 ベルギー   スパ=フランコルシャン24時間レース
第5戦 08/30 ルーマニア  ブカレスト
第6戦 09/13 ポルトガル  アルガルベ(暫定)
第7戦 10/11 ベルギー   ゾルダー
第8戦 11/22 アルゼンチン サンルイス(暫定)

フランス(ノガロ)とチェコ(ブルノ)、モンツァが消えて、
ポルトガルの新コース、アルガルベが増える全8戦の予定ですが、
レース数が2つ減ってしまいましたね・・・
今回のエントリー数も少なかったし、今後が不安ですが、
来年どうなるのか注目してみていこうと思います。

« ついでに | トップページ | GTFC »

[motorsports] FIA GT」カテゴリの記事

コメント

後はレース日記でもタイトルが獲れれば完璧ですね!
スパ耐久・・・大変そうですが(汗)、頑張ってくださいー。

やっぱり応援しているちーむやドライバーが勝のは嬉しいですね♪
レース日記の方は今週フリーと予選を走ろうと思ってます~
くだらないミスだけはしないようにがんばります^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ついでに | トップページ | GTFC »