2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« スズキ、スバルがWRC撤退 | トップページ | 師走 »

V8スーパーカーズ 第14戦(最終戦)

かなり記事が遅れてしまいましたが・・・
V8スーパーカーズ、グランドファイナルはオーランパークで行われました。

V8200814a

ドライバー、チーム共にチャンピオンが決定していませんが、
ウィンカップとそのチームであるボーダフォンは
チャンピオンまであと僅か、レース1で決定する可能性があります。

予選は昨年王者のタンダーがポールを獲得、
ロウンデスがフロントローに並び、ウィンカップは3番手、
ウィンターボトムは4番手に入り、
ポイントランクトップ4が2列目までを埋めることになりました。

<予選>
1   1   Garth Tander         Holden Commodore VE  1:09.4562
2   888 Craig Lowndes        Ford Falcon BF       1:09.8709
3   88  Jamie Whincup        Ford Falcon BF       1:09.9161
4   5   Mark Winterbottom    Ford Falcon BF       1:09.9620
5   39  Russell Ingall       Holden Commodore VE  1:10.1421
6   120 Steven Richards      Ford Falcon BF       1:10.1594
7   4   James Courtney       Ford Falcon BF       1:10.2049
8   7   Todd Kelly           Holden Commodore VE  1:10.3222
9   33  Lee Holdsworth       Holden Commodore VE  1:10.4076
10  18  Will Davison         Ford Falcon BF       1:10.4959
11  15  Rick Kelly           Holden Commodore VE  1:10.3320
12  14  Cameron McConville   Holden Commodore VE  1:10.3983
13  25  Jason Bright         Ford Falcon BF       1:10.4329
14  3   Jason Richards       Holden Commodore VE  1:10.4703
15  9   Shane Van Gisbergen  Ford Falcon BF       1:10.5647
16  2   Mark Skaife          Holden Commodore VE  1:10.6061
17  17  Steven Johnson       Ford Falcon BF       1:10.6901
18  34  Michael Caruso       Holden Commodore VE  1:10.6941
19  50  Andrew Thompson      Holden Commodore VE  1:10.7593
20  55  Tony D'Alberto       Holden Commodore VE  1:10.8179
21  67  Paul Morris          Holden Commodore VE  1:11.3725
22  11  Jack Perkins         Holden Commodore VE  1:11.4414
23  51  Greg Murphy          Holden Commodore VE  1:11.4995
24  111 Fabian Coulthard     Ford Falcon BF       1:11.5220
25  777 Michael Patrizi      Ford Falcon BF       1:11.6063
26  26  Marcus Marshall      Ford Falcon BF       1:11.6299
27  12  Andrew Jones         Holden Commodore VE  1:11.7497
28  021 Daniel Gaunt         Ford Falcon BF       1:12.7317
29  16  Paul Dumbrell        Holden Commodore VE  1:12.8345

V8200814b

レース1はウィンカップがよいスタートを切ったのですが、
2周目の3コーナーでタンダーが前に出ました。
7周目、ウィンターボトムがピット内でスカイフェと交錯、
ウィンターボトムは長時間ピットに留まり復帰しましたが、
スカイフェは最終的にリタイアとなりました。

V8200814c

ウィンカップはタンダーを最終コーナーで抜き返すと翌周ピットイン、
わずか3秒を切る完璧な作業でインガルの前で復帰しました。
16周目にタンダーがピットに入ると、ウィンカップはトップをキープ、
タンダーは少し順位を落としてしまいました。

後半順位を上げてきたロウンデスは、S.リチャーズを抜くと、
38周目にはインガルを抜いて2位に浮上、
ウィンカップはその後も危なげない走りで優勝し、
2008年シーズンのチャンピオンを決めました!

