2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« F1 2009 Rd.02 スターティング・グリッド | トップページ | GP2アジアシリーズ2008-2009 第5戦 »

F1 2009 Rd.02 マレーシアGP決勝

よく分からないマレーシアGPの決勝が終わりました。
(注意! 結果が書いてあります!)

スタートでコバライネンがリタイアし、クビサも翌周にリタイア、
開幕戦のようにスタート直後から接触がありました。

スタートでロズベルグがトップに立ち、引っ張っていく展開で、
多くのマシンが1回目のピットストップを済ませたところまでは
たいして混乱もなかったのですが、
18周目あたりから雨がちらつき始めると各チームが動きました。

ライコネンとフォースインディアがウェットタイヤに替えましたが、
このタイミングでは早すぎて順位を落としてしまいました。

さらに雨が強くなり22周目にはドライタイヤのマシンがピットイン、
この混乱でバトンがトップに立ちました。
また、インターミディエイトを使用していたグロックが
圧倒的な速さで2位まで上がってきました。

30周目あたりから雨がさらに強くなり、
フィジケラやベッテルなど数台がスピン、
激しい雨でセーフティカーが入ったのですが、
レースが出来る状況ではないほどの天候の悪化で
レッドフラッグが振られました。

各車がグリッドに戻って、10分間のディレイとなったのですが、
雨が収まる気配はなく再スタートが行われません。

18時50分、雨が小雨になってきましたが、
かなり暗くなってきて、とても走れる状況ではなくなり、
スチュワードがレース中断を発表しました。

トップは32周目を終了して33周目に入っていましたが、
31周目終了時点でレースが終了となり、
バトンがオーストラリアに続いての開幕2連勝となりました!

2位以下は終了前の30周、その前の周などにピットに向かった為に、
順位がガラッと変わった感じです^^;

22周目以降にピットに入らなかったハイドフェルドは2位、
30周目にピットに入ったグロックが3位、
14周目までトップを走っていたロズベルグが8位、
以下トゥルーリ、バリチェロ、ウェバー、
ハミルトン、マッサまでがポイント圏内、

マッサは9位、中嶋は12位、ライコネン14位となっています。

<決勝 暫定結果>
1   22  J.バトン          31  0:55:30.622
2   6   N.ハイドフェルド  31  +    22.722
3   10  T.グロック        31  +    23.513
4   9   J.トゥルーリ      31  +    46.173
5   23  R.バリチェロ      31  +    47.360
6   14  M.ウェバー        31  +    52.333
7   1   L.ハミルトン      31  +  1:00.733
8   16  N.ロズベルグ      31  +  1:11.576
9   3   F.マッサ          31  +  1:16.932
10  11  S.ボーデ          31  +  1:42.164
11  7   F.アロンソ        31  +  1:49.422
12  17  中嶋一貴          31  +  1:56.130
13  8   N.ピケ            31  +  1:56.713
14  4   K.ライコネン      31  +  2:22.841
15  15  S.ベッテル        30  +     1 Lap DNF
16  12  S.ブエミ          30  +     1 Lap DNF
17  20  A.スーティル      30  +     1 Lap
18  21  G.フィジケラ      29  +     1 Lap DNF
    5   R.クビサ           1  +   30 Laps DNF
    2   H.コバライネン     0  +   31 Laps DNF

今回は規定集回数に達しなかったので、
ポイントは半分になりました。
つまり、5、4、3、2.5、2、1.5、1、0.5 になります。

<ドライバーズ・ポイント>
1   -  15P    ジェンソン・バトン
2   -  10P    ルーベンス・バリチェロ
3   -  8.5P   ヤルノ・トゥルーリ
4   -  8P     ティモ・グロック
5   △  4P     ニック・ハイドフェルド
6   ▼  4P     フェルナンド・アロンソ
7   ▼  3.5P   ニコ・ロズベルグ
8   ▼  2P     セバスチャン・ブエミ
9   △  1.5P   マーク・ウェバー
10  △  1P     ルイス・ハミルトン
11  ▼  1P     セバスチャン・ボーデ

コンストラクターズ、これで8チームがポイントを獲得しました。
開幕して2戦だけですが、
獲得してないのはフォースインディアとフェラーリの2チームです。

<コンストラクターズ・ポイント>
1   -  25P    ブラウンGP・メルセデス
2   -  16.5P  トヨタ
3   △  4P     BMWザウバー
4   ▼  4P     ルノー
5   ▼  3.5P   ウィリアムズ・トヨタ
6   ▼  3P     トロロッソ・フェラーリ
7   △  1.5P   レッドブル・ルノー
8   △  1P     マクラーレン・メルセデス

