2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« Winter test 2008-11 | トップページ | レース日記#060-0 »

WTCC Rd.23&24 マカオ

先週末のWTCC最終戦は最後まで目の離せない展開となりました。

Wtcc200823a

今年の最終戦もマカオ・ギアレースが舞台です。
チャンピオン争いはY.ミュラーとタルキーニに絞られ、
Y.ミュラーが14ポイント差でチャンピオンへあと一歩というところ。
タルキーニとしては2レースとも優勝を狙うくらいでなければなりません。

余談ですが・・・Y.ミュラーはV8スーパーカーズに参戦したんですね^^
しかも応援しているトリプル8のドライバーだったとは・・・

そして今回の日本人参戦者は3人、谷口は不参戦となりました。
谷口の不参戦からか、アンドレ・クートが乗り込んでいます。

フリー走行前のテスト走行ではトヨタのアルテッツァ、
ホンダのシビックも走行したのですが、フリー走行からは走らず。
でも来年以降でもしかしたら?という期待が出た気がします^^
(それぞれマカオ人ドライバーが運転)

予選ではウェイトハンディの軽いこともあってか、メニュがポールを獲得、
Y.ミュラーは3番手、タルキーニは8番手で、
タルキーニにとっては苦しい状態となりました。
青木は19番手、加納は予選落ちの26番、
織戸はウェイトに関するペナルティで最後尾に落とされました。
ヴァン・ラゲンも同じようなペナルティで、
予選抹消扱いになっていますが、決勝には出走できました^^

<予選>
P  No Cl Driver              Car                  Time
1  8     A.メニュ            Chevrolet Lacetti    2:30.285
2  1     A.プリオール        BMW 320si            2:30.458
3  12    Y.ミュラー          SEAT Leon TDI        2:30.938
4  7     R.ハフ              Chevrolet Lacetti    2:30.953
5  3     A.ファルフス        BMW 320si            2:31.083
6  9     J.ジェネ            SEAT Leon TDI        2:31.227
7  10    R.リデル           SEAT Leon TDI        2:31.299
8  11    G.タルキーニ        SEAT Leon TDI        2:31.529
9  6     N.ラリーニ          Chevrolet Lacetti    2:31.617
10 2     J.ミュラー          BMW 320si            2:31.664
11 15    J.トンプソン        Honda Accord Euro R  2:31.712
12 18    T.モンテイロ        SEAT Leon TDI        2:31.804
13 5     F.ポルテイロ        BMW 320si            2:31.996
14 4     A.ザナルディ        BMW 320si            2:32.734
15 31 I  S.ヘルナンデス      BMW 320si            2:33.701
16 66 I  A.クート            Honda Accord Euro R  2:33.824
17 20    T.コロネル          SEAT Leon            2:34.090
18 42 I  F.エングストラー    BMW 320si            2:34.562
19 17 I  青木孝行            BMW 320si            2:34.799
20 88 I  M.マーシュ          BMW 320si            2:36.897
21 28 I  V.シャポヴァーロフ  Lada 110             2:37.939
22 45 I  G.タネブ            BMW 320si            2:38.274
23 27 I  K.ラディギン        Lada 110             2:38.507
24 13 I  I.オキアイ          BMW 320si            2:39.771
25 43 I  A.ロマノフ          BMW 320si            2:39.876
---------------- 107 % = 2:40.804 -----------------------
   81 I  加納政樹            BMW 320i             2:43.154
   69 I  M.チュー            BMW 320si            2:49.352
   80    織戸学              Chevrolet Lacetti    3:02.058
   29 I  J.ヴァン・ラゲン    Lada 110

レース1、ポールスタートのメニュがトップで1コーナーへ、
プリオールが2位を守り、3位にハフ、4位リデル、
Y.ミュラーは2つ順位を落として5位に後退しました。

Wtcc200823b

2周目のリスボアで加納がクラッシュしリタイア、
このクラッシュの影響で、加納はレース2の走行も不可能となりました。

Wtcc200823c

4周目終了時にリデルが緊急ピットイン、
3位に付けていたのですがトラブルのようでリタイアとなりました。

Wtcc200823d

5周目に青木がリスボア手前で、BMWと接触したようでスピン、
これで日本人2人がリタイアとなってしまいました。

Wtcc200823e

7周目にはザナルディが山側の区間で停止、
翌周コロネルがピットに向かい、リタイアが相次ぎました。

Wtcc200823f

トップはメニュが独走していましたが、
後半プリオールがメニュに追いついてきました。
しかし加速で上回るメニュを抜くことが出来ず、
アラン・メニュがブランズハッチ以来の今季3勝目を、
ポールトゥウィンで決めました!