V8200814d

2位はロウンデスでまたしてもチーム・ボーダフォンの1-2フィニッシュ、
タンダーは6位、黒旗も受けることになったウィンターボトムは23位完走。

V8200814e

<レース1>
1   88  Jamie Whincup        Ford Falcon BF       46  56:12.2480
2   888 Craig Lowndes        Ford Falcon BF       46  56:18.8987
3   39  Russell Ingall       Holden Commodore VE  46  56:20.8253
4   120 Steven Richards      Ford Falcon BF       46  56:24.3870
5   4   James Courtney       Ford Falcon BF       46  56:25.1869
6   1   Garth Tander         Holden Commodore VE  46  56:25.3874
7   7   Todd Kelly           Holden Commodore VE  46  56:33.1419
8   34  Michael Caruso       Holden Commodore VE  46  56:43.9055
9   15  Rick Kelly           Holden Commodore VE  46  56:44.8900
10  18  Will Davison         Ford Falcon BF       46  56:45.6335
11  14  Cameron McConville   Holden Commodore VE  46  56:47.1782
12  33  Lee Holdsworth       Holden Commodore VE  46  56:47.9567
13  25  Jason Bright         Ford Falcon BF       46  56:59.9575
14  67  Paul Morris          Holden Commodore VE  46  57:02.1577
15  17  Steven Johnson       Ford Falcon BF       46  57:05.0774
16  3   Jason Richards       Holden Commodore VE  46  57:05.4222
17  11  Jack Perkins         Holden Commodore VE  46  57:06.0614
18  111 Fabian Coulthard     Ford Falcon BF       46  57:06.9215
19  16  Paul Dumbrell        Holden Commodore VE  46  57:07.2874
20  26  Marcus Marshall      Ford Falcon BF       45  56:28.3265
21  51  Greg Murphy          Holden Commodore VE  45  56:39.7127
22  021 Daniel Gaunt         Ford Falcon BF       45  57:01.8655
23  5   Mark Winterbottom    Ford Falcon BF       41  57:14.0708
DNF 12  Andrew Jones         Holden Commodore VE  37  46:07.5995
DNF 50  Andrew Thompson      Holden Commodore VE  25  56:14.7678
DNF 55  Tony D'Alberto       Holden Commodore VE  22  27:36.7770
DNF 9   Shane Van Gisbergen  Ford Falcon BF       11  13:25.5430
DNF 2   Mark Skaife          Holden Commodore VE  10  30:35.2555
DNF 777 Michael Patrizi      Ford Falcon BF        8  10:11.2338

レースもスタートはウィンカップが決めました。

V8200814f

3コーナーではパーキンスとトンプソンのコースオフがあり、

V8200814g

翌周にはパーキンスが挙動を乱してリタイア、
これでセーフティカーが入りました。

V8200814h

5周目に再スタート、10周目にウィンカップがピットイン、
順調に走っていましたが、12周目にトラブルが起き、
突然のリタイアとなってしまいました。

V8200814i

各車のピット作業が終わると、タンダーがトップに立ち、
インガル、S.リチャーズの3台の接近戦が最後まで続きましたが、
タンダーが抑えきって優勝!
インガルが2位、S.リチャーズが3位となりました。

V8200814j

<レース2>
1   1   Garth Tander         Holden Commodore VE  46  57:04.0467
2   39  Russell Ingall       Holden Commodore VE  46  57:04.5667
3   120 Steven Richards      Ford Falcon BF       46  57:05.1758
4   15  Rick Kelly           Holden Commodore VE  46  57:09.0118
5   888 Craig Lowndes        Ford Falcon BF       46  57:10.4681
6   4   James Courtney       Ford Falcon BF       46  57:11.2554
7   25  Jason Bright         Ford Falcon BF       46  57:15.3372
8   7   Todd Kelly           Holden Commodore VE  46  57:24.7458
9   17  Steven Johnson       Ford Falcon BF       46  57:27.4517
10  34  Michael Caruso       Holden Commodore VE  46  57:28.1224
11  5   Mark Winterbottom    Ford Falcon BF       46  57:28.7978
12  9   Shane Van Gisbergen  Ford Falcon BF       46  57:29.4825
13  67  Paul Morris          Holden Commodore VE  46  57:31.6353
14  18  Will Davison         Ford Falcon BF       46  57:32.4267
15  16  Paul Dumbrell        Holden Commodore VE  46  57:38.4807
16  51  Greg Murphy          Holden Commodore VE  46  57:38.9183
17  3   Jason Richards       Holden Commodore VE  46  57:42.5445
18  14  Cameron McConville   Holden Commodore VE  46  57:42.8182
19  12  Andrew Jones         Holden Commodore VE  46  57:48.9877
20  777 Michael Patrizi      Ford Falcon BF       46  58:00.8667
21  26  Marcus Marshall      Ford Falcon BF       45  57:37.1896
22  50  Andrew Thompson      Holden Commodore VE  45  57:53.1846
23  021 Daniel Gaunt         Ford Falcon BF       45  58:05.3252
24  33  Lee Holdsworth       Holden Commodore VE  44  57:56.6771
25  111 Fabian Coulthard     Ford Falcon BF       36  57:06.8407
DNF 2   Mark Skaife          Holden Commodore VE  38  48:39.5055
DNF 55  Tony D'Alberto       Holden Commodore VE  34  43:19.3969
DNF 88  Jamie Whincup        Ford Falcon BF       11  14:47.6401
DNF 11  Jack Perkins         Holden Commodore VE   1   2:05.8001

