2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« ドラクエ9日記58(9/6) | トップページ | ドラクエ9日記59(9/7) »

モトGP 2009 第13戦 サンマリノGP

モトGP第13戦の舞台は、ロッシの故郷がすぐそばにあるミサノで行われました。

予選はロッシがポールを獲得、
ペドロサ、ロレンソと、ポイント上位がフロントローに並びました。

<予選>
P   No  Rider               Motorcycle  Time/Gap
1   46  V.ロッシ            ヤマハ      1:34.338
2   3   D.ペドロサ          ホンダ      +  0.222
3   99  J.ロレンソ          ヤマハ      +  0.470
4   24  T.エリアス          ホンダ      +  0.569
5   5   C.エドワーズ        ヤマハ      +  0.846
6   69  N.ヘイデン          ドゥカティ  +  0.885
7   15  A.デ・アンジェリス  ホンダ      +  1.005
8   4   A.ドビツィオーソ    ホンダ      +  1.154
9   14  R.ド・プニエ        ホンダ      +  1.216
10  65  L.カピロッシ        スズキ      +  1.223
11  36  M.カリオ            ドゥカティ  +  1.263
12  33  M.メランドリ        カワサキ    +  1.447
13  7   C.バーミューレン    スズキ      +  1.452
14  52  J.トスランド        ヤマハ      +  1.732
15  44  A.エスパルガロ      ドゥカティ  +  1.890
16  88  N.カネパ            ドゥカティ  +  1.926
17  41  G.タルマクシ        ホンダ      +  2.753

決勝、スタートでホールショットを奪ったのはペドロサ、
エリアスが2位に上がり、ロッシは3位に後退。

1コーナーではデ・アンジェリスとエドワーズが接触、
そのクラッシュに巻き込まれて、ヘイデンも転倒リタイアとなりました。

ロッシは2周目にロレンソに抜かれて4位に後退しましたが、
5周目に2位に上がると、
8周目にはペドロサのわずかなミスを突いてトップに立ちました。

しばらくはロッシ、ペドロサ、ロレンソの順が続きましたが、
14周目にペドロサが少しワイドになったところ
ロレンソが見逃さず、2位に浮上しました。

ロッシとロレンソの差は1秒ほどでしたが、
後半になってくると2秒差に広がり、
最大2.8秒差まで広がりました。

残り2周を切ったところでロッシが少しミスをして差が縮まりましたが、
それでも1.9秒差をつけてファイナルラップに向かい、
ロッシは今シーズン6勝目、4度目のポールトゥウィンを決めました!

ロレンソは2位、ペドロサは12秒遅れて3位、
4位ドビツィオーソで、5位にスズキのカピロッシが入りました。
スタートで2位に上がっていたエリアスは6位という結果でした。

<決勝>
P   No  Rider               Motorcycle  Lap Time/Gap
1   46  V.ロッシ            ヤマハ      28  44:32.882
2   99  J.ロレンソ          ヤマハ      28  +   2.416
3   3   D.ペドロサ          ホンダ      28  +  12.400
4   4   A.ドビツィオーソ    ホンダ      28  +  26.330
5   65  L.カピロッシ        スズキ      28  +  26.539
6   24  T.エリアス          ホンダ      28  +  28.286
7   36  M.カリオ            ドゥカティ  28  +  30.184
8   33  M.メランドリ        カワサキ    28  +  31.757
9   7   C.バーミューレン    スズキ      28  +  31.909
10  52  J.トスランド        ヤマハ      28  +  38.347
11  44  A.エスパルガロ      ドゥカティ  28  +  46.673
12  14  R.ド・プニエ        ホンダ      28  +  52.041
13  88  N.カネパ            ドゥカティ  28  +1:03.198
14  41  G.タルマクシ        ホンダ      28  +1:22.347
    15  A.デ・アンジェリス  ホンダ       0  + 28 Laps
    5   C.エドワーズ        ヤマハ       0  + 28 Laps
    69  N.ヘイデン          ドゥカティ   0  + 28 Laps

ライダーズポイントは、ロッシとロレンソの差が5ポイント開きました。
ペドロサがストーナーを抜いて3位に浮上しています。

<ライダーズポイント>
1   -  237P   バレンティーノ・ロッシ
2   -  207P   ホルヘ・ロレンソ
3   -  157P   ダニ・ペドロサ
4   -  150P   ケーシー・ストーナー
5   △  133P   アンドレア・ドビツィオーソ
6   ▼  123P   コーリン・エドワーズ
7   △  97P    ロリス・カピロッシ
8   ▼  88P    アレックス・デ・アンジェリス
9   -  88P    ランディ・ド・プニエ
10  -  87P    マルコ・メランドリ
11  -  84P    クリス・バーミューレン
12  △  80P    トニ・エリアス
13  -  78P    ジェームス・トスランド
14  ▼  73P    ニッキー・ヘイデン
15  -  51P  R ミカ・カリオ
16  -  35P  R ニコロ・カネパ
17  -  12P    セテ・ジベルノー
18  -  12P  R ガボール・タルマクシ
19  -  9P   R 高橋裕紀
20  -  3P   R アレックス・エスパルガロ

コンストラクターズポイントは順位変わらず、
ヤマハは300ポイントの大台に乗せてきました。
次戦にもヤマハのチャンピオンが決定しそうです。

<コンストラクターズポイント>
1   -  305P  ヤマハ
2   -  220P  ホンダ
3   -  191P  ドゥカティ
4   -  120P  スズキ
5   -  87P   カワサキ

チーム争いも順位は変わりませんでした。
やはりこちらも、次戦にはフィアット・ヤマハが、
チャンピオン獲得しそうですね^^

<チームポイント>
1   -  444P  FIAT YAMAHA TEAM
2   -  290P  REPSOL HONDA TEAM
3   -  240P  DUCATI MARLBORO TEAM
4   -  201P  MONSTER YAMAHA TECH
5   -  181P  RIZLA SUZUKI MOTOGP
6   -  168P  SAN CARLO HONDA GRESINI
7   -  88P   LCR HONDA MOTOGP
8   -  87P   HAYATE RACING TEAM
9   -  77P   PRAMAC RACING
10  -  21P   SCOT RACING TEAM MOTOGP
11  -  12P   GRUPO FRANCISCO HERNANDO

250ccクラスでは、バルベラがパッシーニとの超接近戦を制しました。
青山博一はポールからスタートしましたが、
3位に入ったバウティスタに0.006秒のわずかの差で4位、
その0.236秒遅れでディメーリオが入りました。
富沢祥也は12位で完走を果たしています。
ポイントは青山がトップをキープ、しかし2位バウティスタとの差は
3ポイント縮まり、13ポイント差となりました。

125ccクラスは予選2番手のシモンが優勝、
2位はテロル、3位にポールスタートのスミス、
中上貴晶は20位完走、小山知良はリタイアに終わりました。
なお、ポイント争いはシモンが独走しています。


次戦からいよいよストーナーが復帰する予定です^^
ロッシ、ロレンソ、ペドロサ、ストーナーの争いに注目ですね☆

第14戦ポルトガルGPは1ヶ月後、10月2~4日に行われます。

« ドラクエ9日記58(9/6) | トップページ | ドラクエ9日記59(9/7) »

[motorsports] MotoGP」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ドラクエ9日記58(9/6) | トップページ | ドラクエ9日記59(9/7) »