2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« ラクガキ・サーキット042 | トップページ | ラクガキ・サーキット043 »

オリジナル市街地コース 北海道編

かなり間が空いてしまいました^^;
オリジナル市街地コース、第18回目は北海道です。

北海道は広大なので、各地方それぞれが知った地名なんですよね。
札幌、旭川、十勝、千歳、富良野、帯広、釧路、網走・・・
その中でも都市部といえば道庁所在地である札幌です。

札幌の時計台やテレビ塔、大通公園、すすきの等を巡る
まずまずのコースレイアウトが一度完成したのですが、
航空写真が気になって道路を調べると、
テレビ塔前の創成川通と札幌駅前通が工事中とのことで、
片側4車線あった創成川通が、なんと2車線に変わるのだとか・・・
それを知って完成レイアウトを破棄しました(汗)

そこで新たな候補地を探してみると、函館が良さそうに感じ、
五稜郭のお堀の外側や、近くのタワーの前を走るレイアウトを考えましたが、
これも五稜郭の中が砂利道のようでこれも断念。

「どうしようか・・・あそこにしようか・・・」

などと函館を見ていた時、函館の夜景のことを思い出し、
「函館ナイトレース」を考えることにしました^^

大きな地図で見る

"赤れんが倉庫"や港から考えていきましたが、大きな障害が市電の存在。
線路部分を含めたら相当広い道幅があるのに、
肝心なところに駅があって使用できないわけです。

それ以外にも、"末広町"付近では起伏が激しかったり、
市場のある港付近も、通れるのか分かりにくかったり、
バイパスみたいな道が障害になっていたり・・・

そういった障害をなんとか避けながら出来たのがコチラです~

Ocircuit_hakodate

全長約4.8km、ホームストレートは非常に短いですが、
十分なパドックスペースがあるこの場所が最適なので仕方がないです。
市場の方までストレートを伸ばしたかったけど、通れるのか分からず断念しました。
市電の通る道路では駅のない場所(10コーナー出口に1カ所ありますが避けてます)
を選んだので、障害をなんとか乗り越えたかな^^;

14と17コーナーのところをまっすぐ行きたい気持ちですけど、
中央が高くなっているので迂回することになりました。
だったら13コーナーを真っ直ぐ行けば良いのですが、
赤れんがの倉庫前は通りたい場所だったので仕方がないです。

今回は本当に最後まで悩みました。
妥協したところがかなりあるので、25%くらいの出来です^^;
でも、函館山からナイトレースの照明が鮮やかに見えたりと、
ある程度は面白いかなって思います☆

でも今回の北海道編・・・何か忘れてないか・・・・・・?
(ニヤリ)

まぁともかく、次回はず~っと南、お城で有名な県へ飛んでいきます~^^

« ラクガキ・サーキット042 | トップページ | ラクガキ・サーキット043 »

サーキット・オリジナル市街地」カテゴリの記事

コメント

函館を選びましたか。
函館は一回しか行ったことがないのでよく分からないんです^^;

個人的に、小樽もおもしろいと思いますよ。
アップダウンがすごくて、ジャンピングスポットもあるので、ラリークロスのようなマシンでしかレースはできないと思いますが…
まあ、そういうコンセプトもありだと思うので、検討してみてくださいm(_ _)m

F1のナイトレースを思い出して、今回のロケーションが最高の場所だと思ったのですが、
数ヶ月かかったほど、本当に苦労しました^^;

小樽についてはですねー、ノーコメントです~ ふふっ♪
このカテゴリーの一番最初の記事にある私のコメントと、
今回の記事の下から2行目に注目してください☆

あ~、なるほど(笑)

ついに北海道編が来ましたね~(^^)
待ってましたw
北海道は広いのでいろんな地方を元にコースを考えることが出来ますが、まずは函館でしたか。
コースの形はなんとなくアメリカの某市街地コースをグニャっと曲げたような形に似てるかな?って思いました(笑)
赤レンガ倉庫前はたしかに通ることが出来れば最高ですよね。
これからもいろんな地方のコースも楽しみににしていますね。

中途半端なデザインにしたくなかったので、とことん悩んでしまいましたが、最終的に微妙なデザインに(汗)
9~10、11~12区間がGT4のシアトル並みの坂なので、非現実的ですしねー

次回はなるべく期間を空けずにアップしていきますね~

しばらくです~。サーキット書きはあんまり進んでませんw

北海道って事で思い出すのは小樽ですが(暗に触れられてますねw)現実の計画ってどうなってるんでしょうね。やってくれたら絶対見に行く!と思ってたらチャンプカー終わっちゃったし。

デザイン、楽しみにしていますね^^
ラクガキから煮詰めていくのも面白いと思いますよ☆

チャンプカー小樽GPの企画は昨年(?)秋に中止が決定したそうです。
予算縮小もそうですが、チャンプカーのインディへの吸収合併などで不可能になったのだとか。
様々な招致活動をしていたそうなので残念な結果となってしまいましたね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ラクガキ・サーキット042 | トップページ | ラクガキ・サーキット043 »