2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« そういえば・・・ | トップページ | オリジナルコースの描き方 8 »

V8スーパーカーズ 第13戦

第13戦はタスマニア島にあるシモンズ・プレインスで行われました。

V8200813a

予選は逆転を狙う昨年王者がポールを獲得、ウィンカップが2番手で、
総合2位のウィンターボトムが3番手に入り、トップ3が上位を占めました。

<予選>
1   1   Garth Tander         Holden Commodore VE  0:51.8338
2   88  Jamie Whincup        Ford Falcon BF       0:52.0438
3   5   Mark Winterbottom    Ford Falcon BF       0:52.0479
4   33  Lee Holdsworth       Holden Commodore VE  0:52.0708
5   17  Steven Johnson       Ford Falcon BF       0:52.0846
6   4   James Courtney       Ford Falcon BF       0:52.1173
7   15  Rick Kelly           Holden Commodore VE  0:52.1180
8   6   Steven Richards      Ford Falcon BF       0:52.1377
9   888 Craig Lowndes        Ford Falcon BF       0:52.1694
10  7   Todd Kelly           Holden Commodore VE  0:52.2593
11  16  Paul Dumbrell        Holden Commodore VE  0:52.3095
12  25  Jason Bright         Ford Falcon BF       0:52.4432
13  14  Cameron McConville   Holden Commodore VE  0:52.4661
14  39  Russell Ingall       Holden Commodore VE  0:52.4915
15  67  Paul Morris          Holden Commodore VE  0:52.5321
16  9   Shane Van Gisbergen  Ford Falcon BF       0:52.5472
17  3   Jason Richards       Holden Commodore VE  0:52.5900
18  18  Will Davison         Ford Falcon BF       0:52.6107
19  34  Michael Caruso       Holden Commodore VE  0:52.6349
20  51  Greg Murphy          Holden Commodore VE  0:52.6631
21  2   Mark Skaife          Holden Commodore VE  0:52.7659
22  55  Tony D'Alberto       Holden Commodore VE  0:52.8247
23  11  Jack Perkins         Holden Commodore VE  0:52.8301
24  12  Andrew Jones         Holden Commodore VE  0:52.8496
25  777 Michael Patrizi      Ford Falcon BF       0:52.9292
26  111 Fabian Coulthard     Ford Falcon BF       0:53.0140
27  26  Marcus Marshall      Ford Falcon BF       0:53.0589
28  50  Andrew Thompson      Holden Commodore VE  0:53.1012
29  021 Daniel Gaunt         Ford Falcon BF       0:53.5765

小雨が降る中で行われたレース1、
スタートでトップに立ったのはウィンカップ、
しかし3周目にタンダーに抜かれると、翌周にトッド・ケリーに、
さらに5周目にはギスバーゲンにも抜かれてしまいました。

11周目、タンダーは最終コーナー手前でコースオフ、
そのままピットに向かいましたが、
再びコースへ戻るとヘアピンでミスをして
大きくタイムロスをしてしまいました。

V8200813b

タンダーのミスと、パーキンスのリタイアでセーフティカーが導入、
17周目のレース再開時にはT.ケリーがトップに立ちました。

21周目頃からピットに向かうマシンが増え、
この作業で再びウィンカップがトップに立ったのですが、
35周目にT.ケリーがもう一度抜くと、
その後はトップを守りきって今季初優勝を飾りました!

