2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« ドラクエ9日記43(8/22) | トップページ | ドラクエ9日記44(8/23) »

F1 2009 Rd.11 ヨーロッパGP決勝

ヨーロッパGPの決勝が終了しました~
(注意、結果が書いてあります!)

決勝はハミルトンが好スタートを切りましたが、
2回目のピット作業でミスがあり13.4秒の制止時間、
これによって順位を落とすことになってしまいました。

バリチェロは1回目のピットでコバライネンを抜くと、
2回目でハミルトンの前に立ってトップに、
終盤は差が縮まっていきましたが、
トップをキープして今季初優勝を上げました!

優勝は5年ぶりだそうで、
ウィニングランでの無線で泣いていた(?)のが印象的でした^^

2位はハミルトン、3位ライコネン、4位コバライネンで、
マクラーレンは2台ともピットで順位を落としました。

バトンは7位、ウェバーは9位でノーポイント、
ベッテルはエンジンブローでリタイア、
中嶋は左後輪のパンクで18位完走となりました。

初参戦のグロジャンは、スタート直後の接触やスピンで15位、
10年ぶりのF1出走となったバドエルは17とパッとしませんでした。

<決勝>
1   23  R.バリチェロ      57  1:35:51.289
2   1   L.ハミルトン      57  +     2.358
3   4   K.ライコネン      57  +    15.994
4   2   H.コバライネン    57  +    20.032
5   16  N.ロズベルグ      57  +    20.870
6   7   F.アロンソ        57  +    27.744
7   22  J.バトン          57  +    34.913
8   5   R.クビサ          57  +    36.667
9   14  M.ウェバー        57  +    44.910
10  20  A.スーティル      57  +    47.935
11  6   N.ハイドフェルド  57  +    48.822
12  21  G.フィジケラ      57  +  1:03.614
13  9   J.トゥルーリ      57  +  1:04.527
14  10  T.グロック        57  +  1:26.519
15  8   R.グロジャン      57  +  1:31.774
16  11  J.アルグエルスアリ56  +     1 Lap
17  3   L.バドエル        56  +     1 Lap
18  17  中嶋一貴          56  +    3 Laps
    12  S.ブエミ          41  +   16 Laps DNF
    15  S.ベッテル        33  +   34 Laps DNF

ドライバーズポイントはバリチェロが2位に戻しました。
レッドブルの2人はノーポイントに終わっています。

<ドライバーズ・ポイント>
1   -  72P    ジェンソン・バトン
2   △  54P    ルーベンス・バリチェロ
3   ▼  51.5P  マーク・ウェバー
4   ▼  47P    セバスチャン・ベッテル
5   -  29.5P  ニコ・ロズベルグ
6   △  27P    ルイス・ハミルトン
7   △  24P    キミ・ライコネン
8   ▼  22.5P  ヤルノ・トゥルーリ
9   ▼  22P    フェリペ・マッサ
10  -  16P    ティモ・グロック
11  -  16P    フェルナンド・アロンソ
12  -  14P    ヘイキ・コバライネン
13  -  6P     ニック・ハイドフェルド
14  △  3P     ロバート・クビサ
15  ▼  3P     セバスチャン・ブエミ
16  -  2P     セバスチャン・ボーデ

コンストラクターズはブラウンGPがレッドブルとの差を広げました。
マクラーレンが4位に上がり、トヨタが5位に下がっています。

<コンストラクターズ・ポイント>
1   -  126P   ブラウンGP・メルセデス
2   -  101.5P レッドブル・ルノー
3   -  46P    フェラーリ
4   △  43P    マクラーレン・メルセデス
5   ▼  38.5P  トヨタ
6   -  29.5P  ウィリアムズ・トヨタ
7   -  16P    ルノー
8   -  9P     BMWザウバー
9   -  5P     トロロッソ・フェラーリ

次戦ベルギーGPは来週、28~30日に行われます。

« ドラクエ9日記43(8/22) | トップページ | ドラクエ9日記44(8/23) »

[motorsports] F1」カテゴリの記事

コメント

ベッテルと一貴はとことんついてなかった感じですね。
そしてバリチェロおめ~(^^)

バドエルとトヨタの空気っぷりに泣きましたw
バドエルはどんな走りをするかと期待しましたが、10年ぶりはやっぱ厳しかったですかね?ミハエルの首が完治すれば・・・

なんだか久しぶりにエンジンブローを見た気がしました^^;

バドエルは感を取りもどすためのレースだったそうですけど、
フリーでの速度違反に始まり、決勝でのスピン、
ピットアウトでの白線はみ出しなど、酷かったですね(汗)
ベルギーでもバドエルが乗ることになりましたが、
ダメダメな結果になりそうな気がします(汗)

やっぱりミハエルが乗って欲しかったですね^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ドラクエ9日記43(8/22) | トップページ | ドラクエ9日記44(8/23) »