今回は前半までは非常に面白いレースだったのですが、
最後は滅茶苦茶で、ピットのタイミングだけで決まってしまった感じです^^;

そして、中国GPの前にディフューザーの問題が解決すると思います。
それまでは暫定扱いですけど、このままの結果になって欲しいです^^

第3戦の中国GPは、4月17~19日に行われます。

« F1 2009 Rd.02 スターティング・グリッド | トップページ | GP2アジアシリーズ2008-2009 第5戦 »

[motorsports] F1」カテゴリの記事

コメント

なんとなくの感想だと、タイヤ判断が完璧だったのはグロック、次善が先手先手で上手く立ち回ったベッテル(結果には結びつきませんでしたが)、最悪はもちろんライコネン、ライブタイミングで確認しただけですが中嶋とアロンソも後手後手に回った感じでしたね。ふたりともタイヤ交換が確実に1周遅かった。バトンも決断が遅かった方だと思いますが、クルマの速さがそれを補ってあまりあった印象です。ブラウンGP恐るべし。

しかしフェラーリは土曜からお粗末きわまりないですね。「イタリア人が首脳になるとダメになる」説がまた信憑性を増すことに(笑)。

私も映像はまだ見てないので何とも言い切れませんが、
バッチリとピットタイミングの決まったチーム、外したチーム、
ギャンブル失敗のチームがいましたね。
タイミングを外したバトンがトップを守ったのは、
ブラウンGPの強さを感じました^^

ライコネンはもう1周遅く入っていたら・・・
っていう"たられば"は言ってもしょうがないですしね。
今回は運がかなり必要な印象でした^^;

雨が降ってくるまでは面白いレースでしたね。
重い車なのになかなか抜かせないアロンソは見事だったと思います。

ポイントとってないのはインディアとフェラーリ・・・。フェラーリ頑張れ><

そうですね、KERSの力もはっきり見えたり、途中までは面白かったです。
まぁ、数年に1度はこういったレースもアリかな^^;

フェラーリは運がなかったとしか言えないでしょうね(汗)
特にライコネンは、ギャンブルが成功していたら、
優勝の可能性もあったと思いますし。
あ、これも"たられば"でしたね^^;

その運があったのがグロックやハイドフェルドですね☆

FIAはレース開始時間の見直しを迫られそうですね。

記事には書いてなかったけど、私も夕方レースに疑問を感じてました。
天気が良ければ問題なくても、天候が崩れたら相当暗くなりますし。
これで来年からは夕方レースが無くなるでしょうね^^

確かオーストラリアで夕方レースが評判も良かったからなんですよね?中継でそう言ってたような・・・
地域によって適す適さないがあると思うので、FIAにはその辺り考慮してほしいなと思いますね

"視聴率ありき"を重要視してましたからね。
少しでも欧州視聴者の時間にあわせるために夕方開催になってしまったし、
日本や中国でも夕方or夜の話もあるとか。

オーストラリアでは沈み始める太陽が視界に入って
一部区間で見えにくくなったようです。
これも予想できることだったんですけどねー
確かに画にはなるんだけど・・・
300km/hオーバーのF1で夕方レースは危険ですよねー

なんでもかんでもヨーロッパに合わせりゃいいってもんじゃないですよね。
地元の人や、レーシングを大切にしていただきたいですね。

アジアの開催を増やしている割に
視聴者は欧州をターゲットにしているのも変ですよね。
それらを含めてFOTAが何とかして欲しいです^^;

>アジアの開催を増やしている割に
 視聴者は欧州をターゲットにしているのも変ですよね。

そうなんですよね。でもF1自体は欧州のお陰で成り立ってるのも事実な訳ですから・・・難しいなぁ^^;
向こうじゃあんまり人気落ちたりしてないんですかね?

自国ドライバーのいる国は人気があるでしょうね。
ミハエルのドイツも、今はベッテルがいるから大丈夫だろうし、
ファン離れはあまり無い気がします。

アメリカでの人気はイマイチなのは分かりますが、
アジアでの人気が盛り上がってきているのかは分かりません^^;
インドGPとか、韓国GPとか・・・大丈夫なんでしょうか(汗)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« F1 2009 Rd.02 スターティング・グリッド | トップページ | GP2アジアシリーズ2008-2009 第5戦 »