V8200813c

ウィンカップは苦しみながらも2位フィニッシュ、
3位にウィンターボトム、タンダーはミスが響いて20位となりました。

<レース1>
1   7   Todd Kelly           Holden Commodore VE  50  52:25.8991
2   88  Jamie Whincup        Ford Falcon BF       50  52:26.9285
3   5   Mark Winterbottom    Ford Falcon BF       50  52:27.3095
4   18  Will Davison         Ford Falcon BF       50  52:33.2138
5   9   Shane Van Gisbergen  Ford Falcon BF       50  52:33.6954
6   888 Craig Lowndes        Ford Falcon BF       50  52:40.7405
7   25  Jason Bright         Ford Falcon BF       50  52:42.1608
8   17  Steven Johnson       Ford Falcon BF       50  52:58.2160
9   111 Fabian Coulthard     Ford Falcon BF       50  53:01.9825
10  33  Lee Holdsworth       Holden Commodore VE  50  53:02.8942
11  3   Jason Richards       Holden Commodore VE  50  53:04.2796
12  777 Michael Patrizi      Ford Falcon BF       50  53:06.5387
13  39  Russell Ingall       Holden Commodore VE  50  53:13.5191
14  14  Cameron McConville   Holden Commodore VE  50  53:18.3519
15  50  Andrew Thompson      Holden Commodore VE  50  53:20.3003
16  51  Greg Murphy          Holden Commodore VE  50  53:20.4295
17  34  Michael Caruso       Holden Commodore VE  49  52:29.4529
18  26  Marcus Marshall      Ford Falcon BF       49  52:29.5187
19  15  Rick Kelly           Holden Commodore VE  49  52:31.5082
20  1   Garth Tander         Holden Commodore VE  49  52:32.6878
21  16  Paul Dumbrell        Holden Commodore VE  49  52:37.0135
22  12  Andrew Jones         Holden Commodore VE  49  52:39.2819
23  67  Paul Morris          Holden Commodore VE  49  52:39.5215
24  55  Tony D'Alberto       Holden Commodore VE  49  52:42.7176
25  2   Mark Skaife          Holden Commodore VE  49  53:14.8497
26  021 Daniel Gaunt         Ford Falcon BF       48  52:30.0556
DNF 11  Jack Perkins         Holden Commodore VE  12  11:24.8206
DNF 6   Steven Richards      Ford Falcon BF        2   2:04.1566
DNF 4   James Courtney       Ford Falcon BF        2   2:04.8867

レース2はすっきりと晴れた、ドライコンディションになりました。

V8200813d

このレースもスタートダッシュを決めたのはウィンカップ、
ウェットの時とは違って少しずつ差を広げていきます。
6周目からルーティン作業が始まりました。

19周目にダルベルトがヘアピンでコースオフしてセーフティカー、
この時点での順位はウィンカップ、T.ケリー、ウィンターボトム、
ロウンデスというトップ4台、22周目にグリーンフラッグが振られました。

47周目、トップ4台が接近し、優勝争いは4台に絞られました。

V8200813e

48周目にロウンデスがウィンターボトムを抜いて3位に浮上、
49周目にはT.ケリーがウィンカップを激しく攻めますが抜けません。
そして最終ラップ、T.ケリーが横に並んでヘアピンで攻めましたが、

V8200813f

アウト側を回ってしまったためロウンデスがすかさずインを狙うと、

V8200813g

立ち上がりでT.ケリーとロウンデスのサイド・バイ・サイドに。

V8200813h

最終コーナー手前で・・・

V8200813i

イン側にいたロウンデスが前に立って2位に上がり、

V8200813j

チーム・ボーダフォンの1-2フィニッシュを達成!
1位から4位まで1秒未満の激しいレースとなりました。

V8200813k

このレース2は最後の3周が非常にドキドキする激しい争いでした♪
僅かな判断で順位を失ったT.ケリーは、ヘアピンが悔やまれるでしょう。

レース1の序盤で全く同じようにアタックしてウィンカップを抜いたことが、
最終ラップでのアウトからの攻めに繋がったのでしょうけど、
ウィンカップが同じ抜かれ方をさせなかったのと、
レース1と違うのはドライ路面とすぐ後ろにロウンデスがいたこと。
2位を奪ったロウンデスはしてやったりでしょうね^^;

