2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« F1 2009 Rd.07 スターティング・グリッド | トップページ | リンク集更新~ »

F1 2009 Rd.07 トルコGP決勝

F1トルコGPの決勝が終了しました~
(注意! 結果が書いてあります)

決勝はスタートでベッテルがトップを守りましたが、
1周目の10コーナーで少しコースオフした為にバトンが前に出ると、
3ストップのベッテルはタイムが上がって来ず、
バトンが完全に逃げてしまい、今季6度目の優勝となりました!

ベッテルはバトンに抑えられていた時間が長かったために、
ウェバーにも前に行かれてしまい3位、
ウェバーは今季2度目の2位を獲得しました。

バリチェロはスタートを失敗し大きく順位を落とすと、
焦りもあってかコバライネンと接触しスピン、17位まで順位を落とし、
さらにスーティルを抜こうとしたときにも接触させ、
フロントウィングを壊すなど散々なレースになってしまいました。
結局レース後半にブラウンGPとしても今季初のリタイアとなりました。

4位にトゥルーリ、5位ロズベルグ、6位にマッサ、
ライコネンは9位、ハミルトンは13位。

中嶋は2度目のピットで20秒失ったのが響いて12位、
ポイント獲得のチャンスだったので残念でした。

<決勝>
1   22  J.バトン          58  1:26:24.848
2   14  M.ウェバー        58  +     6.714
3   15  S.ベッテル        58  +     7.461
4   9   J.トゥルーリ      58  +    27.843
5   16  N.ロズベルグ      58  +    31.539
6   3   F.マッサ          58  +    39.996
7   5   R.クビサ          58  +    46.247
8   10  T.グロック        58  +    46.959
9   4   K.ライコネン      58  +    50.246
10  7   F.アロンソ        58  +  1:02.420
11  6   N.ハイドフェルド  58  +  1:04.327
12  17  中嶋一貴          58  +  1:06.376
13  1   L.ハミルトン      58  +  1:20.454
14  2   H.コバライネン    57  +     1 Lap
15  12  S.ブエミ          57  +     1 Lap
16  8   N.ピケ            57  +     1 Lap
17  20  A.スーティル      57  +     1 Lap
18  11  S.ボーデ          57  +     1 Lap
    23  R.バリチェロ      47  +   11 Laps DNF
    21  G.フィジケラ       4  +   54 Laps DNF

ドライバーズポイントはバトンがさらに差を広げています。
バリチェロはノーポイント、ベッテルとウェバーの差が縮まりました。
昨年3位のクビサは今季初ポイントを獲得しています。

<ドライバーズ・ポイント>
1   -  61P    ジェンソン・バトン
2   -  35P    ルーベンス・バリチェロ
3   -  29P    セバスチャン・ベッテル
4   -  27.5P  マーク・ウェバー
5   -  19.5P  ヤルノ・トゥルーリ
6   -  13P    ティモ・グロック
7   △  11.5P  ニコ・ロズベルグ
8   △  11P    フェリペ・マッサ
9   ▼  11P    フェルナンド・アロンソ
10  ▼  9P     キミ・ライコネン
11  ▼  9P     ルイス・ハミルトン
12  -  6P     ニック・ハイドフェルド
13  -  4P     ヘイキ・コバライネン
14  -  3P     セバスチャン・ブエミ
15  △  2P     ロバート・クビサ
16  ▼  2P     セバスチャン・ボーデ

コンストラクターズは、レッドブルが4ポイント接近、
しかしその差は39.5ポイントで、大きく離されています。

<コンストラクターズ・ポイント>
1   -  96P    ブラウンGP・メルセデス
2   -  56.5P  レッドブル・ルノー
3   -  32.5P  トヨタ
4   -  20P    フェラーリ
5   -  13P    マクラーレン・メルセデス
6   △  11.5P  ウィリアムズ・トヨタ
7   ▼  11P    ルノー
8   -  8P     BMWザウバー
9   -  5P     トロロッソ・フェラーリ

次戦イギリスGPは6月19~21に行われます。

« F1 2009 Rd.07 スターティング・グリッド | トップページ | リンク集更新~ »

[motorsports] F1」カテゴリの記事

コメント

一貴は残念でしたね…
「おい、ピットクルー!」って叫んじゃいました(笑)

バトンはもう…

ピットストップ・サマリーをみると、
同一周回に入ったトゥルーリが23.514秒なのに、
中嶋は43.507秒かかっているんですよね・・・
7位入賞の可能性があっただけに本当に残念です。

モナコに引き続き、「一貴いいいいい(ry」と絶叫。まぁ前回とは向いてる矛先が違うのですが・・・
まさか入賞圏内を走っていながら最後のピットストップでクルーがタイヤ交換ミスとは、運がないというか。

一貴もチームメイトとの差があって厳しい評価がありますが、ウィリアムズには今回の走りを是非とも評価してほしいものです。

あと来季のエントリーどうなるのでしょうね。FOTAが妥協を見せたのだからFIAも譲ればいいのに・・・

まぁ、今回の走りは高評価ではあるでしょうねー
でも応援する方としては、結果が重要なんですけどね。

それと、FIAは譲らない気がします。
そしてFOTA側が妥協するんじゃないかな・・・
分裂しなければいいんですけどねー

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« F1 2009 Rd.07 スターティング・グリッド | トップページ | リンク集更新~ »