2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« GT4ラリー大会 | トップページ | ティアクライス その2 »

ティアクライス

幻想水滸伝の話、今回はDSのティアクライスです。
1回目はシリーズ作品との違いです。

幻想1~5は1つの世界に起きたストーリーになっています。
その世界で、違う時に起きた歴史ですね。

でもティアクライスはその世界とは全く関係ありません。
27の真の紋章もありませんし、封印球もありません。

ティアクライスの世界は「百万世界」と呼ばれていて、
各世界は独立した世界になっています。
言ってみればパラレルワールドですね^^

全く違う世界もあればすごく似ている世界もある。
自分と同じ姿と名前の人物もいたり、
とある世界にしか存在しない種族もいます。

そんな世界が非常にたくさん存在するから「百万世界」というわけですが、
ネットワーク通信機能があるからそういう名前にしたんでしょうね^^;
百万=プレイヤーの数+α、みたいな部分もあるのでしょう。

紋章も登場しませんが、これは変わりになるものが登場します。
それを利用することで力が手に入るということになります。

シリーズと違う点としてほかに、武器の購入がありますね。
幻想1~5での武器は常に同じで、
武器を強くするには鍛冶屋で強化してもらうことになるのですが、
ティアクライスでは店や宝などで強い武器を手に入れていきます。

防具は鎧、服などの体を守るアイテムと、そのほかの2種類。
そのほかの装備は1つだけなので、帽子を装備したらブーツを装備できないし、
マントと指輪を同時に装備することもできません。
(盾は別、片手剣などの装備時に持つことができる)

他には1~5全てに登場する人物も出てこないところですね^^;

それとドラクエの呪文でいう「リレミト」と同じ効果を持つアイテム、
「すりぬけの札」が無いので、洞窟の奥まで行ったら、
また同じ道を通って帰らないと出られません。
このアイテムが無かったのは辛かった^^;

あと主人公がやたらとしゃべること。
幻想1~5は、例えるなら「クロノトリガー」の主人公のようにしゃべりません。
質問があったときなどで選択肢から選べる程度だったのですが、
ティアクライスの主人公は人一倍しゃべります。
今までのプレイヤーにとっては少し嫌に思うかもしれませんね。
私も違和感がありましたが、だんだん慣れちゃいました☆

一応そんなところです。
世界観やアイテムなどに違いはありますが、
幻想1~5をやってきた人も、
1つもやったことが無い人も楽しめると思います^^

次回に続きます。

« GT4ラリー大会 | トップページ | ティアクライス その2 »

[game]幻想水滸伝」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« GT4ラリー大会 | トップページ | ティアクライス その2 »