タンダーは8位まで上がりましたが、失ったポイントは少なくありません。

V8200813l

<レース2>
1   88  Jamie Whincup        Ford Falcon BF       50  46:05.2365
2   888 Craig Lowndes        Ford Falcon BF       50  46:05.5530
3   7   Todd Kelly           Holden Commodore VE  50  46:05.8481
4   5   Mark Winterbottom    Ford Falcon BF       50  46:06.0570
5   18  Will Davison         Ford Falcon BF       50  46:07.5620
6   17  Steven Johnson       Ford Falcon BF       50  46:08.8270
7   33  Lee Holdsworth       Holden Commodore VE  50  46:10.2893
8   1   Garth Tander         Holden Commodore VE  50  46:10.6747
9   15  Rick Kelly           Holden Commodore VE  50  46:16.6796
10  111 Fabian Coulthard     Ford Falcon BF       50  46:18.4656
11  25  Jason Bright         Ford Falcon BF       50  46:19.3966
12  51  Greg Murphy          Holden Commodore VE  50  46:20.3509
13  16  Paul Dumbrell        Holden Commodore VE  50  46:20.5768
14  67  Paul Morris          Holden Commodore VE  50  46:23.1300
15  14  Cameron McConville   Holden Commodore VE  50  46:23.3851
16  34  Michael Caruso       Holden Commodore VE  50  46:24.2450
17  4   James Courtney       Ford Falcon BF       50  46:24.5841
18  3   Jason Richards       Holden Commodore VE  50  46:25.1232
19  26  Marcus Marshall      Ford Falcon BF       50  46:34.0087
20  12  Andrew Jones         Holden Commodore VE  50  46:36.2563
21  777 Michael Patrizi      Ford Falcon BF       50  46:40.0402
22  11  Jack Perkins         Holden Commodore VE  50  46:45.2068
23  021 Daniel Gaunt         Ford Falcon BF       50  46:47.3707
24  2   Mark Skaife          Holden Commodore VE  49  46:45.4062
25  39  Russell Ingall       Holden Commodore VE  47  46:30.2284
DNF 50  Andrew Thompson      Holden Commodore VE  48  44:55.5326
DNF 6   Steven Richards      Ford Falcon BF       43  40:04.0087
DNF 55  Tony D'Alberto       Holden Commodore VE  17  16:14.2550
DNF 9   Shane Van Gisbergen  Ford Falcon BF        9   9:02.1911

レース3もスタートでウィンカップが前に出ました。
ロウンデスも後続を塞ぐようなラインを走り、
チーム・ボーダフォンの1-2体制を確実なものにします。
また、3位にウィンターボトムが上がりました。

V8200813m

7周目にウィンカップがピットイン、
9周目にはウィンターボトムとT.ケリーが入り、
T.ケリーがウィンターボトムの前に出てコースに復帰しました。
10周目にはロウンデスがピットに向かい、ウィンカップのすぐ後ろで復帰。

ほとんどのマシンがルーティンを済ませましたが、
29周目にトップを走っていたタンダーがようやくピットイン、
ホールスワースも後半に入ってピットに向かいました。

36周目にブライトとパトリッツィがヘアピンで接触、
これで3レース続けてセーフティカーが入りました。

V8200813n

41周目にレース再開され、トップはウィンカップとロウンデスが
ランデブー走行でチェッカーを受け、ウィンカップのポールトゥウィン!
チーム・ボーダフォンは2戦連続で1-2フィニッシュとなりました。

V8200813o

3位にT.ケリー、4位ウィンターボトム、5位タンダーの順、
タンダーはこれでチャンピオンの可能性が消えてしまいました。
なおギスバーゲンは規定違反(カメラが付いてなかった?)で除外されてます。

レース後、ウィンカップは無線で実況担当の人と会話をしながら走行、
わざと?コースオフをしたりして会場やコメンタリーを笑わせていました☆

V8200813p

<レース3>
1   88  Jamie Whincup        Ford Falcon BF       50  48:22.3812
2   888 Craig Lowndes        Ford Falcon BF       50  48:22.4850
3   7   Todd Kelly           Holden Commodore VE  50  48:23.4284
4   5   Mark Winterbottom    Ford Falcon BF       50  48:23.9305
5   1   Garth Tander         Holden Commodore VE  50  48:24.2231
6   18  Will Davison         Ford Falcon BF       50  48:26.7465
7   17  Steven Johnson       Ford Falcon BF       50  48:27.4823
8   15  Rick Kelly           Holden Commodore VE  50  48:27.9999
9   33  Lee Holdsworth       Holden Commodore VE  50  48:28.3732
10  4   James Courtney       Ford Falcon BF       50  48:28.8889
11  111 Fabian Coulthard     Ford Falcon BF       50  48:29.5622
12  3   Jason Richards       Holden Commodore VE  50  48:30.2267
13  67  Paul Morris          Holden Commodore VE  50  48:31.5742
14  51  Greg Murphy          Holden Commodore VE  50  48:31.9532
15  2   Mark Skaife          Holden Commodore VE  50  48:32.2907
16  39  Russell Ingall       Holden Commodore VE  50  48:33.1304
17  6   Steven Richards      Ford Falcon BF       50  48:33.3163
18  34  Michael Caruso       Holden Commodore VE  50  48:34.4569
19  55  Tony D'Alberto       Holden Commodore VE  50  48:37.8450
20  16  Paul Dumbrell        Holden Commodore VE  50  48:38.2456
21  12  Andrew Jones         Holden Commodore VE  50  48:39.6370
22  50  Andrew Thompson      Holden Commodore VE  49  48:37.1549
23  26  Marcus Marshall      Ford Falcon BF       49  48:37.5720
24  021 Daniel Gaunt         Ford Falcon BF       49  48:44.7253
25  11  Jack Perkins         Holden Commodore VE  48  48:56.4960
26  777 Michael Patrizi      Ford Falcon BF       47  49:06.5359
DNF 14  Cameron McConville   Holden Commodore VE  36  32:43.8861
DNF 25  Jason Bright         Ford Falcon BF       35  31:49.3207
EXC 9   Shane Van Gisbergen  Ford Falcon BF