Wtcc200823g

Y.ミュラーは3位で完走し、タルキーニが7位だったため、
これでイヴァン・ミュラーが2008年のWTCCチャンピオンに輝きました!

Wtcc200823h

なお、織戸は最後尾から16位まで追い上げて完走を果たしています。

やっぱり応援しているドライバーの勝利は嬉しいですね^^
レース後にY.ミュラーを祝福している姿を見て、
ますますメニュを応援したくなりました☆
(↓の画像はクリックすると拡大します)

Wtcc200823i

<レース1>
P  No Cl Driver              Car                  L   Time
1  8     A.メニュ            Chevrolet Lacetti    9  23:10.203
2  1     A.プリオール        BMW 320si            9  +   0.523
3  12    Y.ミュラー          SEAT Leon TDI        9  +   8.581
4  3     A.ファルフス        BMW 320si            9  +   9.335
5  7     R.ハフ              Chevrolet Lacetti    9  +   9.871
6  9     J.ジェネ            SEAT Leon TDI        9  +  10.692
7  11    G.タルキーニ        SEAT Leon TDI        9  +  11.218
8  15    J.トンプソン        Honda Accord Euro R  9  +  12.080
9  6     N.ラリーニ          Chevrolet Lacetti    9  +  12.909
10 2     J.ミュラー          BMW 320si            9  +  14.225
11 18    T.モンテイロ        SEAT Leon TDI        9  +  20.709
12 31 I  S.ヘルナンデス      BMW 320si            9  +  21.424
13 66 I  A.クート            Honda Accord Euro R  9  +  27.748
14 5     F.ポルテイロ        BMW 320si            9  +  39.963
15 42 I  F.エングストラー    BMW 320si            9  +  42.327
16 80    織戸学              Chevrolet Lacetti    9  +  58.798
17 88 I  M.マーシュ          BMW 320si            9  +1:02.085
18 13 I  I.オキアイ          BMW 320si            9  +1:16.761
19 45 I  G.タネブ            BMW 320si            9  +1:17.365
20 43 I  A.ロマノフ          BMW 320si            9  +1:27.912
21 29 I  J.ヴァン・ラゲン    Lada 110             9  +1:47.871
22 20    T.コロネル          SEAT Leon            8  +   1 Lap
23 4     A.ザナルディ        BMW 320si            6  +  3 Laps
   17 I  青木孝行            BMW 320si            5      D.N.F
   10    R.リデル            SEAT Leon TDI        4      D.N.F
   69 I  M.チュー            BMW 320si            4      D.N.F
   27 I  K.ラディギン        Lada 110             3      D.N.F
   81 I  加納政樹            BMW 320i             1      D.N.F

加納とポルテイロが出走できず、26台で行われたレース2、
ポールポジションのトンプソンが、トップをキープして1周目を終了、
3列目からスタートしたファルフスが2位に上がりました。
スタートで明らかなフライングをしたラリーニが
ドライブスルーペナルティを受けました。

Wtcc200824a

メルコ・ヘアピンでラディギンがミス、
2周目のリスボアではホンダのクートがクラッシュ、
巻き込まれたマシンもいたようです。

Wtcc200824b

4周目終了までにリタイアするマシンが10台に達し、
荒れたレースになってきました。
織戸は5周目に10位に上がりました。
(画像をクリックすると拡大します)

Wtcc200824c

7周目、トップは依然トンプソンですが、
序盤からずっとファルフスが襲いかかっています。

そして残り2周を切った8周目、
ファルフスがトンプソンに仕掛けたときに接触したようで、
トンプソンがマシンを滑らせてクラッシュ!

