2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« 2009年4月の日程 | トップページ | GT4 RALLY TIME ATTACK #4 »

次期ラリーカップのルール予定

次から開催するラリー大会ルールが大体出来たので載せますね~
なお、ラリーTAは明日から開催します☆

<GT4ラリー・カップ選手権>
・略称は今まで通り、ラリーカップ、ラリー杯、RCCでも可^^
・全8戦、うち1戦は特別大会
・選手権は3部門
 「総合優勝者」ポイントで競う
 「最多区間勝利賞」ステージトップの回数
 「安全運転賞」ダメージの少なさ
・各ラウンドはデイ2~4、20前後のステージ

<コースタイプ>
・ダート&スノー(グランドキャニオン、シャモニーなど)
・ターマック(アマルフィ、車線規制など)
・オフロード(ロードコースのランオフエリアを主に走る)

・走行するのはアーケードモードで、
 ダート&スノーはシングルレース、その他はフリーラン

<設定>
・マシンは指定(現在と同じ)
・セッティングは、パワー=0%、ウェイト=+10%(ハンディ適用前)
・ギア比は自由、ミッションはAT・MTどちらでもOK
・ダート&スノー以外、タイヤはソフト(R4)、アシストは禁止
・アーケードのオプションで、速度制限ペナルティをONにすること
 ラリーコースでは指定された周回数に設定

<ウォームアップ>
・アタック直前に2周まで練習走行が出来ます
・通常とは異なる走行(4車線あるうちの2車線で走るなど)では3周までOK
・ウォームアップでは逆走は禁止です

<アタック>
・アタックは通常1回限り
・スタート地点に停止した状態からスタート
 ・ラリーコースの場合、スタートから一定時間後にスタート
 ・その他のコースでは、指定された地点から30秒後にスタート
  (スタート時間や地点は、ルール記事に記載)
・計測終了後は停止してから終了(ポーズ→EXIT)すること
 止まりきれずに接触した場合はダメージ扱いになります
・各ラウンドは1度限り、即時アタックのやり直しが可能
 ・ただし、やり直し前のアタックでダメージを負ってもそのまま
  (ダメージを負って100%を超えたら、やり直しも出来ない)
 ・また、リエゾンの制限時間が短縮される

<ダメージ&修復>
・接触はダメージとして考え、100%蓄積するとリタイア
 ダメージ、イメージ擬音、内容
 0%「スッ」なんとか判断できる程度、150km/h以下で壁に擦る
 10%「コン」接触に気づく、パイロン等への接触
 20%「ゴン」少し挙動が乱れる、低速での接触
 40%「ドン」明らかに挙動が乱れた接触
 80%「ガシャ」速度制限になる、大きく跳ね返ったり停止するような接触
・ダメージを負った場合、リエゾンにて修復することが出来ますが、
 100%に達したマシンは修復できません
・アタック中は修復出来ません

<コースオフ>
・オフロードと一部ターマックでコースオフがあります
・コースオフをすると、その度合いでペナルティになります
・縁石はコース外扱いになります
 0秒 タイヤ1つ分(10%)
 5秒 タイヤ2つ分(25%)
 5秒+ダメージ20% 半分以上
 10秒+ダメージ40% 完全なコースオフ

<リエゾン> (任意)
・各期間の間に指定されたコースを走ることが出来る(走らなくてもOK)
 その走行結果によって、マシンダメージの修復が可能
・指定された時間をオーバーした場合はペナルティとなる
 また、コースには制限速度やコースオフがあり、
 違反するとペナルティの対象となる
・方法は、決められた地点に停止し続けるだけ
 1分停止で10%回復、というような感じですが、
 ラップタイムに制限があって、それを超えるとペナルティ

<リタイア、デイリタイア>
・50%以上のダメージを負った場合、
 マシンを停止(0km/h)することで、デイリタイアすることが出来ます
 ・その場合、リタイアしたSSとそれ以降の同期間はリタイア扱いになります
 ・リタイアした区間は指定のタイムが適用されます
・80%~110%の場合、強制的にデイ・リタイアとなります
 ・もし2台目も100%に達した場合はリタイアとなります
・120%を超えた場合はリタイア、2台目があっても無効です
 (ドライバー負傷をイメージしたルール)
・各ラウンドは2台目のマシンによって、1度だけ次レグから復帰できます

<選手権ポイント>
・1位=5ポイント
・2位=2ポイント
・3位=1ポイント

<ハンディ>
・総合結果によって、トップから5秒毎に1%重量軽減
 全員がハンディを背負った場合は調整が行われます

<期間、申請>
・デイ1の期間は金曜~木曜までの1、2週間
・デイ2はデイ1参加者全員の申請が済んだ日まで、最大2週間
・デイ3以降は前期間終了の翌日から開始、最大2週間
・申請方法は未定
・デイ2以降の記録は、次の期間が始まる前でも、アタック&申請が可能です

<途中経過、結果>
・未定

<暫定スケジュール>
第1戦 ラリー・ヨセミテ
第2戦 ラリー・フランス
第3戦 ラリー・ジャパン
第4戦 ラリー・アメリカ
第5戦 スペシャル・ラリー
第6戦 ラリー・イタリア
第7戦 アルペン・ラリー
第8戦 ラリー・タヒチ
*****************************************************************
・・・と、まぁ相当長いルールになってしまいました(汗)
以前ラリー大会に参加した方には、似たルールがあるのに気づくと思います。

一部は未定で、ペナルティの方法とか申請方法は決定ではありません。

一回アタックだから後になるほど他の人の結果が分かるので有利になります。
それを防ぐために、申請はメールかメールフォーム、
あるいはコメント承認制にする方法もあるので、どうしようか悩み中^^;
コメントの承認だと他の記事もそうなっちゃうから・・・
でもレグ2以降は、その承認方式で上手く機能させることも出来るんですけどね。

ペナルティは、以前はリプレイを送ってもらったので、
常に一定で判断できましたが、今回はそれが出来ないので自己判断です。
だからもっと単純にさせた方が良さそうですよね。

あとはオフロードかな・・・これはラリーコースの少なさが理由なんです(汗)
20コースくらいダートがあればオフロードなんて作らないんですけどね。
(スモーキーマウンテン、グリーンフォレスト、グリンデルワルド
 パイクスピーク、タヒチ、タヒチ・ルート3が懐かしい・・・)

そしてテスト大会ですが、来週の金曜に開催しようと思います。
デイ1はアマルフィ、デイ2はビギナーコース、
デイ3はアイスアリーナという3タイプのコースで行います。
それぞれ順走、アマルフィは1周で、もう2つは2周。
マシンはカローラ、インプレッサ'99、ランエボ'99
その他細かい設定やルールは来週載せますね。

来週までにもっとルールを煮詰めておきます~

« 2009年4月の日程 | トップページ | GT4 RALLY TIME ATTACK #4 »

タイムアタック大会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2009年4月の日程 | トップページ | GT4 RALLY TIME ATTACK #4 »