ポイントランキング、ウィンカップは大きくポイントを稼ぎ、
現時点で唯一の3000ポイント越えを達成しています。
昨年王者のタンダーは、トップから420ポイントに差が開き、
最終戦の3レースで優勝し、ウィンカップがノーポイントでも逆転できず、
10戦~13戦で100ポイント台が3回もあったのが大きく響きました。

ウィンターボトムはなんとか食い下がっていますが、差は233ポイントに開き、
ウィンカップが次のレース1で6位以内に入ればチャンピオン決定します。

<ドライバーズポイント トップ30>
1   -  3208P  Jamie Whincup
2   -  2975P  Mark Winterbottom
3   -  2788P  Garth Tander
4   -  2619P  Craig Lowndes
5   △  2375P  Will Davison
6   △  2224P  James Courtney
7   ▼  2214P  Steven Richards
8   -  2194P  Rick Kelly
9   △  2029P  Steven Johnson
10  ▼  2010P  Russell Ingall
11  -  1931P  Lee Holdsworth
12  -  1929P  Todd Kelly
13  -  1677P  Fabian Coulthard
14  -  1598P  Mark Skaife
15  △  1508P  Greg Murphy
16  ▼  1496P  Shane Van Gisbergen
17  -  1434P  Jason Richards
18  -  1296P  Paul Morris
19  △  1284P  Paul Dumbrell
20  △  1279P  Michael Caruso
21  △  1266P  Jason Bright
22  ▼  1264P  Cameron McConville
23  -  1041P   Andrew Jones
24  -  1035P  Marcus Marshall
25  △  858P   Tony D'Alberto
26  ▼  843P   Shane Price
27  -  800P   Michael Patrizi
28  -  707P   Andrew Thompson
29  -  554P   Jack Perkins
30  -  459P   David Besnard

チームポイントはチーム・ボーダフォンが1-2を2度したことで、
2位以下をさらに引き離して、501ポイント差に広げました。
フォード・パフォーマンスの逆転は計算上では可能ですが、
チャンピオンの可能性はきわめて低いです。

それとトール・ホールデンは、まさかの4位後退となっています。

<チームポイント>
1   -  5491P  Team Vodafone
2   -  5002P  Ford Performance Racing
3   △  4224P  Jim Beam Racing
4   ▼  4126P  Toll Holden Racing Team
5   -  3720P  Stone Brothers Racing
6   -  3388P  HSV Dealer Team
7   -  3256P  Garry Rogers Motorsport
8   -  3125P  Supercheap Auto Racing
9   -  3095P  Jack Daniels Racing
10  -  2840P  Tasman Motorsport
11  -  2599P  Brad Jones Racing
12  -  2301P  Britek Motorsport
13  -  1677P  Glenfords Racing (S)
14  -  858P   Rod Nash Racing (S)
15  -  800P   Ausdrill Ford Rising Stars (s)
16  -  707P   PWR Performance Products (S)
17  -  694P   Team Kiwi Racing (S)

第14戦グランドフィナーレの地はオーランパーク、
12月4~7日に今年最後のレースが行われます。

« そういえば・・・ | トップページ | オリジナルコースの描き方 8 »

[motorsports] V8 Supercars」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« そういえば・・・ | トップページ | オリジナルコースの描き方 8 »