Wtcc200824d

残念ながら最後まで走りきれず、リタイアとなってしまいました。

Wtcc200824e

ラストラップに入ると、トップを走っていたファルフスは
トンプソンとの接触が影響したのか、左前輪にダメージを追いリタイア、

Wtcc200824f

その直後に真後ろにいて、トップに立ったばかりのタルキーニが、
ほぼ同じタイミングで白煙を上げて停止してしまうと、

Wtcc200824g

少し後ろにいた6位走行中のメニュがウォールに突っ込んでリタイア、

Wtcc200824j

ラストラップでのまさかの展開でトップに立ったのはハフでした。

Wtcc200824h

後続との差は十分あり、ハフが大逆転で優勝をさらいました!

Wtcc200824i

織戸は後半ザナルディとエングストラーに抜かれてしまいましたが、
7位でフィニッシュし、日本人初のポイントを獲得しました。
青木は3周遅れの15位完走扱いとなっています。

Wtcc200824k

ポディウムでカメラにキスをするプリオール^^

Wtcc200824l

Y.ミュラーとプリオールが肩を組んで表彰台の中央にいると・・・

Wtcc200824m

ハフ:「どいてどいて」^^

Wtcc200824n

最終戦の表彰台の顔ぶれです~
(画像をクリックすると拡大します)

Wtcc200824o

表彰台でのエングストラーの、ジャンプして喜ぶ姿を見て、
今後応援していきたくなってしまいました☆

<レース2>
P  No Cl Driver              Car                  L   Time
1  7     R.ハフ              Chevrolet Lacetti    9  23:23.216
2  12    Y.ミュラー          SEAT Leon TDI        9  +   7.253
3  1     A.プリオール        BMW 320si            9  +   7.957
4  10    R.リデル            SEAT Leon TDI        9  +  18.120
5  4     A.ザナルディ        BMW 320si            9  +  51.727
6  42 I  F.エングストラー    BMW 320si            9  +  52.963
7  80    織戸学              Chevrolet Lacetti    9  +  58.314
8  88 I  M.マーシュ          BMW 320si            9  +1:02.623
9  43 I  A.ロマノフ          BMW 320si            9  +1:16.353
10 13 I  I.オキアイ          BMW 320si            9  +1:33.541
11 3     A.ファルフス        BMW 320si            8  +   1 Lap
12 11    G.タルキーニ        SEAT Leon TDI        8  +   1 Lap
13 8     A.メニュ            Chevrolet Lacetti    8  +   1 Lap
14 15    J.トンプソン        Honda Accord Euro R  8  +   1 Lap
15 17 I  青木孝行            BMW 320si            6  +  3 Laps
   31 I  S.ヘルナンデス      BMW 320si            5      D.N.F
   9     J.ジェネ            SEAT Leon TDI        4      D.N.F
   45 I  G.タネブ            BMW 320si            4      D.N.F
   20    T.コロネル          SEAT Leon            3      D.N.F
   69 I  M.チュー            BMW 320si            3      D.N.F
   6     N.ラリーニ          Chevrolet Lacetti    2      D.N.F
   66 I  A.クート            Honda Accord Euro R  1      D.N.F
   2     J.ミュラー          BMW 320si            1      D.N.F
   18    T.モンテイロ        SEAT Leon TDI        1      D.N.F
   29 I  J.ヴァン・ラゲン    Lada 110             1      D.N.F
   27 I  K.ラディギン        Lada 110             0      D.N.F

ドライバーズポイントはこのようになりました~
Y.ミュラーが唯一の100ポイント越えでチャンピオン、

タルキーニはかろうじて2位を守りました。
3位にはタルキーニに1ポイント差まで迫ったハフ、
昨年までの王者プリオールは最終戦で1つ順位を上げ4位。

織戸が2ポイント獲得し、日本人初のポイント獲得となりました。

<ドライバーズポイント>
1   -  114P  Y.ミュラー
2   -  88P   G.タルキーニ
3   -  87P   R.ハフ
4   △  81P   A.プリオール
5   ▼  77P   R.リデル
6   △  63P   A.ファルフス
7   ▼  60P   J.ミュラー
8   -  56P   J.ジェネ
9   △  54P   A.メニュ
10  ▼  51P   F.ポルテイロ
11  ▼  48P   N.ラリーニ
12  -  43P   T.モンテイロ
13  △  36P   A.ザナルディ
14  ▼  35P   T.コロネル
15  -  25P   J.トンプソン
16  -  9P    S.ヘルナンデス
17  △  3P    F.エングストラー
18  -  2P    S.ディアステ
18  △  2P    織戸学
20  -  1P    O.ティエルマン
20  △  1P    M.マーシュ