レース3ではスタート直後の1コーナーで後方に混乱がありました。
良いスタートを切ったS.リチャーズは、1周目で順位を落として
R.ケリーがトップに立ち、タンダーが2位で追いかけます。

V8200814k

5周目にウィンカップはインガルと接触してスピン、

V8200814l

さらにウィンカップは29周目にも、芝に入った為にコースオフしてしまいます。

V8200814m

12周目にタンダーがピットイン、14周目にS.リチャーズがピットに入りましたが、
どうやらペナルティがあったようで、チームメイトのウィンターボトムは
彼のピットを待つ形となり、長くピットに留まることになりました。

V8200814n

15周目、ガーントがコースオフをしてリタイア、
セーフティカーが入り、再び差が無くなりました。

V8200814o

20周目にレースが再開、しかしミスがないと抜けないコースとあって、
トップグループには隙が無く、R.ケリーが今季最後のレースで優勝しました!

V8200814p

ウィンターボトムとウィンカップは共に下位に沈みました。
また、このレースで引退を表明しているスカイフェは12位でした。

V8200814r

<レース3>
1   15  Rick Kelly           Holden Commodore VE  46  57:03.6766
2   1   Garth Tander         Holden Commodore VE  46  57:04.8280
3   888 Craig Lowndes        Ford Falcon BF       46  57:09.5112
4   4   James Courtney       Ford Falcon BF       46  57:10.9877
5   9   Shane Van Gisbergen  Ford Falcon BF       46  57:11.8098
6   33  Lee Holdsworth       Holden Commodore VE  46  57:12.7802
7   25  Jason Bright         Ford Falcon BF       46  57:23.4710
8   111 Fabian Coulthard     Ford Falcon BF       46  57:25.7515
9   67  Paul Morris          Holden Commodore VE  46  57:26.5981
10  34  Michael Caruso       Holden Commodore VE  46  57:36.1796
11  39  Russell Ingall       Holden Commodore VE  46  57:36.6059
12  2   Mark Skaife          Holden Commodore VE  46  57:37.1163
13  16  Paul Dumbrell        Holden Commodore VE  46  57:37.3828
14  3   Jason Richards       Holden Commodore VE  46  57:39.4178
15  50  Andrew Thompson      Holden Commodore VE  46  57:42.0908
16  17  Steven Johnson       Ford Falcon BF       46  57:49.1816
17  120 Steven Richards      Ford Falcon BF       46  57:50.9046
18  5   Mark Winterbottom    Ford Falcon BF       46  57:51.0860
19  55  Tony D'Alberto       Holden Commodore VE  46  57:51.2891
20  11  Jack Perkins         Holden Commodore VE  46  57:55.8918
21  18  Will Davison         Ford Falcon BF       46  57:57.4235
22  14  Cameron McConville   Holden Commodore VE  46  57:58.4189
23  88  Jamie Whincup        Ford Falcon BF       45  57:54.8023
24  26  Marcus Marshall      Ford Falcon BF       45  57:55.6992
25  777 Michael Patrizi      Ford Falcon BF       44  58:12.4968
DNF 12  Andrew Jones         Holden Commodore VE  24  32:17.7435
DNF 021 Daniel Gaunt         Ford Falcon BF       15  28:56.3597
DNF 51  Greg Murphy          Holden Commodore VE   4   5:06.3822
DNF 7   Todd Kelly           Holden Commodore VE   2   3:01.0797

ドライバーズポイント、トップ30はこのようになりました~
ウィンカップが初のチャンピオンに輝きました^^
ハミルトンでは予選のクラッシュでノーポイントになったり
序盤ではタンダーとウィンターボトムに前を行かれていましたが、
バサーストからの怒濤の連続優勝で一気に逆転、突き放しに成功しました。

総合2位はウィンターボトム、タンダーとは最後まで接戦で、
危うく3位に後退するところでしたが、なんとか踏みとどまりました。
タンダーは後半苦しんだレースがあったのが響きましたね。
総合4位にロウンデス、スカイフェは総合14位でした。
(画像をクリックすると拡大します)

