2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« 謎のオリジナル・サーキット | トップページ | 2009年5月の日程 »

IndyCar 2009 Rd.3 Kansas

インディ第3戦は今シーズン最初のオーバルレースです。

Indy200903a

カンザス・スピードウェイは1996年に出来た1.5マイルのトライ・オーバルです。
もてぎと同じ全長ですが、こちらのほうが高速レイアウトですね~
平均時速も210マイル(約338km/h)に達します。

大きな地図で見る

今回はパワー、タグリアーニ、マニングは不参加、
サラ・フィッシャー、ミルカ・デュノーが参戦し、22台で競います。

オーバルでの予選は昨年と同様に4周の合計タイムで競います。
ポールを獲得したのはグラハム・レイホール、
フランキッティとカストロネベスが2、3番手タイムを出しましたが、
この2人はイン側の白線をカットしたそうで予選失格になっています。
武藤は7列目からのスタートとなります。

<予選>
1   02  G.レイホール       1:43.5819   211.311 mph
2   06  R.ドーンボス(R)    1:43.8994   210.665 mph
3   7   D.パトリック       1:43.9956   210.470 mph
4   9   S.ディクソン       1:44.0464   210.368 mph
5   26  M.アンドレッティ   1:44.1195   210.220 mph
6   5   M.モラエス         1:44.1308   210.197 mph
7   6   R.ブリスコー       1:44.1800   210.098 mph
8   11  T.カナーン         1:44.1878   210.082 mph
9   4   D.ウェルドン       1:44.6550   209.144 mph
10  20  E.カーペンター     1:44.7491   208.956 mph
11  67  S.フィッシャー     1:44.9568   208.543 mph
12  23  M.デュノー         1:44.9598   208.537 mph
13  27  武藤英紀           1:44.9752   208.506 mph
14  14  V.メイラ           1:44.9979   208.461 mph
15  2   R.マトス(R)        1:45.0379   208.382 mph
16  24  M.コンウェイ(R)    1:45.1574   208.145 mph
17  18  J.ウィルソン       1:45.2455   207.971 mph
18  13  EJ.ヴィソ          1:45.8521   206.779 mph
19  98  S.バレット(R)      1:46.3455   205.820 mph
20  21  R.ハンターレイ     1:46.4216   205.673 mph
21  10  D.フランキッティ   1:43.7506   210.967 mph  DNQ
22  3   H.カストロネベス   1:43.8049   210.857 mph  DNQ

決勝、グリーンフラッグが振られると、
2列目からのスタートとなったディクソンがバックストレートで2位に上がると、
8周目にはレイホールを抜いてトップに上がりました。

15周目、武藤の走行によってメイラが若干失速したことでカストロネベスが追突、
メイラがクラッシュして最初のフルコース・コーションになりました。

21周目に再スタート、ディクソンが先導していきました。
2度目のルーティンはグリーンフラッグの下で行われましたが、
トップはディクソンで変わりません。

96周目、タービュランスの影響か、ラファエル・マトスがウォールにヒット、
2度目のコーションになると、3度目のルーティンが始まりました。
このピット作業でトップに立ったのはブリスコー、
ディクソンは2位でコースに復帰しました。

104周目に再スタートが切られ、ブリスコーがトップを守り続けますが、
ルーティンのために152周目にピットイン。

153周目、レイホールとフランキッティが同タイミングでピットに向かいましたが、
前にいたレイホールが速めにブレーキを踏んだことで、
フランキッティが慌ててブレーキング、
これがタイヤにダメージを与えてしまいパンクしてしまいました。
制御の効かなくなったフランキッティがそのまま直進してウォールにヒット、
これで3度目のフルコース・コーションとなりました。

グリーンフラッグ中にピットに向かったブリスコーは4位に後退、
152周目にトップに立ったディクソンが再びトップに戻りました。

159周目に再度グリーンフラッグが振られてレースがスタートすると
ディクソンがトップを守りきって、今季初優勝を挙げました!

Indy200903b

2位には最後尾からスタートしたカストロネベス、
武藤は8位で完走を果たしています。

<決勝>
1   9   S.ディクソン       200  1:43:21.0035
2   3   H.カストロネベス   200  +     0.7104
3   11  T.カナーン         200  +     1.5022
4   6   R.ブリスコー       200  +     1.8872
5   7   D.パトリック       200  +     2.6502
6   26  M.アンドレッティ   200  +     3.8013
7   02  G.レイホール       200  +     7.8233
8   27  武藤英紀           200  +     8.5430
9   20  E.カーペンター     200  +     8.9871
10  4   D.ウェルドン       200  +     9.7681
11  5   M.モラエス         200  +    20.9048
12  06  R.ドーンボス(R)    199  +    11.4998
13  67  S.フィッシャー     199  +    18.4933
14  18  J.ウィルソン       199  +    18.5476
15  21  R.ハンターレイ     196  +    27.3090
16  23  M.デュノー         195  +    18.4042
17  98  S.バレット(R)      181          -
18  10  D.フランキッティ   151       Contact
19  24  M.コンウェイ(R)    109    Mechanical
20  2   R.マトス(R)         95       Contact
21  13  EJ.ヴィソ           37    Mechanical
22  14  V.メイラ            14       Contact

ドライバーズポイントはカナーンが3桁に1番乗り!
王者ディクソンが4位に上がってきました。

<ドライバーズポイント>
1    △  100P  トニー・カナーン
2    △  99P   ライアン・ブリスコー
3    ▼  96P   ダリオ・フランキッティ
4    △  81P   スコット・ディクソン
5    -  74P   ライアン・ハンターレイ
6    △  74P   ダニカ・パトリック
7    △  73P   マルコ・アンドレッティ
8    △  72P   グラハム・レイホール
9    ▼  69P   ウィル・パワー
10   △  66P   エリオ・カストロネベス
11   ▼  66P   ダン・ウェルドン
12   ▼  65P   ジャスティン・ウィルソン
13   ▼  59P   ロバート・ドーンボス(R)
14   △  51P   武藤英紀
15   ▼  50P   ヴィットール・メイラ
16   ▼  48P   ラファエル・マトス(R)
17   △  46P   エド・カーペンター
18   ▼  44P   スタントン・バレット(R)
19   △  43P   マリオ・モラエス
20   ▼  40P   アレックス・タグリアーニ
21   ▼  38P   ダレン・マニング
22   ▼  37P   EJ.ヴィソ
23   -  36P   マイク・コンウェイ(R)
24   △  17P   S.フィッシャー
25   △  14P   M.デュノー

次戦は伝統のレース、インディ500マイルです!
5月第2週からフリー走行が始まり、決勝は5月24日に行われます。

« 謎のオリジナル・サーキット | トップページ | 2009年5月の日程 »

[motorsports] IndyCar」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 謎のオリジナル・サーキット | トップページ | 2009年5月の日程 »