マニュファクチャラーズはセアトの独走で終わりました。
BMWは一時シボレーに抜かれましたが、なんとか面目を保った形、
3台体制のシボレーは今季まずまずの結果となったと思います。
ホンダはフル参戦ではなかったし1台体制でしたが、
優勝出来たのは何よりでしたね^^

<マニュファクチャラーズポイント>
1  -  326P  セアト
2  -  274P  BMW
3  -  238P  シボレー
4  -  60P   ホンダ

インディペンデントはヘルナンデスがチャンピオンを獲得しています。

<ヨコハマ・インディペンデンツ・トロフィー>
1   -  186P  S.ヘルナンデス
3   △  149P  F.エングストラー
2   -  137P  S.ディアステ
4   ▼  112P  P-Y.コルタル
5   -  83P   A.ロマノフ
9   ▼  51P   I.オキアイ
6   -  43P   O.ティエルマン
7   △  38P   J.ヴァン・ラゲン
15 △ 36P   M.マーシュ
8   ▼  32P   K.ポールセン
11  -  20P   G.タネブ
13  △  18P   青木孝行
10  -  15P   A.リヴォフ
12  -  10P   L.カズナーヴ
14  ▼  9P    M.コラック
16  ▼  8P    A.スメスキー
17  ▼  6P    O.ノグレス
17  ▼  6P    T.ボードマン
19  △  4P    N.ミシェラ
20  △  4P    K.ラディギン
21  ▼  4P    V.シャポヴァーロフ
22  ▼  3P    M.マテヨフスキー
23  ▼  3P    L.ベイラオ・ダ・ヴェイガ
24  ▼  2P    D.F.ダ・コスタ
24  △  2P    M.チュー
26  △  1P    加納政樹

来シーズンの日程は以下のようになっています~

Rd.01,02 03/08 ブラジル  クリティバ
Rd.03,04 03/22 メキシコ  プエブラ
Rd.05,06 05/03 モロッコ  マラケシュ
Rd.07,08 05/17 フランス  ポー市街地
Rd.09,10 05/31 スペイン  バレンシア
Rd.11,12 06/21 チェコ   ブルノ
Rd.13,14 07/05 ポルトガル ポルト市街地
Rd.15,16 07/19 イギリス  ブランズハッチ
Rd.17,18 09/06 ドイツ   オッシャースレーベン
Rd.19,20 09/20 イタリア  イモラ
Rd.21,22 11/01 日本    岡山国際サーキット
Rd.23,24 11/22 マカオ   ギア市街地

モロッコのマラケシュはまだ未完成のサーキットで暫定、
ポルトガルのポルトも暫定扱いになっているようです。
今年もアンダーストープが突然イモラに変わったこともあるので、
今後変更される可能性もあるかもしれませんね。

日程以外で来シーズンのことは知らないのですが、
日本人がフル参戦したり、ホンダが活躍すると良いですよね^^
応援しているドライバーが優勝してくれるのも嬉しいですし、
来年も欠かさずチェックしようと思います♪

« Winter test 2008-11 | トップページ | レース日記#060-0 »

[motorsports] WTCC」カテゴリの記事

コメント

いゃ~しかし激しいレースでしたね(笑)
第2レースは荒れすぎで、逆に手に汗握れなかったです(爆)なんかお粗末と言うか・・・

この間の岡山でサインを貰い、話しかけた、メニュがミュラーを祝福していたのはなんか”凄い”物を見たような気がしました。
早くあんな世界で揉まれてみたいですね!

ライブで見ていましたが、レース2の最後は
何が起こっているのかよく分かりませんでした^^;

ちなみに、今回の画像用に保存したスクリーンショットは、
レース直前から終了までの約2時間で464枚・・・
非常に興奮するWTCC最終戦でした☆

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Winter test 2008-11 | トップページ | レース日記#060-0 »