V8200814s

<ドライバーズポイント トップ30>
1   -  3332P  Jamie Whincup
2   -  3079P  Mark Winterbottom
3   -  3048P  Garth Tander
4   -  2871P  Craig Lowndes
5   -  2495P  Will Davison
6   -  2446P  James Courtney
7   △  2430P  Rick Kelly
9   ▼  2416P  Steven Richards
9   △  2236P  Russell Ingall
10  ▼  2163P  Steven Johnson
11  -  2065P  Lee Holdsworth
12  -  2053P  Todd Kelly
13  -  1823P  Fabian Coulthard
14  -  1644P  Mark Skaife
15  △  1614P  Shane Van Gisbergen
16  ▼  1572P  Greg Murphy
17  -  1548P  Jason Richards
18  △  1439P  Michael Caruso
19  △  1438P  Jason Bright
20  ▼  1436P  Paul Morris
21  ▼  1398P  Paul Dumbrell
22  △  1370P  Cameron McConville
23  △  1113P  Marcus Marshall
24  ▼  1071P  Andrew Jones
25  -  890P   Tony D'Alberto
26  △  848P   Michael Patrizi
27  ▼  843P   Shane Price
28  -  771P   Andrew Thompson
29  -  620P   Jack Perkins
30  -  459P   David Besnard

チームポイントではチーム・ボーダフォンがチャンピオン獲得、
フォード・パフォーマンスが2位で、ジム・ビームが3位でした。
トール・ホールデンは後半ポイントを上げられずに4位で終えました。

<チームポイント>
1   -  5867P  Team Vodafone
2   -  5308P  Ford Performance Racing
3   -  4478P  Jim Beam Racing
4   -  4432P  Toll Holden Racing Team
5   -  4060P  Stone Brothers Racing
6   -  3738P  HSV Dealer Team
7   -  3550P  Garry Rogers Motorsport
8   -  3491P  Supercheap Auto Racing
9   -  3285P  Jack Daniels Racing
10  -  3018P  Tasman Motorsport
11  -  2735P  Brad Jones Racing
12  -  2551P  Britek Motorsport
13  -  1823P  Glenfords Racing (S)
14  -  890P   Rod Nash Racing (S)
15  -  848P   Ausdrill Ford Rising Stars (s)
16  -  771P   PWR Performance Products (S)
17  -  742P   Team Kiwi Racing (S)

そして来シーズンの日程はこのようになりました。

第1戦   03/19-03/22  アデレード市街地コース
非選手権 03/26-03/29  アルバートパーク
第2戦   04/17-04/19  ハミルトン市街地コース(ニュージーランド)
第3戦   05/01-05/03  ウィントン・レースウェイ
第4戦   05/29-05/31  シモンズ・プレインス
第5戦   06/19-06/21  ヒッデン・バレー
第6戦   07/10-07/12  タウンズビル市街地コース(初開催)
第7戦   07/31-08/02  サンダウン
第8戦   08/21-08/23  クイーンズランド・レースウェイ
第9戦   09/11-09/13  フィリップアイランド(500km耐久レース)
第10戦   10/08-10/11  バサースト(1000km耐久レース)
第11戦   10/22-10/25  サーファーズパラダイス市街地コース
第12戦   11/05-11/07  サクヒール(バーレーン)
第13戦   11/20-11/22  バルバガッロ
第14戦   12/04-12/06  シドニー・オリンピック・パーク(初開催)

オーランパークとイースタンクリークが無くなり、
クイーンズランド州のタウンズビルと、
シドニーのオリンピックパークで新たに開催されることになりました。
イースタンクリークは改修のために外れるのだと思いますが、
オーランパークは完全に脱落したそうで残念です。
メルボルン、アルバートパークでのオーストラリアGPは
例年通り非選手権レースとなるので、
今年と同じく全15戦、第14戦までとなっています。

来シーズンはタンダーが再びチャンピオンになるのか、
新たな王者ウィンカップか、それとも2003年王者のウィンターボトムか、
はたまた他のドライバーがチャンピオン争いに加わるのか、
大注目していこうと思います~☆

V8200814t

« スズキ、スバルがWRC撤退 | トップページ | 師走 »

[motorsports] V8 Supercars」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« スズキ、スバルがWRC撤退 | トップページ | 師走 »